開発のボトルネックはどこだ?―迷えるマネージャのためのプロジェクト管理ツール再入門

第7回 SUUMOスマホサイトの開発裏話② プロジェクト管理にアトラシアン製品を活用

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

不動産情報や住宅情報を簡単に検索できるサービスである「SUUMO」の開発に携わるのが,リクルート住まいカンパニーの吉田拓真氏と山下芳生氏写真です。前回に引き続き,お2人に同社におけるアジャイル開発の取り組み,そしてアトラシアン製品の利用方法などについてお話を聞きました。

写真1 山下芳生氏(左)と吉田拓真氏(右)

写真1 山下芳生氏(左)と吉田拓真氏(右)

スクラム開発への取り組みで得られた大きな効果

─⁠─実際にスクラムに取り組んだことで,どういった改善効果があったのでしょうか。

吉田氏:大きかったのは,コミュニケーションの質が向上したことです。メンバー同士を近距離に配置することで,基本的なコミュニケーションがとりやすくなっただけでなく,コラボレーションが生まれたことも大きな変化です。たとえば開発を進めているとき,デザイナー側から⁠これはこうしたほうがいい⁠といった形で意見が出てくるようになりました。このようにスクラムを導入することで,これまでの開発よりも,より活発なコミュニケーションが生まれました。また,短いサイクルでリリースが行われフィードバックも都度得られるため,不確実性が高い案件においてもチャレンジしやくすなったという効果もありました。

─⁠─SUUMOスマホサイトでは,すべてのプロジェクトでスクラム開発を採り入れているのでしょうか。

吉田氏:プロジェクトの内容に応じてウォーターフォールとスクラムを使い分けています。実際にスクラムを検証したとき,ウォーターフォールの案件すべてに適用できるような⁠銀の弾丸⁠的な開発手法ではないことがわかったからです。先ほどお話したように,コミュニケーションやコラボレーションの面ではスクラムにメリットがありますが,課題と解決策が明確な案件に関しては,今までの手法でやったほうが安定して進められることも見えてきました。それで,プロジェクトの性質に応じて,ウォーターフォールとスクラムを使い分けることにしたのです。

─⁠─具体的に,どのようにウォーターフォールとスクラムを使い分けているのでしょうか。

吉田氏:課題や顧客ターゲットが明確で,不確実性が低いものについてはウォーターフォールで開発します。逆に不確実性が高いもの,あるいはリファクタリングや環境整備といったプロダクトの改善を目的とするものはスクラムで開発します図1)⁠

図1 案件種別による開発手法の使い分け。不確実性が大きいものはアジャイル(スクラム)⁠小さいものはウォーターフォールと使い分けている

図1 案件種別による開発手法の使い分け。不確実性が大きいものはアジャイル(スクラム),小さいものはウォーターフォールと使い分けている

山下氏:それともう1つ工夫があって,異なる開発プロセスを同時に効率的に推進できるように,開発基盤の整備やアーキテクチャ・品質担保を「アーキ・基盤整備チーム」が行っています。

JIRAのワークフローを積極的に活用

─⁠─課題管理にJIRAを使われているとのことですが,実際に便利だと感じるのはどういった点でしょうか。

吉田氏:以前は課題管理にExcelや複数のツールを使っていて統一されていませんでしたが,今はJIRAで統一でき,打ち合わせはJIRAの画面を見ながら行っています。複数条件での絞り込みなど,強力なフィルタリング機能があり,ある協力会社に対応していただいている課題だけを絞り込んで表示できるなど,非常に使い勝手がいいですね。

山下氏:スクラム開発では,JIRA Agileを使っています。カンバンで進捗状況を把握したり,それぞれのスプリントにおけるプロダクトバックログの管理といった部分です。ワークフローも活用しています。便利なのは,開発プロセスごとにワークフローを変えられるところです。ウォーターフォールで使うのは,原則となるV字モデルのワークフローですが,スクラム開発では独自のワークフローを構築し,個別に最適化を行っています。

ウォーターフォールにおいては,チケットの入力項目をカスタマイズしてウォーターフォール特有の項目を追加しました図2)⁠たとえば見積りや実績工数をチケットに入力できるようになっていて,独自のツールを使って予実管理を行っています。

図2 ウォーターフォール開発における課題の項目。独自に項目を追加し,予実管理を行えるようにした。JIRAであれば,このようなカスタマイズを自由に行える

図2 ウォーターフォール開発における課題の項目。独自に項目を追加し,予実管理を行えるようにした。JIRAであれば,このようなカスタマイズを自由に行える 図2 ウォーターフォール開発における課題の項目。独自に項目を追加し,予実管理を行えるようにした。JIRAであれば,このようなカスタマイズを自由に行える

吉田氏:スクラム開発では,ワークフローのトランジション部分を工夫しました図3)⁠たとえば「IN PROGRESS」から「IN REVIEW」になるタイミングはTrigger機能を利用し,StashでPull-Requestした時点で自動的にステータスを変えるようにしています。さらに最近では,⁠WATING FOR UAT」になるとQAチームに自動でアサインするように設定しています。

こうすることで,手作業を最小限にし,開発やテストといったクリエイティブな作業により多くの時間を割けるようになっています。

図3 スクラムで開発を行う際のワークフロー。項目自体はウォーターフォールのものと大きな違いはないが,トランジションの設定に工夫が盛り込まれている

図3 スクラムで開発を行う際のワークフロー。項目自体はウォーターフォールのものと大きな違いはないが,トランジションの設定に工夫が盛り込まれている

コメント

コメントの記入