モダンPerlの世界へようこそ

第34回 Perl Mongers:顔の見える仲間を増やそう

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

もうひとつの.pm

Perl 5のモジュールには.pmという拡張子をつけることになっています。このpmというのはもちろんPerl Moduleのことですが,Perlの世界ではもうひとつ,Perl Monger(s)という意味になることがある,というのもみなさんよくご存じのことでしょう。このmongerという単語は,もともとはあまりよろしくない物品を言葉巧みに売りつける行商人を意味していました。オックスフォードの大きな英語辞典で共起する取扱商品を拾ってみると,肉や魚,チーズといったにおいの強い産物から,奴隷や娼婦,あるいは流行,ニュース,スキャンダルといった無形のものまで,何かしら好ましくない要素をもつものが並んでいるのですから,自虐であれ謙遜であれ,Perlについても同列に理解するべきでしょう。その後生まれたPerlMonksのような言葉に比べると,Perl Mongersはもっと下世話な,よく言えば庶民的な含みを持つ言葉であると考えられます。日本語に訳すなら差詰め「Perl屋」とでもなるのでしょうが,オヤジギャグが好きな方なら「もんもん」を背負った押し売りや,坊ちゃんが言うところの「モモンガー」を連想してみるのも一興でしょう。

Wikipediaの記述によると,Perl Mongersという言葉が使われるようになったのは,1997年に米オライリー社が開催した最初のPerlカンファレンス(のちのOSCON)で,『マスタリングPerl』などの著者としても知られるブライアン・フォイ(brian d foy)氏が最初のPerl MongersグループとなるNY.pmの結成を宣言してからのこと。もちろんその当時Perlにはすでに10年近い歴史があったのですから,NY.pm以前にも各地にユーザグループと呼んでよさそうなものはあったのでしょうが,氏は,自分がほかのPerlユーザグループを見つけるのに困った経験から,グループの情報を一箇所にまとめて,ゆるやかなネットワークを構築したいという構想を披露。好感触を得たことから,ニューヨーク州でPerl Mongers Inc.というNPO法人を設立し※1),第2回のPerlカンファレンスでは100以上もの新しいPerl Mongersグループの結成に尽力したのでした。

このPerl Mongersグループをつくる運動はその後世界各地に広がり,日本でも1999年以降いくつかのPerl Mongersグループが生まれています。いまも目立った活動をしているところとしては,Yokohama.pmFukuoka.pmが2010年3月に,Kansai.pmが5月にそれぞれイベントを開催していますし,Shibuya.pmは4月に台湾で開催されたOSDC.twに出張して発表をこなしてきました。最近では北海道でも新しいPerl Mongersグループを立ち上げようという動きがあり,つい先日(6月23日)741番目のグループとして公認されています。

このHokkaido.pm誕生の経緯については筆者も札幌の出身なので興味をもって見ていたのですが,途中Perl Mongersグループ全体の管理を行っているメンバーの話を聞いたときには,彼らが想定しているPerl Mongersグループと国内の認識や実態との間にいささかのズレを感じる部分もありました。もちろんPerl Mongersグループも千差万別ですから多少ズレていようとうまく運営されているのであれば問題はないのですが,想定から外れたグループをつくろうとすると,余計な手間がかかったり,最悪申請が通らなかったりすることもありえます。

そこで,今回はいつものモジュール話からちょっと離れて,Perl Mongersというグループがどういうもので,どうつくるのがよいとされているのか,またよそではどういうことをしているかを簡単にまとめてみます。

※1

氏は当初「Perl /M((o|u)ngers|aniacs)*/」という名前のNPO法人を登録しようとしたのですが,この名前は州法で認められなかったため,正規表現があらわす選択肢のなかから「ラクダ」に乗ったベドウィンをも連想させるPerl Mongersが正式名称となりました。なお,この法人は現在The Perl Foundationの一部門になっています。

基本的には都市単位

Perl Mongersグループは,名前はどうあれ,基本的にはPerl好きな人が集まるユーザグループに過ぎません。だから,本来はどのような枠組みで人を集めようとかまわないようなものなのですが,世界的に見ると,ほとんどのPerl Mongersグループには都市,または周辺の自治体まで含めた都市圏の名前がついています。

これは,たとえばPerl MongersグループのFAQ「グループ名は九割九分会合が開催される都市の名前になる」と書いてあるとか,グループ申請時には都市名の記入が必須とされ,しかもその都市名はPerl Mongersグループのサイトでテキストとして確認できるだけでなく,機械的に処理できるようXML形式でも公開され,それをもとにしたGoogleマップで視覚的にも所在地を確認できるようになっている(ので,それ以外の規模のものをつくりづらい),といったシステム的な側面からも説明できますが,おそらくそれと同じかそれ以上に,Perl Mongersグループには都市ないし都市圏くらいの規模が適正とみなされている,ということでもあります。

