OSSデータベース取り取り時報

第9回 “MySQL Document Store”のご紹介,PostgreSQLセキュリティアップデート,Apache Cassandra 3.5リリースとCassandra Summit 2016発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

MySQLは非常に大きな機能追加として⁠MySQL Document Store⁠という名称で,MySQLをドキュメントデータベースのように扱える新しいプロトコル,開発APIまた接続ドライバがリリースされました。

PostgreSQLは,セキュリティの修正を含めたマイナーバージョンのアップデートが実施されました。

Apache Cassandraは,4月はバグフィックスリリースの月となり,バージョン3.0.5と3.5がリリースされました。また,サンノゼで開催されるCassandra Summit 2016のプレゼンテーション募集,参加者募集が開始されました。

[MySQL]2016年4月の主な出来事

MySQL 5.7はGA(製品版)となってから半年が経過していますが,マイナーバージョンアップにもかかわらず大きな機能追加が行われています。

2016年4月11日のMySQL 5.7.12リリースと同時に,リファレンスマニュアルのChapter 3にMySQL as a Document Storeという新しいトピックが追加されました。MySQL Document StoreはNoSQLの1つであるドキュメントデータベースとしてMySQLを利用するための方法です。RDBMSであるMySQLをこれまで通り運用しながら,アプリケーション開発者から要望の多いより柔軟な開発を実現することをめざしています。

MySQL Document Storeとは

MySQL 5.7.12には新たにX Pluginという名称のプラグインが追加されています。このX PluginはMySQLのクライアントサーバー間の新しい通信プロトコルX Protocolを実装しています。X ProtocolではGoogle Protobufをメッセージのシリアライズに利用しています。従来のSQL文に加えて,CRUD (Create/Read/Update/Delete)メソッドでのデータの読み書きをサポートしています。

X Protocolをアプリケーションから利用するための新しいAPI群X DevAPIと,このAPIに対応したコマンドラインクライアント,およびアプリケーションからの接続モジュールConnector群が用意されています。X DevAPIではJSONドキュメントとテーブルに対するCRUDスタイルのAPIを提供し,かつSQLも利用できるようになっています。JavaScriptならびにPythonでX DevAPIを試す環境としてはコマンドラインクライアントのX Shell(コマンド名 mysqlsh)があります。またMySQL 5.7.12のリリース時点ではnode.js用,Java用および.Net用のConnectorがリリースされています。全てのConnectorではX DevAPIの機能として非同期での処理の実行も可能となっています。

X ShellでJavaScrpitおよびPythonを利用する場合のチュートリアルは下記です。ぜひお試しください。

ちなみにX Plugin, X Protocol, X ShellやX DevAPIのXは"Cross(X)over between relational and document model"を意味しているのだとか。

なお,現時点でGAとなっているのはMySQL 5.7.12同梱のX Pluginのみで,X Shellや各Connector, およびVisual StudioへのプラグインはDMR(開発途上版)となっています。

先月のMySQL関連イベントやセミナー,ユーザ会の活動のレポート

IoT,SaaS時代のMySQL Embeddedプログラムセミナー
日本オラクル株式会社主催でSaaS,IoTに特化したMySQL Embeddedプログラムセミナーを開催しました。今回のセミナーでは,農業向けのIoTでのMySQLの活用事例や,MySQLをSaaSで選択するメリット,アプリケーションやアプライアンス,通信機器などでの具体的なIoT活用事例が紹介されました。

[PostgreSQL]2016年4月の主な出来事

PostgreSQLは,3月31日にアップデートが実施されました。バージョンは,それぞれ9.5.2,9.4.7,9.3.12,9.2.16,9.1.21となりました。今回のアップデートは,PostgreSQL9.5の2つの重要な修正と,その他の修正・改善がされています。

重要な修正は,RLS,BRIN インデックスのセキュリティ問題に対する修正と,Cロケール以外の文字列ソートにおいて値が不正になる可能性があるので,高速化機能を無効にする修正です。後者の変更はB-treeインデックスにも影響を与えるため,アップデート適用後にREINDEXを実施する必要があります。

先月のPostgreSQL関連イベントやセミナー,ユーザ会の活動のレポート

第14回中国地方DB勉強会in福山
4月10日に福山で,異種DBからPostgreSQLへと題してセミナーが開催されました。今回のセミナーでは,PostgreSQLが異種DBとの違いや移行のポイント,また,MySQLとPostgreSQLの実行計画の違いや実践でのハマリどころなどが紹介されました。

著者プロフィール

木本吉信(きもとよしのぶ)

DataStax Inc.

OSからデータベース,各種アプリケーションの国内導入やローカライズにかかわる仕事を株式会社創夢,イデアコラボレーションズ株式会社,Japan Leadershipで,学生時代から現在に至るまで30年に渡り行う。業務として,また業務の傍ら,マニュアルや書籍,記事の翻訳や監訳・執筆なども行う。


稲垣毅(いながきつよし)

株式会社日立ソリューションズ

産業系のOSSマイグレーション案件をきっかけにOSSを活用する部署に所属。基幹系でのOSS利活用のため,PostgreSQLを中心とした研究開発や技術支援などで事業を推進している。また,コミュニティ活動にも力を入れており,PostgreSQLの検証活動や広報活動,opensource COBOLのコミッタなどを行い,普及を推進している。


梶山隆輔

MySQL Sales Consulting Senior Manager。

日本オラクル(株)において,MySQLのお客様環境への導入支援や製品の技術解説を担当するセールスコンサルタントチームのアジア太平洋地域リーダー。多国籍なMySQL部門にて,オーストラリア,インド,台湾などに在籍するチームメンバーを束ね,アジア太平洋地域の25以上の国や地域でのMySQL普及やビジネスの拡大をミッションとする。

コメント

コメントの記入