eラーニングシステム Moodleの活用とカスタマイズ

第1回 Moodle(ムードル)とは

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Moodleは,オンラインで授業を行うために開発されたシステムですが,ユーザ管理の機能がしっかりしており,また,さまざまな機能が備わっているので,いろんな用途に応用が可能です。プラグインが多数公開されており,独自プラグインの開発が容易なことも魅力です。

最近,Moodleによるeラーニングシステムの構築と運用という書籍が発売されました。これは,Moodleの使い方,管理の仕方を詳しく説明した書籍です。この書籍では説明されていない,

  • Moodleに日本語環境をセットアップする際の注意点
  • 最新バージョンでの機能
  • カスタマイズ,独自機能の開発

などの内容を,この連載では取り上げます。

今回は初回ですので,Moodleというのはどのようなものか,どのような用途に使えるかを簡単に説明します。

Moodleってなに?

Moodle(ムードル)は,GNU GPL(General Public License)の下で配布されているオープンソースLMS(Learning Management System)です。LMSとは,学習運営システム(または学習管理システム)とでもいうべきもので,インターネットを利用した学習・教育を実施する場合に,中核となるシステムです。Moodleはオーストラリアのパース在住のMartin Dougiamas(マーチン ドウギアマス)氏を中心としてMoodle Headquartersとコミュニティで開発および保守が行われています。

Moodleの最大の特徴は,そのコミュニティの規模が大きいことです。世界中に多くのユーザと開発者がいて,大変活発に意見交換や共同開発が行われています。公式サイトもMoodleを用いて構築されています。

図1 moodle.orgのトップページ

図1 moodle.orgのトップページ

公式サイトへの登録ユーザ数は800,000人以上であり,公式サイト自体がMoodle利用サイトの代表格と言っていいでしょう。また,公式サイトで存在を把握したMoodleサイトが約40,000サイトあります。操作画面の言語は80言語に対応しており,200カ国以上で使用実績があるそうです(これらは,2009年12月時点でのデータ)⁠日本においても,Moodleは大学や高専から広がり始め,今では多くの場所で利用されています。

Moodleで何ができるの?

Moodleに備わっている機能のうち,主なものを紹介します。Moodleでは,まず「コース」⁠1科目に相当する領域)を作り,その中に「リソース」「活動」と呼ばれるものを設置します。主な「リソース」「活動」などについて以下で説明します。

なお,Moodleに,学生権限でログインした場合,教師権限でログインした場合,管理者権限でログインした場合では,それぞれ使える機能が異なり,同じ機能であっても画面表示が違います。

小テスト

Moodleの小テストは,自動採点されます。学習者が小テストを受験し答案を提出すると,Moodleによって自動採点された結果が学習者に提示されます。答案提出の直後に正誤や成績が表示され,正答に関するヒント(フィードバック)を示すこともできます。

Moodleでは,多肢選択問題,記述問題,数値問題,穴埋め問題,計算問題,組み合わせ問題など,さまざまな形式の小テストを出題することができます。また,問題バンク(多数の問題を集めたもの)からランダムに一定数の問題を出題する機能もあります。

問題の作成はもちろんMoodle上で可能で,問題作成画面上で必要な情報を入れると,次のような問題が簡単に作成できます。

図2 Moodleの小テスト問題の例

図2 Moodleの小テスト問題の例

また,XML形式等でMoodle以外で別途作成した問題データを読み込むこともできるようになっています。

対象とする学習者に適したレベルの問題を出題すること,答案に対する適切なフィードバック(ヒントや関連事項の説明)を設定すること,カジュアルな怠慢行為の防止策(問題がランダムに出題されて他人の答案の丸写しでは正解にならないなど)に留意すれば,問題を解くことで苦手な箇所を自分で効果的に把握して学ぶための自習用テストを小テスト機能で提供することができます。

教員は,学習者(=一般ユーザ)の答案や成績の履歴を見ることができます。

図3 小テスト受験結果の一覧

図3 小テスト受験結果の一覧

この受験結果の情報で,学習者がどこまで理解しているか,どの問題が苦手かなどを把握できます。

著者プロフィール

喜多敏博(きた としひろ)

1967年に奈良に生まれる。中学・高校時代に見た父(高校教員)の教え方に感心したことが,自分の教員としての振る舞いに影響していると今になって思う。大学・大学院時代は京都で過ごし,熊本大学に着任。現在はeラーニング推進機構および大学院教授システム学専攻 教授。工学博士(名古屋大学)。

LMS/VLE,非線形システム,電子音楽に興味を持つ。

URL:http://t-kita.net

コメント

  • データベースの設定で躓いています。

    以下の手順でインストールを開始しました。
    ①自宅のPCにmoodleをインストールしました。
    ②次に自宅のPC上のmoodleを、レンタルサーバーにFTPを用いて、インストールしました。
    ③WEBサーバー上で使用できるようにするため、レンタルサーバー内にMySQLでデータベースを作成(レンタルサーバー内の設定でデータベース名とデータベースを確認)しました。
    ④WEBサーバー上で使用できるようにインストールを開始しましたが、moodleイストレーションの画面で、データーベースの設定ができませんでした。
     レンタルサーバーの会社に問い合わせたところMySQLのバージンも5.1.33以上あるとのことでした。
    10日間以上も考えていますが、原因がつかめません。私は、あまり詳しくありませんので、お教えいただければ大変ありがたいと思います。よろしくご指導をお願い申し上げます。

    Commented : #2  村瀬正典 (2016/03/06, 10:21)

  • ムードルのインストール方法をお教えください。

    ムードルのインストールの仕方をお教えください。

    休業でe-Learningシステムをつくろうと思います。
    インストールの手順など具体的にお教えください。

    Commented : #1  ヤマモトヒロノブ (2013/06/13, 14:20)

コメントの記入