実際,今回のHokkaido.pmの申請過程でも釘を差されたのですが,(傘下にいくつかのPerl Mongersグループを含んでしまうような)広い地域名を持つPerl Mongersグループはなるべくつくりたくないし,もしそのようなものがあるのなら,本来は都市(圏)単位に分割するべきである,というのがPerl Mongersグループの管理方針になっています。

もちろんこれは原則論なので,特殊な事情があるなら対応してもらうことはできますし,実際,Perl MongersグループのなかにはPerl Advent CalendarのためのグループであるAdvent.pmやAmigaユーザが集まるAmiga.pmのように特定の地域とは無関係のグループもあるにはあります。

ただ,特別扱いを求めるのであれば,その理由を説明したり,利害が衝突するグループとの調整を行う責任は,グループを申請するリーダーの側にあります。

その説明を怠った場合は,一見広い地域にまたがるグループのように見えても,Perl Mongersグループとしては,リーダーが在住している都市のグループにそのようなあだ名,別名がついているだけ,と考えた方がよいでしょうし,その名前が許されたのは単に管理者側にはコンテキストがよくわからなかったからで,別にその地域を管轄するPerl Mongersグループとしてのお墨付きを得ているわけではない,と受け取るべきでしょう※2)。

※2

特別扱いされている例としては,ドイツ各地のPerl Mongersグループを統括しているGerman.pmがあります。これは特定の都市をベースにしたグループではないため,ヨーロッパではなく,「Non-geographical」のカテゴリーに分類されています。

大きすぎず,小さすぎずがよい理由

このようにPerl Mongersグループが都市ないし都市圏をベースにしている理由はいくつか考えられます。

たとえば,グループを統括しているPerl Mongers Inc.は,新しいPerl Mongersグループの立ち上げをサポートするため,申請のあったグループにはウェブスペースとメーリングリストを無料で貸与しているのですが(それに必要な費用は企業スポンサーが負担してくれています),当然ながら資源は無尽蔵にあるわけではありません。最近では無料ないし安価に利用できる選択肢も増えたためこのサービスを利用しているグループはそれほど多くはないようですが,あまりに狭い地域に,しかも構成員が重複してしまうような複数のグループが乱立してしまう事態は人的リソースの点でも無駄ですから避けたいところでしょう。

かといって,無闇にグループを大きくすればよい,というものでもありません。

単にPerlの情報がほしいだけなら,地元のPerl Mongersグループより便利なものはたくさんあります。誰よりも早く最新情報に触れたければ世界中のコアなメンバーが集まっているIRCチャンネルに参加するのが一番でしょうし,古くはPerlMonksのような専用の掲示板やメーリングリスト,最近ではブログやWikiにPerlのことを書く人も増えていますから,RSSリーダーや検索エンジン,そして辞書や機械翻訳サービスを駆使すれば,時差や言語の壁にさほど悩まされることなく世界中から情報を集められます。ネットワークを経由したやりとりでよいのなら,わざわざ地域を限定して情報源を減らす道理はどこにもありません。

それでもなおPerl Mongersグループが生まれ,広がってきたのは,Perl Mongersグループが実際に会って話をする場をつくるツールとして機能してきたからです。

もちろんYAPC::Asiaのように大きなイベントに参加すれば,全国から集まってきたコアなユーザと話をすることはできます(場合によっては海外からやってきた参加者と話をすることすらできるかもしれません)。でも,わざわざ会って話をするために有給を取ったり,多額の交通費や宿泊費が必要になるのでは,そう頻繁には集まれません。イベントの規模が大きくなれば,全員に挨拶をするだけでも一苦労です。

それに対して,ほとんどのメンバーが同じ通勤・通学圏に暮らしていることが期待できるPerl Mongersグループであれば,たとえば月に一度定例会を開催することにしても負担に感じる人はそれほど多くはないでしょう。ときには飲み会という形で集まれば,Perl以外にも地元の飲食店情報など身近な話題で盛り上がることもできますから,Perl一辺倒ではない人にとっても参加しやすくなることが期待できます。会う回数が増えてお互いの人となりがわかってくれば,お決まりの挨拶なんてすっ飛ばして,いきなりネットワーク上では公開できないディープな話を始めることもできるようになるでしょうし,通勤圏が同じことはわかっているのですから人材募集の場としても利用できるでしょう。

また,自分たちでイベントを開催する際には,主催者が開催地でどれだけ仲間を集められるかが大きなポイントになります。手慣れた主催者であれば地元以外のところであっても会場の手配から当日の裏方仕事まですべて自分たちでこなせるでしょうが,それよりは主催者の地元で開催して,地元の知人・友人を動員した方がはるかに楽ですし,各方面に顔がきく分,安くもつきます。

著者プロフィール

石垣憲一(いしがきけんいち)

あるときは翻訳家。あるときはPerlプログラマ。先日『カクテルホントのうんちく話』(柴田書店)を上梓。最新刊は『ガリア戦記』(平凡社ライブラリー)。

URLhttp://d.hatena.ne.jp/charsbar/

コメント

コメントの記入