PyCon JP 2015の作り方

第3回 プログラムチーム編:テーマ,プログラム,新企画等

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

こんにちは。メディアチームの芝田です。

PyCon JP 2015では,現在4つのチームに分かれて様々な準備を行っています。この連載では,各チームがどのようにPyCon JP 2015を作っていっているのかを,それぞれの目線で紹介しています。

第3回目は,プログラムチームについてご紹介します。

プログラムチームの役割

PyCon JP 2015プログラムチームの関根です。

はじめにプログラムチームの役割や担当する内容について紹介します。プログラムチームでは,おもにカンファレンスで開催される企画の内容を考えたり,各企画を実施するための準備を行っています。具体的にはキーノートスピーチ,トークセッション,LT,チュートリアル,開発スプリントやその他新企画などを担当しています。チームメンバーは学生から社会人まで年齢も幅広く,総勢10名位の人数で活動を行っています。

プログラムチームは,カンファレンスのイベントを考える重要な役割を担当しています。できるだけ多くの参加者の方に楽しんで頂けるように,次のような目標を掲げ日々活動しています。

  • Pythonの普及と教育に貢献できる
  • 新しい発見や学びが得られる
  • 参加者同士が交流できる
  • コミュニティを知る,参加する,立ち上げるきっかけになる
  • 聞くだけではなく参加しているという感覚

PyCon JPは実に様々なバックグランドを持っている方が参加する,国際的なカンファレンスです。参加者の方には,ただセッションを聞くだけではなく,参加しているという感覚を体験して欲しいと思い,日々奮闘して準備をしています。今年もたくさんの企画を用意していますので,どうぞ楽しみにお待ちください!

2015年のテーマについて

まずはPyCon JPのテーマについてご紹介します。

PyCon JPでは毎年カンファレンスにテーマを掲げています。今年のPyCon JPのテーマは「Possibilities of Python」です。プログラムチームではイベントや企画を考えるとき,またトークセッションの選定などの際にテーマを中心として考えるようにしています。テーマがはっきりしているため,メンバーが同じ方向を向いてそれぞれの役割を進めることができます。

昨年までは次のようなテーマを掲げていました。こうして並べてみるとテーマにも色々あることがわかります。少しユーモアのあるテーマから,真面目なテーマまであり,その年のPyCon JPを表現しているような気がします。

PyCon JP のテーマ一覧

開催年 PyCon JPのテーマ
2011 出会い系Python/Python meet up
2012 つながるPython/Python Connect
2013 The Year of Python
2014 Pythonで再発見/Rediscover with Python

テーマの決め方

プログラムチームでは一番最初の仕事として,その年のテーマを決定します。今年は1月から実際の活動を始めて2月前半にテーマを決定しました。テーマの決定は次のような手順で行いました。

  • PyCon JP 2015のコンセプト,テーマの募集(PyCon JPスタッフ)
  • 募集したコンセプト,テーマを元に打ち合わせ(プログラムチーム)
  • テーマの決定(プログラムチーム)

まずは幅広くアイデアを募集する必要があると考え,全スタッフから今年のPyCon JPのコンセプトや,テーマの募集を行いました。募集に関してはGoogleDocsにてシートを用意して,そこに自由に記述していく方式を採りました。まずはどんなアイデアでも良いので書いてもらい,量を集めることを意識しました。

次に募集したコンセプトとテーマの内容を整理する作業を行いました。まずはコンセプトのグルーピング化を行い,似たようなコンセプトをまとめました。次にどのコンセプトが良いかチームメンバーによる投票を行いました。その結果,今年のコンセプトとして「将来や未来につながるような方向で行きたい」と決定しました。

コンセプトが決定したので,その内容を元にチームメンバーで話し合いを行いました。未来や将来につながるようなキーワードが良いと何度も何度も議論を重ね,最終的に今年のテーマである「Possibilities of Python」に決定しました。⁠Possibilities of Python」には次のような思いが込められています。

  • 可能性という言葉は色々拡げられる
  • 昨年の言葉と同じく汎用的に使用できる
  • 昨年のRediscover with Pythonから次のステップへ行くイメージ
  • 参加者,スタッフ,スピーカーなど色々な人々の状況に合わせて使える
  • PyConに関わる人みんなに可能性がある
  • ポジティブなイメージ
  • プログラムを募集する時,企画を考える時にアイデアが出しやすい
  • コンセプトとして選んだステップや将来の意味も含められる
  • Pythonを使用すると色々な可能性があるというイメージを膨らませられる

PyCon JP 2015ロゴ

PyCon JP 2015ロゴ

前述のように今年のテーマは「Possibilities of Python」です。プログラムチーム一丸となって様々な企画の準備を進めています。ぜひカンファレンスに参加して,Pythonの可能性を探求しましょう!

著者プロフィール

関根裕紀(せきねひろのり)

複数のスタートアップにて,さまざまなWebアプリケーション開発に携わったあと,アライドアーキテクツ(株)に入社。業務では主にWebサービスの開発全般を担当している。5,6年ほど前にPythonを使用して以来,Pythonが好き。PyCon JP 2015 副座長(プログラム),また月に一度の勉強会である「Pythonもくもく会」を主催している。

Twitter:@checkpoint


齋藤大輔(さいとうだいすけ)

早稲田大学基幹理工学研究科博士後期課程に在籍。専門はソフトウェア工学,ソフトウェア開発教育。好きなゲームはMinecraft。

趣味でPythonを使用してゲームなどを開発している。PythonのライブラリやフレームワークはKivy,Ren'Py,Bottle,などが大好きである。

PyCon JP 2015(プログラム)ではキーノートと子ども向けワークショップを担当している。


的場達矢(まとばたつや)

大学・大学院にて情報工学を専攻し,現在はSIerにてSEとして勤務。業務では主に基幹系システムの運用保守を担当。

学生時代にPythonと出会い、Pythonの設計思想に惚れる。大学院時代にはPythonのnumpyやscipy,matplotlibを利用して音声信号処理や統計分析,機械学習を経験。卒業後は趣味でDjangoなどを利用して遊んでいる。

PyCon JP 2015では子ども向けワークショップを担当している。


芝田将(しばたまさし)

明石高専の学生でBeProudアルバイト,Pythonの勉強会akashi.pyを主催。PyCon JP 2015ではメディアチームに在籍。

Pythonが好きで趣味やアルバイトではDjangoを使ってWebアプリを書きつつ,研究ではpandasを利用。

PyCon APAC/Taiwan 2015に参加して,PyCon JPの宣伝をしてきましたが,僕自身はPyCon JPへの参加経験はなく,かなり楽しみにしています。

Twitter:@c_bata_

Facebook:芝田将

コメント

コメントの記入