eラーニングシステム Moodleの活用とカスタマイズ

第3回 Moodle 1.9で新しくなった「評定」機能

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

今回はMoodleの「評定」について取り上げます。書籍Moodleによるeラーニングシステムの構築と運用の9.3節「評定(成績表の管理)⁠では,Moodle 1.8までの評定機能について説明していますが,最新版のMoodle 1.9では評定機能が一新されており,使い方が大きく変わっています。

  • 評定の機能で何がわかるか
  • 合計点(総合評価点)を算出するには
  • 成績データのエクスポート,インポートはどのようにすればできるか
  • 点数の計算に複雑な算出式を用いる方法

などについて説明します。

「評定」の機能で何ができるのか

Moodleで「評定」と言えば,いわゆる成績表を管理する機能のことです。Moodleの評定機能は,成績表を管理するために,いろいろと便利に使うことができます。コースの中で評定を付けることのできるあらゆる活動(課題,フォーラム,小テスト,レッスン,...)のすべての点数を閲覧したり,各活動の点数を集計して総合計点を算出したり,点数を評定表上で上書きして変更したり,成績表をファイルにエクスポートしたり,逆にインポートしたりすることができます。

以前の「評定」と比べてどこが変わったか

Moodle1.8での評定とMoodle1.9での評定とを比べると,画面構成や設定項目など,すべてが大きく変わりました。

Moodle1.8の評定では,すべての評点は必ずどこかのカテゴリに属していましたが,Moodle1.9ではそうではなくなりました。評定カテゴリを作成することはMoodle1.9でも可能ですが,必須ではありません。

また,合計点数等を計算する場合に,どのように計算したいかを計算式で指定することができるようになりました。

成績データをファイルへエクスポートできるだけでなく,成績表のファイルからMoodleにインポートすることも可能になりました。

評定の画面を開くには

まず,コースのトップ画面を開きます。⁠管理」ブロックの「評定」をクリックすると,そのコースの評定が表示されます。

図1

図1

図1の場合,ユーザ2は「小テスト1」「eXe SCORM」をまだ行っていないことが分かります。通常,評点はそれぞれの活動の中で与えられますが,この評定の画面上で評点を指定することも可能です。ユーザ2の「フォーラム(評価付)⁠に対する評価は,その例です。評定の画面の中で評点を指定された(オーバーライドされた)場合,そのセルの背景は薄茶色の色になります。

デフォルトでは,評定者レポートの表の一番下に「平均点」の行が表示されますが,右方向に1カラムずれて表示されるバグがあるようなので,バグが修正されるまでは表示しない設定にしておくのがよいと思います。サイト管理者として,サイトのトップページで「サイト管理」ブロックの「評定」「レポート設定」「評定者レポート」を選び,「平均を表示する」のチェックを外し,⁠変更を保存」をクリックします(著者は未確認ですが,バージョン1.9.7+の最新ビルドではこのバグは直っているそうです)⁠

図2

図2

図1の左上に表示されている,⁠処理の選択...」のドロップダウンメニューの代わりに,図3のように,タブ形式を使うこともできます。

図3

図3

タブ形式の表示が好みの方は,サイトのトップページで「サイト管理」ブロックの「評定」「一般設定」を選び,⁠ナビゲーションメソッド」「タブ」を選び図4)⁠⁠変更を保存」をクリックします(サイト管理者の権限が必要です)⁠

図4

図4

追加点扱いとは

コース合計の満点を算出するのには考慮しない評定項目を指定したいときは,⁠追加点扱い」を指定する欄でチェックを入れます。⁠追加点扱い」を指定する欄を表示するには,左上のドロップダウンメニューから「カテゴリおよび評定項目」「シンプルビュー」または「フルビュー」を選び,⁠総計」「評点の合計」などに指定します。

例えば,図5の例では,評定項目「eXe SCORM」の点数は,コース合計の満点には計上されていません。

図5

図5

著者プロフィール

喜多敏博(きた としひろ)

1967年に奈良に生まれる。中学・高校時代に見た父(高校教員)の教え方に感心したことが,自分の教員としての振る舞いに影響していると今になって思う。大学・大学院時代は京都で過ごし,熊本大学に着任。現在はeラーニング推進機構および大学院教授システム学専攻 教授。工学博士(名古屋大学)。

LMS/VLE,非線形システム,電子音楽に興味を持つ。

URL:http://t-kita.net

コメント

コメントの記入