mixiエンジニアがおくるソーシャルアプリ開発実践講座

第2回 mixi SDKでAndroidアプリを作ろう

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

はじめに

今回はmixi API SDK for Androidを取り上げます。実はmixi API SDK for Androidは,iOS向けのSDKよりも早い5月12日にリリースされています。同じスマートフォンアプリの開発向けSDKとして,この2つは双子と考えていただければよいでしょう。

Androidスマートフォンの機種は,日に日に多くなっています。ユーザはスマートフォンを手にしながら,

  • 写真を撮影し,
  • その情景を言葉で残し,
  • 今いるその場所を記録し,
  • それを友人や知人とシェアしたい

と常に考えています。便利で有益な機能を持つAndroidと仲の良い友人とつながっているmixi,この2つを組み合わせたユーザ同士のコミュニケーションをより活発にするアプリケーションをmixi API SDK for Androidなら開発できます。

mixi API SDK for Androidとは

mixi API SDK for Android(以下,mixi SDK(Android)と表記)とは,Androidでmixi APIを利用するためのSDKです。APIを手軽に利用できるように工夫されていますので,Androidアプリの開発経験者であれば,すぐに使えるでしょう。次のような特徴があります。

  1. シングルサインオンができる
  2. Consumer Secretをアプリケーション内に埋め込まないのでセキュア
  3. 認可・トークンの期限切れなどを気にせずAPIの呼び出しだけに集中できる
  4. mixiアプリの開発も,mixi Graph APIを使うアプリケーションの開発も,同じmixi SDK(Android)を利用できる

mixiアプリでmixi Graph APIが利用可能に

今までは「mixiアプリ」「mixi Graph APIを使ったアプリケーション」は明確に異なる扱いであり,使えるAPIも違っていました。しかし,現在,⁠株)ミクシィではmixiアプリからmixi Graph APIを利用可能にするプロジェクトが進行中です。その第一弾として,10月31日からmixiアプリAndroid版/iOS版でmixi Graph APIが利用できるようになりました。11月7日現在,利用可能なAPIは表1のとおりです。

表1 mixiアプリAndroid版/iOS版で利用可能なAPI

mixiアプリ独自mixi Graph APIと共通
Request APIPeople API
Payment APIGroups API
 People lookup API
Updates API
Voice API
Check API
Photo API
Message API
Diary API
Check-in API
Profile Image API

mixi API SDK for Androidの準備をする

mixi SDK(Android)から各種APIを使うためには,事前にいくつかの手順を踏む必要があります。これについては前回も触れているため,iOS版とAndroid版で違う部分のみ説明します。

パッケージ署名のハッシュ値を設定する

まずPartner Dashboard上※1「パッケージ署名のハッシュ値」という項目を設定します。パッケージ署名のハッシュ値とはAndroidマーケットに公開する際にapkファイルに署名する署名ファイルのハッシュ値です。mixiアプリとmixi Graph APIで設定する個所が異なります。

mixiアプリ
mixiアプリの設定画面で,アプリ対応範囲にAndroid版をチェックした場合に表示される「スマートフォン(Androidアプリ版)に関する設定」の部分図1

図1 パッケージ署名のハッシュ値を設定(mixiアプリ)

図1 パッケージ署名のハッシュ値を設定(mixiアプリ)

mixi Graph APIを利用したアプリ
サービス設定変更画面の中図2

図2 パッケージ署名のハッシュ値を設定(mixi Graph API)

図2 パッケージ署名のハッシュ値を設定(mixi Graph API)

パッケージ署名のハッシュ値の取得方法はmixi Developer CenterのSDKの解説を参照してください。

※1)
法人やパートナー登録をしているユーザが利用できる専用管理画面

プロジェクトを作成する

さていよいよプロジェクトの作成です。Eclipseを使ってアプリケーションを作成する手順を説明します。EclipseとAndroid SDKはセットアップされていることを前提とします。

まずはダウンロードサイトからmixi SDK(Android)のZIPファイルをダウンロードし,展開してください。その後,展開したディレクトリをEclipseのワークスペースのディレクトリ上に配置し,そのディレクトリをEclipseのメニュー[File]⁠-⁠Import]でプロジェクトとしてimportしてください。

続いて,先ほど登録したmixi SDK(Android)ライブラリを開発するプロジェクトに登録します。プロジェクトのプロパティを開き,⁠Android]⁠-⁠Library]の欄に追加してください。

また,mixi SDK(Android)はインターネットに接続するため,開発するアプリケーションのAndroidManifest.xmlファイルに次のようなインターネット接続許可の定義(INTERNETパーミッション)を追記してください。

<uses-permission android:name="android. ュpermission.INTERNET" />

これでプロジェクトの準備はできました。mixi Webサイトでもプロジェクトの作成手順を紹介しています。必要に応じて参照してください。

著者プロフィール

菊間英行(きくまひでゆき)

(株)ミクシィ プラットフォームサービス開発部

コメント

コメントの記入