OSSデータベース取り取り時報

第14回 MySQL 8.0 & MySQL Cloud Service登場,PostgreSQL9.6 RC版リリース,Apache SparkとSpark SQLの最新動向のご紹介

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

MySQLは次期ジャーバージョンのMySQL 8.0の最初の開発途上版がリリースされました。Oracle Public CloudのデータベースサービスとしてMySQL Cloud Serviceが開始されたほか,InnoDB Clusterなど多数のアップデートがありましたのでご紹介します。PostgreSQLは9.6RC版がリリースされました。9.6版の代表的な機能のひとつであるパラレルクエリを紹介します。Apache Sparkはメジャーバージョンアップとなるバージョン2.0が公開され,Spark SQLも機能と性能が強化されました。

[MySQL]2016年9月の主な出来事

9月12日に次期メジャーバージョンとなるMySQL 8.0の最初の開発途上版(DMR/Developer Milestone Release)がリリースされました。また,オラクルが提供するクラウドサービスOracle Public CloudのDBaaSとしてMySQL Cloud Serviceの利用が可能になりました。これまで別々のプロジェクトであったマルチマスター型レプリケーションのGroup ReplicationとMySQLプロトコル用のソフトウェアルーターであるMySQL Routerが統合され,MySQL InnoDB Clustersとなっています。

9月にはMySQLのドキュメントストア機能のクライアントAPIであるX DevAPIを実装したJava, Pythonおよび.Net用コネクタやクライアントシェルプログラムのMySQL X Shellのアップデートがありました。

管理ツールではOracle Enterprise Manager for MySQL Databaseのアップデート,およびMySQL Enterprise Monitor 3.3がリリースされました。MySQL Enterprise Monitor 3.3は主にMySQL Enterprise Backupによるバックアップの進捗やエラーの有無を監視するダッシュボードが追加されました。

MySQL 8.0

MySQL 8.0はMySQL 5.7の次のメジャーバージョンです。最大の変更点は,テーブル定義などのメタデータを新たにデータディクショナリによって管理することです。またユーザアカウントやアクセス権限を管理するテーブル群のストレージエンジンも,従来のMyISAMからInnoDBに変更されています。システム系の情報の管理方法が大きく変わるということで,バージョン番号も明確に変更することが議論され,サン・マイクロシステムズ時代に開発中止となった6.0やMySQL Clusterのバージョン番号と重複する7.0を飛ばして8.0となりました。

MySQL 8.0の主な変更点は以下の通りです。

データディクショナリテーブル定義やパーティション,トリガの設定をフラットファイルからInnoDBを使用したデータディクショナリに変更
UTF-8utf8mb4がデフォルトの文字コードに。Unicode 9.0サポート
権限テーブルのInnoDB化権限管理テーブルをMyISAMからInnoDBに変更。
ロールユーザの権限管理にロールを追加,ROLES_GRAPHML()にて可視化
パフォーマンススキーマにインデックス追加性能統計情報の分析を効率化
パフォーマンススキーマにエラーサマリーテーブル追加サーバサイドエラーをパフォーマンススキーマにて管理/分析
SQLコマンドによる設定変更永続化SETコマンドにて行ったパラメータ変更を永続化可能に
パラメータ設定箇所の可視化設定値がコンパイル時,設定ファイル,コマンドライン引数やSETコマンドのどれで設定されたか確認可能

MySQL 5.7向けとしても開発中のドキュメントストア機能もMySQL 8.0に組み込まれています。このほかオプティマイザヒントの追加やGIS機能の拡張などが行われています。9月にリリースされたMySQL 8.0.0 DMR1には含まれず,Labsリリースとして公開されたのが,Common Table Expressions(共通テーブル式)およびオプティマイザからインデクスを隠す機能であるInvisible Indexです。後者はインデックスの削除/再作成の処理を行わずにインデックス削除の影響を確認可能になります。どちらもMySQL 8.0のメインの開発ツリーに統合されることが想定されます。

MySQL Cloud Service

オラクルが提供するクラウドサービスOracle Public Cloudの1メニューとしてMySQL Cloud Serviceが利用可能となりました。MySQL Cloud Serviceは,MySQL Enterprise EditionをベースとしたDBaaSです。数クリックで迅速にMySQLサーバを起動でき,管理ツールやOracle Public Cloudの各種サービスとも統合済みです。

MySQLをベースとした他のDBaaSとの大きな違いは,MySQL Enterprise Editionが提供する監視ツールMySQL Enterprise Monitorをはじめ,セキュリティ拡張機能のMySQL Enterprise FirewallやMySQL Enterprise Auditなどが利用可能,かつMySQL開発元からサポートサービスを受けることが可能となっていることが挙げられます。またMySQLサーバの機能に制限は加えていないため,レプリケーションを含めたすべての機能が利用可能となっており,同時にOracle Cloud Serviceが提供する拡張可能なノードやストレージを利用できます。

MySQL Enterprise Backupによってバックアップしたデータをクラウドとオンプレミスの間で移動できるため,開発フェーズと本番フェーズで最適な環境を選択することも可能となっています。

MySQL InnoDB Cluster

MySQLサーバーの高可用性構成を実現するソフトウェアパッケージをまとめたのがMySQL InnoDB Clusterです。

2016年9月末時点ではMySQL Group Replicationプラグイン0.9.0, MySQL Router 2.1およびMySQL X Shell 1.5のMySQL InnoDB Cluster管理APIはLabsリリース(実験室版)となっています。

先月のMySQL関連イベントやセミナー,ユーザ会の活動のレポート

MySQL 5.7入門セミナーシリーズ in 徳島
徳島県,とくしまOSS普及協議会と日本オラクルの共催で,徳島県のIT事業者を対象にMySQLの基礎を学べるセミナーを実施しました。1回2テーマずつ,全3回開催でMySQLのインストールからレプリケーション,チューニングまでMySQLを利用する上で必要となる知識を体系的に学習する機会となっていました。いずれの開催も30名以上の方にご来場いただきました。IT系メディアでも紹介いただきました。資料はMySQLのイベントページに掲載される予定です。

著者プロフィール

山本文彦(やまもとふみひこ)

TIS株式会社

アプリ兼インフラエンジニアとしてさまざまなECサイトの開発現場を担当後,現在はOSSサポートサービスにおいて技術コンサルティングや保守サポートに従事。PostgreSQLだけでなく,MySQL, OracleなどのRDB,Amazon DynamoDBといったNoSQLなどさまざまなDB製品の利用経験を活かして,OSS製品の普及活動に力を注いでいる。


倉又裕輔(くらまたゆうすけ)

株式会社 日立ソリューションズ

金融系SEとしてシステム基盤の設計・構築を担当後,現在はOSSのビッグデータ関連技術の調査・検証業務に従事。NoSQL・Hadoop・Sparkなど分散DB・分散処理技術に興味を持ち活動中。


梶山隆輔

MySQL Sales Consulting Senior Manager。

日本オラクル(株)において,MySQLのお客様環境への導入支援や製品の技術解説を担当するセールスコンサルタントチームのアジア太平洋地域リーダー。多国籍なMySQL部門にて,オーストラリア,インド,台湾などに在籍するチームメンバーを束ね,アジア太平洋地域の25以上の国や地域でのMySQL普及やビジネスの拡大をミッションとする。

バックナンバー

OSSデータベース取り取り時報

バックナンバー一覧

コメント

コメントの記入