MBaaS徹底入門――Kii Cloudでスマホアプリ開発

第10回 Kii Cloudを用いたチャットアプリケーションの開発[その6]―アプリケーションのデータ分析(解説編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

第9回までで一通りチャットアプリケーションに必要な機能は実装できました。しかし,アプリケーションは一度作成して終わりではありません。ユーザからのフィードバック・機能の利用状況などの情報を元に,より良いものに改善していく必要があります。

Kii Cloudでは,アプリケーション内のデータ分析をサポートする機能を提供しています。分析したデータを元に,新機能実装・機能改善などを効率良く行えます。

第10回,第11回では,上述のデータ分析を利用した機能改善の例として,第8回で実装したスタンプ機能に焦点を当てます。スタンプの利用状況を分析して,人気ランキングを作ってみましょう。

なお,今回の記事での変更を加えたソースコードには,以下のリンクからアクセスできます。

2つのデータ分析機能

Kii Cloudは以下の2種類のデータ分析機能を提供します。これらは,データをどのような観点で分析するかを決める評価尺度(以下,メトリクスと表記)に違いがあります。メトリクスは,⁠特定のフィールドの値(ゲームアプリであれば,スコアなど)を累計する」のように,アプリケーション内の「どのデータを」⁠どう処理するか」を決定します。

  • Basic Analytics: Kii Cloudがデフォルトで定義しているメトリクスを用いて,アプリケーション内のデータ(ユーザ,オブジェクトなど)の分析を行う
  • Flex Analytics: 開発者が自由に定義したメトリクスを用いて,アプリケーション内のデータ(ユーザ,オブジェクトなど)の分析を行う

Basic Analytics

Basic Analyticsが使用しているメトリクスの一部を,以下に示します。全てのメトリクスを確認したい場合は以下を参照して下さい。

どのデータを?どう処理するか?
ユーザサインアップしたユーザ数の累計
削除したユーザ数の累計
オブジェクト作成したオブジェクト数の累計
削除したオブジェクト数の累計

Basic Analyticsの分析結果は,開発者ポータルから確認できます。以下の図は,オブジェクトのBasic Analyticsの結果画面です。

Basic Analyticsは,アプリケーションリリース後のデータ量変化(ユーザ数増減,ストレージ使用量など)の傾向を確認して,今後の方針を決めていくという用途で活用できます。

Basic Analytics

Basic Analytics

Flex Analytics

前述したように,Flex Analyticsは開発者が自由にメトリクスを定義できます。これは,Basic Analyticsの時に予め定義されていた「どのデータを?」⁠どう処理するか?」を,開発者が自分のアプリケーションに合うように,自由に変更できるということです。

Flex Analyticsでは,分析するデータを以下の2つに分類します。

  • App Data:バケットに入っているオブジェクトデータ。Flex Analyticsでは指定したバケット下のデータを対象にデータ分析をすることができる。オブジェクトの持つ任意のkey-valueを対象としたメトリクスが作成できるため,アプリケーションのロジックに関わるデータ(チャットアプリケーションでは,参加者の投稿内容など)を,Basic Analyticsよりも詳細に分析できる。なおApp Dataは特定のバケットに紐付くため,複数のバケットを横断してのデータ分析はできないことに注意する。その場合は,後述のEvent Dataの使用が適している。
  • Event Data:任意のタイミング(イベント)で,アプリケーションより送信できるデータ。App Dataと同様に任意のkey-valueを設定することができ,それらを対象としたメトリクスが作成できる。ただしApp Dataと異なり,Event Dataは特定のバケット下に保存されない。発生したイベントに紐付くデータとして,アプリケーション全体で共有される。アプリケーション全体で集計することに意味があるデータ(アクティブユーザのカウント,特定のボタンがクリックされた回数など)を分析する際に使用する。

先ほど「自由にメトリクスを変更できる」と述べましたが ,分析対象となるデータ(=「どのデータを?」⁠に関しては,上記のいずれかである必要があります。ユーザ(Android Cloud SDKではKiiUserというクラスで表わされている)のように,上記のどちらでもないデータはFlex Analyticsの集計対象 にはなりません。その場合は,ユーザの持つ情報からApp Data/Event Dataを生成するなどの工夫が必要です。

著者プロフィール

藤井達朗(ふじいたつろう)

Kii株式会社

http://www.kii.com/

コメント

コメントの記入