MySQL道普請便り

第5回 Dockerで複数バージョンのMySQLを開発環境に用意する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

MySQLを開発に使っている時に,よく問題になるのがアップデート,アップグレードの検証です。アップデート・アップグレードをする前に開発環境で問題が発生しないか,あるいは新機能がどんな機能かを確認したいと思うことがあると思います。その際にうっかり別のバージョンのMySQLで開発環境のMySQLを上書きしてしまい,以前の開発環境に戻せなくなってしまった…なんてことはありませんか? そして,本来やりたかった作業とは別にやることが増えてしまい。面倒くさくなってしまうことが時々あります。

今回はDockerを使って5.6.27と5.7.8の2つのMySQLを,ローカルの開発環境に影響を与えることなく用意してみようと思います。これによってお手軽にMySQLの最新機能を確認したり,アプリケーションへの影響を検証したりできるようになります。

デモンストレーション環境について

今回はDockerでMySQLの環境を複数用意して見るために,KitematicというDocker用のクライアントを使います。

図1 kitematic公式トップ

図1 kitematic公式トップ

KitematicはDockerのシンプルなオープンソースソフトウェアで,今なお開発が進んでいるDockerのGUIクライアントです。Dockerコマンドと違いGUI上でDockerHubから必要に応じてコンテナを落としてこれるようになっています。開発当初はMacにだけ対応していたのですが,現在ではWindowsでも利用できるようになっています。

Kitematic(Docker Toolbox)のインストール

Kitematicは現在はDockerのToolboxとして提供されています。Dockerの公式ページからOSにあったものをDownloadします。筆者の環境はMacなのでDownload(Mac)からダウンロードしました。バージョンはこの記事を書いている時の最新版1.8.3を使用しております。

図2 Kitematicダウンロード画面

図2 Kitematicダウンロード画面

インストーラを起動すると次の画面が表示されます。

図3 インストール画面1

図3 インストール画面1

続けるをどんどん押していきます。一部パスワードを求められますので,その他のアプリケーションをインストールする時と同様に入力します。

図4 パスワード入力画面

図4 パスワード入力画面

終了画面のひとつ前の画面で,Quick Start画面が開くのでそこでKITEMATICK(右側)を選択してあげます。また,ここで選択肢なかった場合はアプリケーションからKitematicを起動してあげれば問題なく進められます。

図5 QuickStart画面

図5 QuickStart画面

続けるを押してインストールが完了します。続けて初期設定に移ります。

図6 初期設定画面

図6 初期設定画面

DockerHubアカウントをお持ちの場合は入力してください。DockerHubはDockerコンテナを公開するためのWebサービスでDockerレジストリを構築することができるので便利ですが,お持ちでない場合は右下の「SKIP FOR NOW」を選択すると次に進めます。

図7 起動画面

図7 起動画面

さてこれにてインストールは完了です。続いてMySQLの任意のバージョンをインストールして使ってみましょう。

著者プロフィール

木村浩一郎(きむらこういちろう)

GMOメディア株式会社 技術推進室所属のWebアプリケーションエンジニア。最近はミドルウェア・インフラ周りのことも少しずつ学習しています。趣味は将棋。好きな戦法は四間飛車。

Twitter:@kk2170

コメント

コメントの記入