gihyo.jp×東京Node学園祭2011コラボ企画―「東京Node学園祭2011」の見どころ教えます!

第1回 コミュニティ&スピーカー紹介

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

はじめに

初めまして Node.js 日本ユーザグループ(Nodejs.jp) のJxck_です。

東京Node学園祭2011は,アジアで初めて開催される Node.js の大規模なカンファレンスです。

本特集では,学園祭までの期間に4回にわたって Node.js の魅力と Nodejs.jp のこれまでの活動,そして学園祭の内容などを紹介させて頂きます。

第1回目の本記事では,発足して約1年になる Node.js 日本ユーザグループの活動と,今年の学園祭に海外から招待したスピーカー,Ryan DahlとGuillermo Rauchの2人について紹介したいと思います。

Node.js 日本ユーザグループ

Node.js 日本ユーザグループは,2011年8月に@mesoによって発足された日本のNode.jsコミュニティで,2011年9月24日現在811人の会員が参加しています。

コミュニティにはもともと別の言語をやっていた人も多く,これまでクライアントサイドの JavaScript を書いていた人ばかりではないのが特徴です。

さまざまなバックグラウンドを持った人々が,それぞれ色々な目的でNode.jsを使っているため,勉強会などではとても刺激を受けることができます。

(たとえば,日本で初めてNode.jsのコアコミッタになった@koichikは,これまでJavaのSeasarプロジェクトなどで活躍していました)⁠

これまでの主な活動は,東京Node学園という勉強会の開催になります。

第1回の開催では,公開直後にATNDが埋まるほど多くのエンジニアの興味を集め,⁠ECMA Script5⁠⁠非同期プログラミング⁠⁠Nodeのテスト手法⁠などNode.jsにまつわる多くのノウハウを共有しました。また,LTでは⁠マルチプレイヤーゲーム⁠といった,いかにもNode感あふれる作品や,⁠KinectとNode.js⁠を組み合わせた飛び道具的な発表など,興味深い発表があり,会場を沸かせました。

2回目は,Node.jsの48時間耐久ハッカソンであるNode Knockoutというイベントに向けたアイデアソンという位置づけで,参加者をグルーピングし「Node.js を使ってどんな面白いことができるか?」を熱く議論しました。成果発表では⁠NodeとDOMを絡めたゲーム⁠⁠ファイルを扱うユーティリティ⁠など興味深いアイデアが発表されました。

Node Knockout の開催自体は今回で2回目ですが,初年度の日本からの参加者が@mesoさんだけだったのに対し,今年は日本から10チーム程度の参加者があったようです。

ハッカソンの結果はNode.js Knockout Winners!で見ることができます。

他にもGoogle Groupのメーリングリストでは,⁠Node.jsを使っていて困った⁠といった質問や,⁠Node.jsはどんなところに使えるか?⁠といった議論まで,幅広い話題がやり取りされています。興味のある方はぜひ登録し,⁠このコード書いてて困った」「こんなモジュールの作った」など,気軽に投稿してください。

東京Node学園は今後も約2ヵ月に1回程度のペースで定期的に開催していく予定ですので,興味が有る方はぜひ参加してください。

スピーカー紹介

今回,東京Node学園祭2011には海外から2人のエンジニアを招待し講演を依頼することになりました。

以降はこの2人の開発者について簡単に紹介したいと思います。

Ryan Dahl

Ryan DahlはNode.jsの生みの親です。

学生時代は数学を専攻する傍ら,OSS の開発にも関わりRubyサーバなどを実装していたそうです。彼はあるとき,⁠簡単にスケーラブルなネットワークプログラミングをするための環境」として,Node.jsを開発し,それをJSConfなどで発表しました。

Node.jsはイベントループという仕組みを使うことで単一のプロセスで多数のI/O処理を実行することができるため,⁠リアルタイムWeb」といった多くのネットワークI/Oを必要とするアプリケーションでの効果を期待され,多くのエンジニアの注目を集めました。

彼が Node.js を開発した経緯はnode.js とは何かシリーズを読むとよくわかります。

現在彼は,Joyentという会社に在籍し,フルタイムでNode.jsの開発に従事しています。

わりと夜型なタイプなようで,Githubのコミットログを見ると夜中に作業することも多いようです。

日本に来て,日本のエンジニアと交流することを非常に楽しみにしており,日本では「電車に乗る」⁠ラーメンを食べる」を希望していましたw

Guillermo Rauch

Guillermo Rauchは,Socket.IOの生みの親です。

Socket.IOはNode.jsのリアルタイム通信モジュールであり,Node.js界隈では非常に有名なモジュールです。

基本的にはサーバとプラウザの間でWebSocketを用いた通信を非常に簡単に扱うことができるモジュールなのですが,Socket.IOの凄いところは,もしそのブラウザがWebSocketが使えなかった場合はXHRやFlashといった別の通信方法に,自動的にフォールバックしてくれることです。これにより,同じコードのままIEを含めて多くのブラウザを扱うことができます。

もともとNode.jsは,WebSocketのような多数のリクエストが発生する処理と相性が良いため,多くのエンジニアがこれを用いてNode感たっぷりなリアルタイムWebアプリケーションを実装しています。

また,Guillermoは若くしてオンライン教育支援サービスを提供するLearnBoostというスタートアップ企業のCTOでもあります。 LearnBoostには同じくNode.jsで有名なWebアプリケーションフレームワークであるExpressの作者として有名なTJ Holowaychukも在籍しています。

Guillermoは,TJのExpressと協力して「リアルタイムWebアプリ界のRails」を目指して開発を進めるそうです。

まとめ

簡単ですが,Node.js 日本ユーザグループと今回,東京Node学園祭のために来日してくれるRyan DahlとGuillermo Rauchについて紹介させていただきました。

10月29日は,ぜひ2人の発表を聞きに学園祭に足を運んでいただければと思います。

著者プロフィール

Jxck

WebSocket関連を調査中にNode.jsに出会う。Node.jsとSocket.IOがもたらすリアルタイムWebアプリの可能性に興味を持ち,ブログや勉強会などで紹介してる。現在は書籍を執筆中。Socket.IOのマニュアル翻訳なども公開している。

Twitter=@jxck

Block Rockin’ Codes

http://jxck.github.com/socket.io/

コメント

コメントの記入