OpenSocialを利用してガジェットを作ろう!

第1回 OpenSocialの世界へようこそ!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

皆さんは普段mixiやgooホーム,MySpace,OpenPNEなど何らかのSNS(Social Network Service)を利用していますか? これらのSNSは,昨年から今年にかけて,大きな変革を遂げようとしています。今までのSNSは,運営者と利用者という2つのアクターのみが存在する世界でしたが,今後は一般の多くの開発者に関しても,SNSの世界に積極的に参加していくことができるようになります。その原動力となる規格こそが,OpenSocialです。

この連載では,Google API Expert ProgramにてOpenSocialを担当する北村英志,田中洋一郎が,具体的なOpenSocialアプリケーションの開発方法を皆さんにご紹介していきます。本連載の最終回を読み終える頃に,読者の方々が自らOpenSocialアプリケーションを開発できるようになっていることをゴールとしましょう。

ソーシャルグラフの可能性

今日のインターネットで利用頻度の高いサービスの中で,SNSが上位を占めるようになってきています。最近では,電子メールよりもSNSを利用している時間が長い,という調査結果が出たほど,SNSは一般に普及しています。

SNSは,利用する会員と,会員間の関係(ソーシャルグラフと呼びます)がコミュニケーションの原動力です。その関係の種類は様々であり,友達関係やビジネス上の付き合い,さらには同じ趣味・趣向といった会員の集まりに関しても,ソーシャルグラフを構成する要素ということができるでしょう。関係は共通の興味を生み出し,何らかのコンテンツとして形となります。それらを複数の会員間で共有することで,SNSの楽しさとなります。

今までは,SNSの利用者がソーシャルグラフを使ってコミュニケーションを行ってきました。しかし,ソーシャルグラフの可能性はそれだけではありません。近年では,"もっとソーシャルグラフを活用できないか?"といってことが考えられるようになりました。そして,開発者がソーシャルグラフを使って今までにない価値を形にすることができるのではないか,というチャレンジが行われるようになりました。

プラットフォームへの進化

その動きの一つとして,SNSの利用者に対して常に新鮮さを提供するために,多くの開発者にSNS上で動作する新しい機能を開発してもらい,それを多くの会員に利用してもらう,という試みがされるようになりました。つまり,SNSがプラットフォームへ成長を遂げ始めた,ということです。例えば,SNSが提供するWebページに小さなアプリケーション(これをガジェットと呼びます)を貼り付けたり,ソーシャルグラフを公開したり,といったことが行われています。

そして,例えば登録されるガジェットの数が多くなればなるほど,利用者は次々と新しい楽しみを得ることになります。それらのガジェットによって,文字情報だけではなく,様々なコンテンツが生み出されます図1)。SNSの利用者にとって,次々と登場するガジェットは魅力的であり,常に新鮮な気持ちを保つことが可能となります。

図1 複数のガジェットで飾られたプロフィールページ(MySpace)

図1 複数のガジェットで飾られたプロフィールページ(MySpace)

さらに,SNSの最大の特徴であるバイラル効果(コンテンツが口コミで広がるための環境)により,開発者が登録したガジェットは,ソーシャルグラフに従って広く利用されていきます。Webという不特定多数のユーザを狙うことよりも,SNSという特定多数のユーザを狙うことのほうが,開発者にとって魅力的に感じるはずです。

SNS上で動作するガジェットは,ソーシャルグラフを取得し,それを活用することができるようになります。つまり,友達に何かリコメンドしたり,会員間で情報の共有をするようなガジェットを開発することができるのです。

そして,SNSのプラットフォーム化によって,運営者,利用者,そして開発者という新しい関係が登場することになります図2)。開発者にとっては,新しいビジネスチャンスの到来です。

図2 プラットフォームを取り巻く関係者

図2 プラットフォームを取り巻く関係者

著者プロフィール

田中洋一郎(たなかよういちろう)

株式会社ミクシィ所属。Google API Expert (OpenSocial)。Mash up Award 3rd 3部門同時受賞。書籍「OpenSocial入門」を出版。

URL:http://www.eisbahn.jp/yoichiro

著書

コメント

コメントの記入