連載

Piece Frameworkによるブログアプリケーションの作成

 

  • 第10回 アプリケーションコンポーネントの統合
    • アプリケーションコンポーネントの統合
    • おわりに

    2007年11月22日

  • 第9回 データベース設計とデータアクセスコードの実装(2)
    • データアクセスコード配置先の検討とフローの変更-エントリー一覧フロー
    • データアクセスコードの実装-エントリー一覧フロー
    • データアクセスコード配置先の検討とフローの変更-エントリー編集フロー
    • データアクセスコードの実装:エントリーの検索-エントリー編集フロー
    • データアクセスコードの実装:エントリーの更新-エントリー編集フロー
    • データアクセスコードの実装:エントリーの削除-エントリー編集フロー
    • おわりに

    2007年11月8日

  • 第8回 データベース設計とデータアクセスコードの実装(1)
    • データベース設計とテーブル定義
    • データベース及びユーザの作成
    • テーブルの作成
    • PieceORMコンポーネントとMDB2_Driver_pgsqlのインストール
    • PieceORMコンポーネントの設定
    • データアクセスコード配置先の検討とフローの変更-新規エントリー入力フロー
    • データアクセスコードの実装─新規エントリー入力フロー
    • おわりに

    2007年10月19日

  • 第7回 画面設計とバリデーション定義(2)
    • 表示項目の検討とアプリケーションへの反映-エントリー一覧画面
    • モックオブジェクトの作成-エントリー一覧フロー
    • 表示項目の検討とアプリケーションへの反映-エントリー参照画面
    • 入力項目の検討とアプリケーションへの反映-エントリー編集画面
    • 表示項目の検討とアプリケーションへの反映-エントリー編集確認画面
    • 表示項目の検討とアプリケーションへの反映-エントリー削除確認画面
    • おわりに

    2007年10月12日

  • 第6回 画面設計とバリデーション定義(1)
    • Piece_Unity_Component_Flexy 1.0.0から1.1.0へのアップグレード
    • 入力項目の検討とHTMLテンプレートの変更-新規エントリー入力画面
    • イベントハンドラの設定-新規エントリー入力画面
    • アクションクラスの作成-新規エントリー入力フロー
    • 表示項目の検討とHTMLテンプレートの変更-新規エントリー入力確認画面
    • バリデーション定義による入力値の保存
    • バリデーション結果によるページフローの分岐
    • おわりに

    2007年9月20日

  • 第5回 画面遷移設計とフロー定義(2)
    • Piece_Unity 1.0.0から1.1.0へのアップグレード
    • フロー定義ファイルの作成-エントリー一覧フロー
    • エントリポイントの作成-エントリー一覧フロー
    • Piece_Unity設定ファイルへのフロー定義の追加-エントリー一覧フロー
    • 新規エントリー入力フロー
    • エントリー編集フロー
    • おわりに

    2007年9月6日

  • 第4回 画面遷移設計とフロー定義(1)
    • 画面遷移設計から着手する
    • 画面遷移の設計
    • フロー定義ファイルとフローの粒度
    • 画面遷移図からフロー定義ファイルへの変換
    • おわりに

    2007年8月23日

  • 第3回 Piece Frameworkのインストールと動作確認
    • 事前準備
    • Piece Frameworkのインストール
    • プロジェクトディレクトリの作成
    • サンプルアプリケーションの動作確認
    • おわりに

    2007年8月9日

  • 第2回 Piece Frameworkの概要
    • Piece Frameworkのプロダクト一覧
    • Piece_Unity
    • Piece_ORM
    • Piece_Right
    • Piece_Flow
    • Stagehand_FSM
    • Stagehand_TestRunner
    • YAML Editor
    • おわりに

    2007年7月26日

  • 第1回 フレームワークとは?
    • フレームワークの定義
    • 3つの再利用のレベルとフレームワーク
    • Webアプリケーションフレームワークとは?
    • フレームワーク使用のメリット
    • フレームワーク使用のデメリット
    • フレームワーク病とは?
    • フレームワーク病の予防
    • おわりに

    2007年7月12日

 

著者プロフィール

久保敦啓(くぼあつひろ)

Piece Frameworkのアーキテクト及びプログラマー。PEARのNet_UserAgent_Mobileの開発者でもある。今春に株式会社アイテマンを設立。

URLhttp://iteman.typepad.jp/