OSSデータベース取り取り時報

第8回 MySQL Clusterのご紹介,PostgreSQL 9.6に向けた開発進む,Apache Cassandra 3.4リリース

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

MySQLサーバのメジャーバージョンが一段落して次期バージョンの開発が始まる一方,MySQL Clusterの次期バージョンも開発途上版がリリースされています。2016年1月にメジャーバージョンがリリースされ,翌2月に早くもマイナーバージョンアップが行われたPostgreSQL 9.5.1ですが,同時に次期バージョンであるPostgreSQL 9.6の開発も活発に進められています。Apache CassandraはVersion3.4が日本時間2016年3月8日にリリースされています。新機能としてキーバリューのCassandraでLike検索ができる新インデックスSASIやCustom Tracing,SSTabledumpといった機能が追加されています。

[MySQL] 2016年3月の主な出来事

3月には分散型データベースクラスタのMySQL Clusterの次期バージョンの開発途上版(DMR, Development Milestone Release)となるMySQL Cluster 7.5.1やPythonで書かれたDevOpsツール群のMySQL Utilities 1.6のベータ版などがリリースされました。

MySQL Clusterについて

MySQL Clusterは共有ディスクを必要としない分散型のRDBMSクラスタで,全てのノードがアクティブノードとして稼働します。MySQL Clusterは携帯電話網の加入者データベース向けに開発され,単一障害点がないことによるミッションクリティカルシステムでも利用できる高い可用性を持っており,またインメモリデータベースとしても動作できることによる極めて高い応答性能,オンラインでノードを追加できることによる高い性能拡張性を兼ね備えています。分散型のアーキテクチャのため参照性能の拡張性だけではなく,更新処理性能が求められる大規模システムでの運用実績が多数あります。国内外の主要な通信機器ベンダやPayPalの不正取引検出機能のほか,軍需防衛の領域でもMySQL Clusterが導入されています。

MySQL Clusterは各種のNoSQL APIを備えており,トランザクション対応NoSQLとしても活用できます。分散キャッシュのmemcachedにMySQL開発チームが作成したプラグインを追加して,MySQL Clusterにキーバリュー型のアクセスが可能にしています。また各種NoSQL APIからのアクセスもSQLでのアクセスもトランザクショナルに処理され,アプリケーション要件に応じて同一のデータに複数のアクセス手段を提供しています。さらにNoSQL APIから行った変更点を外部のMySQLサーバにレプリケーションが可能で,トランザクション対応キーバリューデータストアとしてのMySQL ClusterからRDBMSとしてのMySQLサーバへのレプリケーションも可能です。

先月のMySQL関連イベントやセミナー,ユーザ会の活動のレポート

初心者向け!MySQL 5.7入門セミナーシリーズ
大阪にてセキュリティ,レプリケーション,パフォーマンスチューニングの3つのテーマでMySQL 5.7 入門セミナーが開催されました。4月以降も東京大阪以外の各地での開催を予定しています。

[PostgreSQL]2016年3月の主な出来事

PostgreSQL9.6に関するスケジュールが発表されています。開発者の直近の投稿ではbeta版のリリース予定がやや前倒しになり,2016年4月にFeature Freeze(仕様凍結)⁠2016年5月にbeta版のリリース,2016年10月に正式版のリリースという予定になります。PostgreSQL9.6では,外部テーブルに対し直接的に操作する機能の実装やjoin pushdownの改善,Parallel Aggregation によるスキャンの並列実行,VACUUMの進捗確認機能の実装などが予定されています。

先月のPostgreSQL関連イベントやセミナー,ユーザ会の活動のレポート

商用DBからの移行先としてPostgreSQLはどこまで使えるのか?~DBのセキュリティと暗号化~
中堅・中小IT企業による⁠本気⁠の情報提供セミナー「マジセミ」が2016年3月17日に東京・新宿にて開催されました。このセミナーでは,PostgreSQLは商用DBと比較してセキュリティ面はどうなのか,マイナンバーでもPostgreSQLは使えるのか,といった「セキュリティ」にフォーカスしてPostgreSQLの現状が解説されました。
pgDay Asia2016
海外でのイベントになりますが,2016年3月17日~19日にアジア諸国を横断したPostgreSQLの初めてのカンファレンス「pgDay Asia2016」がシンガポールで開催されました。このカンファレンスではPostgreSQLの今後の方向性や,次期バージョンであるPostgreSQL9.6のパフォーマンスとスケーラビリティの改善に関する講演,セキュリティやビッグデータに関する講演などが行われました。

著者プロフィール

原沢滋(はらさわしげる)

DataStax Inc

Apache Cassandraの商用版DataStax Enterprise(DSE)を販売するDataStaxの日本におけるビジネス・ディベロップメント担当。Oracle,Netezza等のリレーショナル・データベース業務に担当後,今はApache Cassandraの普及活動に力を入れている。


梶山隆輔

MySQL Sales Consulting Senior Manager。

日本オラクル(株)において,MySQLのお客様環境への導入支援や製品の技術解説を担当するセールスコンサルタントチームのアジア太平洋地域リーダー。多国籍なMySQL部門にて,オーストラリア,インド,台湾などに在籍するチームメンバーを束ね,アジア太平洋地域の25以上の国や地域でのMySQL普及やビジネスの拡大をミッションとする。


佐藤千佳(さとうちか)

株式会社メトロシステムズ

Oracle Databaseに関する技術支援業務を担当後,OSSプロダクトを扱う専門チームに配属。現在はPostgreSQLのR&D業務を担当。PostgreSQLの技術者を育成するための教育活動にも力を入れており,近年はコミュニティ活動を中心に全国でPostgreSQLの講演を行っている。

コメント

コメントの記入