OSSデータベース取り取り時報

第33回 MySQL 8.0 GAリリース,Pgpool-II 3.7.3リリース,PostgreSQL 11の新機能先取り

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

MySQLは8.0が正式リリースとなりました。PostgreSQLの更新はありませんでしたが,4月17日にPgpool-II 3.7.3がリリースされました。また,PostgreSQL 11の新機能を紹介させていただきます。

[MySQL]2018年4月の主な出来事

2018年4月19日にMySQL 8.0の正式リリース(GA / General Availability)されました。接続部品群のMySQL Connectors, ロードバランスやフェールフェールオーバーに対応したソフトウェアルータのMySQL RouterNoSQL対応のコマンドラインクライアントMySQL Shellなど数多くのモジュールが同時に正式リリースとなりました。

第32回でご紹介したとおり,MySQL 8.0関連のモジュールの正式リリース版のバージョン番号は基本的に8.0.11となっています。商用版監視ツールMySQL Enterprise Monitor 8.0.0は現時点では例外となっています。また従来からのバージョンのマイナーバージョンアップ,さらにはMySQL Cluster 7.6の開発途上版(DMR)もリリースされています。以下は4月19日から21日にかけてリリースされた製品の一覧です。

正式リリース GA / General Availability
  • MySQL Server 8.0.11
  • MySQL Router 8.0.11
  • MySQL Shell 8.0.11
  • MySQL Enterprise Backup 8.0.11
  • MySQL Connector/Node.js 8.0.11
  • MySQL Connector/J 8.0.11
  • MySQL Connector/ODBC 8.0.11
  • MySQL Connector/C++ 8.0.11
  • MySQL Connector/Net 8.0.11
  • MySQL Connector/Python 8.0.11
  • MySQL Enterprise Monitor 8.0.0
メンテナンスリリース
  • MySQL Server 5.7.22, 5.6.40, 5.5.60
  • MySQL Cluster 7.5.10, 7.4.20, 7.3.21, 7.2.33
リリース候補版 RC / Release Candidate
  • MySQL Workbench 8.0.11 RC
開発途上版 DMR / Development Milestone Release
  • MySQL Cluster 7.6.5 DMR

MySQL 8.0の主な新機能

MySQLサーバー開発チームのブログにて,MySQL 8.0の新機能が紹介されています。非常に多くの機能が追加改良されているため,ここでは主な新機能をご紹介します。

モバイルアプリケーション向けの改良
  • GIS機能の強化:スマートフォン向けサービスでの位置情報の利用の広がりに対応するため,追加モジュール無しでOpenGIS準拠の空間図形情報対応。MySQL 5.7にてBoost.Geometryのライブラリを採用し,MySQL 8.0では球面座標と測地座標系(SRS)サポート。
  • Unicode対応強化:MySQL 8.0ではデフォルトのキャラクタセットがlatin1(ascii相当)からutf8mb4に変更。Unicode 9.0に対応し,UCA(Unicode照合アルゴリズム)ベースの新しい各言語用の照合を追加。
ドキュメントデータベース統合
  • MySQLドキュメントストアがデフォルトで有効。SQLとNoSQL APIのシームレスな利用が可能に。
  • JSONデータ型の部分更新が可能となり更新性能が向上。
データ分析処理の効率向上
  • 共通テーブル式(CTEs):サブクエリの導出表(derived table)の代替として, 分析処理 SQL 文の可読性や処理性能の向上,階層構造データ利用にも。WITH句と呼ばれることも。
  • Window関数:ランキング作成や検索対象のレコードと周辺データとの関連を集計や分析などの分析処理用途で利用者からの要望の多かった機能を追加。
セキュリティ&可用性強化
  • MySQL InnoDB Cluster:MySQL標準の高可用性パッケージを統合。グループレプリケーションとMySQL Router,MySQL Shellを組み合わせて自動フェールオーバーやリカバリ,矛盾検知。
  • セキュリティ強化:ロール,Dynamic Privileges機能追加。透過的データ暗号化を拡張し,InnoDBのREDOとUNDOの暗号化に対応。

MySQL 8.0の各新機能については別の機会に本連載にてそれぞれご紹介予定です。また5月下旬には国内5都市でMySQL Innovation Dayというイベントが開催され,MySQL 8.0の最新情報をお届けできる予定です。

[PostgreSQL]2018年4月の主な出来事

Pgpool-IIは2018年4月17日にアップデートが実施され,バージョンはそれぞれ3.7.3,3.6.10,3.5.14,3.4.17,3.3.21となりました。今回のアップデートでは,これまでに累積されたバグの修正が行われています。

PostgreSQL 11は2018年第3四半期のリリースに向けて,4月上旬にFeature Freezeを迎えました。コミットされた機能のうち,どの機能がリリースされるかはまだ決まっておりませんが,パーティショニング関連のコミットが多いのでPostgreSQL 11のポイントはPostgreSQL 10から導入された宣言的パーティションの洗練ではないかと思われます。

