基礎から学ぶNode.js

第6回 Node.jsアプリケーションをCloud9で開発する

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

はじめに

少し間が空いてしまいましたが,今回はクラウド上のIDE(統合開発環境)であるCloud9 IDEを使って,Node.jsアプリケーションの開発を行う方法について紹介します。前回紹介したHerokuとの連携機能およびGitを用いて,Cloud9 IDEとソースコードを相互にやり取りする方法を説明します。

Cloud9 IDEでは,統合開発環境では基本的なコード補完やシンタックスチェック,Git,Mercurialのバージョン管理ツールの利用だけでなく,SSH,FTPなどのCUIによる操作もサポートからチームによるチャットなどを使った共同での開発作業と,幅広く多機能な環境をブラウザから利用することができます。

Cloud9 IDEにサインアップ

まず,Cloud9 IDEのサイトから,[Sign up]ボタンよりアカウントを登録しましょう。GitHubまたはBitbucketのアカウントでサインインすることも可能です。無料のスタンダード版とプレミアム版があり,作れるプライベートワークスペースの数などが変わりますが,本記事の内容はスタンダード版で試すことができます。

図1 Cloud9 IDEのサインアップ画面

図1 Cloud9 IDEのサインアップ画面

図1の [SIGN UP FOR FREE]からスタンダード版を登録できます。GitHubと同様に非公開環境の利用に対して,課金するモデルになっているようです。

Cloud9でワークスペースを作る

登録後サインインすると,ダッシュボード画面が表示され,左ペインに[Create a New Workspace]ボタンがあります。こちらを押下して,表示されたダイアログに任意の名前(Name your workspace)を入力し,Workspace Privacyを選んで,Type of workspaceに Git を選択して [CREATE] ボタンを押下します。本記事では,ワークスペース名を「app1」として進めます。

図2 アカウントのダッシュボード

図2 アカウントのダッシュボード

左ペインの「MY PROJECTS」から作成した app1 を選択して,右ペインの [START EDITING] ボタンを押します図2)。

Herokuをデプロイターゲットとして追加

ワークスペース画面が開きますが,この状態では作ったばかりなので空です。ここで前回ローカル環境からデプロイしたHerokuのリポジトリからPullして,Cloud9にGitリポジトリ経由でソースコードを取り出したいと思います。Herokuのリポジトリを,Cloud9のローカルリポジトリのリモートリポジトリとして,登録するわけです。

Herokuへのデプロイは,Cloud9自体に連携機能として提供されています。先にこの連携機能で現在のワークスペースのアプリケーションと,Heroku上のアプリケーションを結びつけおきます。これによって,Herokuから取得するときの認証を済ませておくことができます。

まずワークスペース画面上で,左ペインの気球アイコンがDEPLOYになっているので,これを選択します。

+をクリックして,デプロイターゲットを追加します。

図3 デプロイターゲット登録ダイアログ

図3 デプロイターゲット登録ダイアログ

Herokuを選んで,前回使ったのと同じアカウントでサインアップします図3)。Herokuですでに稼働しているアプリを選んで,[ADD] ボタンを押します。

図4 Herokuの情報

図4 Herokuの情報

登録されたHerokuのアプリにフォーカスを当てると,ポップアップに [DEPLOY] ボタンが表示されます図4)。後々開発後に,Herokuにデプロイしたい場合は,このボタンから実行できます。

著者プロフィール

高橋俊光(たかはしとしみつ)

ティルフィン合同会社 代表。

メーカー企業でパッケージソフト開発などに携わった後,ティルフィン合同会社を設立しフリーエンジニアとして,RIAやスマートモバイルアプリとサーバーサイドと広い分野で開発に従事。iOSアプリ トレンドトピック,Newstrushをリリースしている。

コメント

コメントの記入