進化するQt-Qt最新事情2009

第4回 Qt Designerの最新機能

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

はじめに

Qtに付属するGUIツールの内で,DesignerとLinguistがQt 4.5で大きく変更されています。

Qt 4.5: What's New in Qt 4.5
URL:http://doc.trolltech.com/4.5/qt4-5-intro.html#qt-designer-improvements
Qt 4.5: What's New in Qt Designer 4.5
URL:http://doc.trolltech.com/4.5/designer-whats-new.html

上記のページに書かれている内容を元に,補足をしながらQt Designerの新機能と変更内容を説明します。

オブジェクトインスペクタ

図1はQt 4.5のオブジェクトインスペクタで,図2はQt 4.4までのオブジェクトインスペクタです。共にデザイナフォームのMainWidgetのオブジェクトツリー図3を表示したところです。

図1 Qt 4.5のオブジェクトインスペクタ

図1 Qt 4.5のオブジェクトインスペクタ

図2 Qt 4.4までのオブジェクトインスペクタ

図2 Qt 4.4までのオブジェクトインスペクタ

図3 デザイナフォームの表示

図3 デザイナフォームの表示

以下,主な変更点について見てみましょう。

レイアウトアイコン表示

クラス名の横にクラスアイコンが表示され,コンテナのオブジェクト名の横に,レイアウトアイコンが表示されるようなりました。どのようなレイアウトやクラスがあるかが把握しやすくなっています。

コンテナにレイアウトが付いていなければ,禁止マークが付いたレイアウトアイコンが表示されるので,レイアウトの付け忘れを防げます。とくに,トップレベルレイアウトの有無がはっきりわかるようになったので,初めてレイアウトを使う場合に,理解しやすくなるでしょう。以前のバージョンでの表示内容(図2)からは,トップレベルレイアウトが必要なことがまったくわからず,初めてだと理解し難いものでした。

※) 図1で禁止マークが付いたレイアウトアイコンがありますが,これらはQWidget の格上げで,レイアウトの付け忘れではありません。

オブジェクト検索

Control-F(Macの場合はCommand-F)を押すと,図4のように検索ボックスが表示され,文字列を入力するとオブジェクト名が検索されるようになりました。Qt Designerを使うときに大事なのは,オブジェクト名がクラス名やインスタンスを抱える変数名になるので,オブジェクト名をはっきり区別がつく名前にすることです。しっかり名前を付けておけば,大きなフォームの編集の際に検索機能が役に立つでしょう。

図4 検索ボックスを表示させる

図4 検索ボックスを表示させる

著者プロフィール

杉田研治(すぎたけんじ)

1955年生まれ。東京都出身。株式会社SRAに勤務。プログラマ。

仕事のほとんどをMac OS XとKubuntu KDE 4でQtと供に過ごす。

コメント

コメントの記入