HTML5とPhoneGapで作る,iPhone/Androidアプリ開発TIPS

第2回 エミュレータ/実機なしで動作確認─Ripple Emulatorを使ったPhoneGapアプリ開発

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

通常PhoneGapを使ったアプリ開発では,iOSシミュレータやAndroidエミュレータ,実機を使った動作確認をすることになります。各エミュレータの起動や実機へのインストールは,それなりの時間が発生します。今回は,機能実装・修正→確認のサイクルを効率良く回すためのモバイルエミュレータ「Ripple Emulator」をご紹介します。

Ripple Emulatorとは

Ripple Emulatorは,Google Chromeベースのモバイルエミュレータです。各モバイルの画面サイズや,GPS,コンパス,モーションセンサを再現し,モバイルアプリの動作テストを行うことができます。

通常PhoneGapアプリを開発する場合,devicereadyイベントが発火した後でネイティブの機能を呼び出すことになります。このdevicereadyイベントはPhoneGap(Cordova)特有のイベントであり,一般的なWebブラウザではサポートされていません。

Ripple Emulatorではdevicereadyイベントがサポートされています。PhoneGapアプリをRipple Emulatorで開くだけで,特別な設定をすることなく,PhoneGapアプリの動作確認が可能になります。

Ripple Emulator

Ripple Emulator

RippleはChromeの拡張としてインストールします。Chrome ウェブストアよりインストールを行います。

対応しているCordova APIは次のとおりですDeveloping on the PhoneGap platform with Rippleより引用)⁠

Accelerometer(モーションセンサ)

種類名前内容
メソッドgetCurrentAcceleration現在のX/Y/Z軸の傾きを取得
メソッドwatchAcceleration継続的にX/Y/Z軸の加速度を取得
メソッドclearWatchwatchAccelerationで指定した加速度情報の監視を中止

Compass(コンパス)

種類名前内容
メソッドgetCurrentHeading現在のコンパスの向きを取得
メソッドwatchHeading継続的にコンパスの向きを取得
メソッドclearWatchwatchHeadingで指定したコンパス向きの監視を中止

Contacts(連絡先)

種類名前内容
メソッドcreate連絡先を作成
メソッドfind連絡先を検索
オブジェクトContact連絡先のオブジェクト
オブジェクトContactName連絡先の氏名に関するオブジェクト
オブジェクトContactField連絡先の汎用項目に関するオブジェクト
オブジェクトContactAddress連絡先の住所に関するオブジェクト
オブジェクトContactOrganization連絡先の所属に関するオブジェクト
オブジェクトContactFindOptions連絡先の検索時に使用するオプションをまとめたオブジェクト
オブジェクトContactError連絡先データベースの操作時に発生したエラーをまとめたオブジェクト

Device(デバイス)

種類名前内容
プロパティdevice.nameデバイスモデル名
プロパティdevice.phonegapPhoneGapのバージョン
プロパティdevice.platformデバイスのOS名
プロパティdevice.uuidUniversally unique identifier(UUID)
プロパティdevice.versionOSのバージョン

Events(イベントハンドラ)

種類名前内容
イベントdevicereadyPhoneGapライブラリのロードが完了し,Cordova APIの機能にアクセスできるようになったタイミングで発火

Geolocation(GPS)

種類名前内容
メソッドgetCurrentPosition現在の位置を取得
メソッドwatchPosition継続的に現在の位置を取得
メソッドclearWatchwatchPositionで指定した位置の監視を中止

Network(ネットワーク)

種類名前内容
プロパティisReachable指定したホスト名に対して,接続が可能かどうかを確認(PhoneGap 0.9.1まで。PhoneGap最新版ではこの機能はサポートされていません)

Notification(通知)

種類名前内容
メソッドalertアラート表示。執筆時点で,ダイアログのタイトルとボタンラベルの変更は不可
メソッドbeepビープを使った通知
メソッドvibrateバイブレーションを使った通知

執筆時の最新バージョンは,9月25日(米国時間)に公開された 0.9.9 です。現在はβ版として提供されています。本稿では,このRipple Emulatorの使い方をご紹介します。

ここでの動作環境は次のとおりです。

  • OS: Mac OS X 10.8.2(Mountain Lion)
  • Google Chrome: 22.0.1229.79
  • PhoneGap: 2.1.0

著者プロフィール

富田宏昭(とみだひろあき)

株式会社キクミミでFileMaker/SQLiteを使ったWebアプリ開発に従事しながら,オープンソースソフトウェアのハウツー記事執筆を行う。趣味は横乗り系スポーツ,美術館めぐり,高速ジャンクション鑑賞。

コメント

コメントの記入