mixiエンジニアがおくるソーシャルアプリ開発実践講座

第4回 社内ハッカソンが育むmixiエンジニアの開発者魂!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

はじめに

はじめまして,⁠株)ミクシィの佐藤友信です。私はパートナービジネス推進部 開発グループという部署に所属して,ミクシィにおける課金システムや,パートナー開発者向けの,mixiアプリ,mixi Graph API,mixi Pluginの情報を管理できるPartner Dashboardの開発をしています。

みなさん,mixi公式のAndroidアプリケーション(公式アプリ)を使っていますでしょうか。この公式アプリの機能として,私が作った「バーコードチェック」という機能があります。実はこの機能は,社内向けのハッカソン「Weekend Challenge 2.5」に参加したときに誕生しました。今回は,その「Weekend Challenge 2.5」の紹介と,バーコードチェックの裏側を紹介したいと思います。

Weekend Challenge 2.5とは

「Weekend Challenge 2.5」⁠以下,WC2.5)は,社内で3ヵ月に1度開催されるハッカソンで,業務時間の2.5日分を使い,業務とは関係なく,好きな技術開発を行い,その成果をコンテスト形式で競うというものです。

WC2.5にはいくつか重要なメッセージがあり,出場者はこのことを強く意識する必要があります。

  • エンジニアによる「たった2日間」のフリーコーディング
  • キーワードは「技術」⁠アイデア」⁠達成」
  • 必ず「動くもの」を時間内に作り上げる
  • みんな「ハッカー」だろ?

また,参加するには次の制約があります。

  • 必ず期間内に「動作し,その様子を見せられるもの」を開発すること
  • 何らか「mixi」に関係するものを開発すること
  • 対外的にリリースできるもの/されるもの,が好ましい

会社からは次のものが提供され,思う存分開発ができます。

※)
第2回からはエンジニア職でなくても出場可能になりました。

「時間」

成果を出すための2.5日間。この間は基本的に通常業務は行わず,社内の思い思いの場所で自分の作りたいモノを作れる

「場」

成果を発表するための舞台。取締役や各サービスを企画/開発しているチーム,人たちに,自分が作ったモノを発表できる

コンテスト形式ですので,当然ながら投票とその結果の発表が行われます。最も高い評価を得たモノは,社内スポンサーからの豪華賞品,観客からの賞賛が得られます。そして,ある基準を満たした場合は,作ったモノをプロジェクト化して継続開発し,リリースしてもよいという,エンジニアとしてはこれ以上ない権利が与えられます。

ハッカソン出場者以外では,発表を見て投票する人の意識も非常に重要で,⁠単なる傍観者」では意味がありません。良いアイデアはキャッチアップしてリリースさせるというねらいがあります。

Weekend Challenge 2.5で開発したもの

第1回のWC2.5には19チーム,総勢22名が参加しました。自分は1人で参加して,⁠バーコードチェック」を作りました。これは,商品に付いているバーコード,または書籍に付いているISBNコードをスマートフォンのカメラでスキャンし,その結果をもとにmixi Graph APIのCheck APIを使って,友人と共有するというものです。もともとアイデアベースでは考えていたのですが,2.5日間という期間で実際に動作するところまで作るとなると,スマートフォンのアプリケーション開発経験がほとんどなかったので,少し厳しいかなという思いがありました。

しかし,ちょうどその頃に書籍なども発売されて話題になっていたTitaniumを使うことによって,スマートフォン向けアプリケーション開発の経験不足を補うことができました。Titaniumは,Appcelerator社によるスマートフォン対応アプリケーションの開発環境で,JavaScriptのソースコード1つでiOS,Androidの双方に対応したアプリケーションを開発できます。JavaScriptの開発経験はあったので,新たにObjective-C,Javaを習得する必要がなく,機能開発に集中できました。

mixiバーコードチェック誕生!

WC2.5の成果発表は,観客100名以上,社内にあるセミナールームとコラボレーションスペースをつなげ,ピザやお酒を用意して,お祭りムードで始まりました。こんな大勢の前で発表することはなかなかないので,ひどく緊張&興奮したことを覚えています。

さて,気になる投票結果ですが,惜しくも3位でした。豪華賞品は手に入りませんでしたが,公式アプリを開発しているチームからオファーがあり,正式に機能として組み込むことになりました。

公式アプリは,当然のことながらJavaで作られています。はじめは,ひたすらソースコードとAndroid開発のリファレンスや書籍を漁る毎日でしたが,しだいに何をやっているかがわかるようになり,わかるようになってからは早いもので,順調に開発できました。また,わからない部分があったり,何か技術的な問題にぶつかったりしたときには,それを解決するアイデアや技術を持ったメンバーが社内にいることが,とても力強く感じました。

著者プロフィール

佐藤友信(さとうとものぶ)

(株)ミクシィ パートナービジネス推進部 開発グループ

コメント

コメントの記入