新機能候補のうち,有志による評価検証,関係者による非公式の技術情報開示などで注目されているものを2点,紹介させていただきます。

ハッシュパーティション

PostgreSQL 10のパーティショニング機能はパーティションキーとしてRANGE, LISTの2種類のみサポートされていました。PostgreSQL 11からはこれに加えてHASHがサポートされます。これにより,レンジ,リスト化できない不連続な値でもパーティション間に均等に分散させることが出来るようになります。

パーティション・プルーニング

多数のパーティションに分割した表を検索する際に,スキャン対象から結果が含まれないことが明確なパーティションを除外する動作をパーティション・プルーニングと呼びます。

PostgreSQL 10では実行計画時に除外を行う静的パーティション・プルーニングのみサポートされていました。

PostgreSQL11からはこれに加えてサブクエリの結果なども活用し,実行中に除外を行う動的パーティション・プルーニングがサポートされるほか,除外判定を行うアルゴリズムもより効率的なものに変更されます。

2018年5月開催予定のセミナーやイベント,ユーザ会の活動

オープンソースカンファレンス 2018 Nagoya

日程2018年5月19日(土)
場所名古屋市中小企業振興会館(OSC受付:3F 第2ファッション展示場)
内容オープンソースのコミュニティや協賛企業,後援団体によるオープンソース関連のセミナーや展示などをお楽しみいただけます。日本オラクルのMySQLチームによるMySQLに関する講演とブース展示,JPUGによるPostgreSQLに関する講演とブース展示が予定されています。
主催オープンソースカンファレンス実行委員会

MySQL Innovation Day 2018 Japan

日程東京:2018年5月23日(水)9:30~17:30
大阪:2018年5月25日(金)9:30~17:30
札幌:2018年5月29日(火)13:00~17:00
名古屋:2018年5月30日(水)13:00~17:00
福岡:2018年5月31日(木)13:00~17:00
場所東京:フクラシア東京ステーション 千代田区大手町2丁目6−1 朝日生命大手町ビル 5F
大阪:日本オラクル株式会社 関西支社 大阪市北区堂島2-4-27 新藤田ビル 9F
札幌:TKP札幌駅カンファレンスセンター 札幌市北区北7条西2丁目9 ベルヴュオフィス札幌3F
名古屋:日本オラクル株式会社 東海支社 愛知県名古屋市中区栄3-18-1 ナディアパークビジネスセンタービル 10F
福岡:日本オラクル株式会社 九州支社 福岡市中央区天神1-12-7 福岡ダイヤモンドビル 8F
内容MySQL 8.0の正式リリースを記念したイベントを全国5都市で開催します。東京および大阪の開催ではMySQL開発チームのエンジニアやMySQLをご利用のお客様からの講演も予定されています。お申し込みサイト等は近日中に公開予定です。
主催日本オラクル MySQL GBU

4社共催 セキュリティセミナー~ デジタルアーツ ✕ MySQLコラボ企画 ~

日程2018年5月17日(木)
場所サイオステクノロジー株式会社 東京都港区南麻布2-12-3 サイオスビル 9Fコラボレーションラウンジ
内容近年,企業が保有するデータを狙うサイバー犯罪が増加しています。データが流出することで企業の信頼が失墜してしまうリスクがあるこの問題には情報システム部門の担当者は常に頭を悩まされているのではないでしょうか? 今回サイオステクノロジーは,⁠企業が保有するデータを守る」をキーワードにデジタルアーツ様,日本オラクル様,MKTインターナショナル様と共同でセミナーを企画しました。⁠外側」からの攻撃に対するセキュリティをデジタルアーツ様が,⁠内側」からのデータ流出を防止するセキュリティを日本オラクル様がそれぞれご紹介いたします。
共催MKTインターナショナル株式会社 / デジタルアーツ株式会社 / サイオステクノロジー株式会社 / 日本オラクル MySQL GBU

著者プロフィール

山本文彦(やまもとふみひこ)

TIS株式会社

アプリ兼インフラエンジニアとしてさまざまなECサイトの開発現場を担当後,現在はOSSサポートサービスにおいて技術コンサルティングや保守サポートに従事。PostgreSQLだけでなく,MySQL, OracleなどのRDB,Amazon DynamoDBといったNoSQLなどさまざまなDB製品の利用経験を活かして,OSS製品の普及活動に力を注いでいる。


梶山隆輔

MySQL Sales Consulting Senior Manager。

日本オラクル(株)において,MySQLのお客様環境への導入支援や製品の技術解説を担当するセールスコンサルタントチームのアジア太平洋地域リーダー。多国籍なMySQL部門にて,オーストラリア,インド,台湾などに在籍するチームメンバーを束ね,アジア太平洋地域の25以上の国や地域でのMySQL普及やビジネスの拡大をミッションとする。

コメント

コメントの記入