Redmineを運用するためのイロハを身につけよう

第1回 新機能の紹介と最新版が利用できるまで

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

はじめに

Redmineは,Ruby on Railsで実装された,最近注目を集めているプロジェクト管理ツールです。

オープンソースソフトウェアのため,使用する際のソフトウェア費用はかからず,無償で利用すること可能です。なお,ライセンスはGPL(GNU General Public License)となっています。

主な機能は,バグトラッキング,ガントチャートや工数集計といったプロジェクト進捗管理,Wikiやニュースによる情報共有,バージョン管理システムであるSubversionとの連携など,非常に多機能なツールです。

本連載では,Redmineをプロジェクト内で開発環境等に導入し,実際に手を動かしてメンテナンスを実施するような運用担当者を想定し,最新バージョン(0.6.3)までに追加された新機能や運用管理機能の紹介から,インストール/バージョンアップ方法やカスタマイズ,軽量WebサーバやJavaプラットホームでの動かし方まで,実際に運用する上で役立つ情報をお伝えしていきます。

Redmineの基本的な使い方については,gihyo.jpで以前連載されていたRuby on Railsで作られたプロジェクト管理ツールredMineを使ってみよう!で取り上げられているため,ここでは紹介を割愛します。

第1回は,以前の連載で使用されていたバージョン0.5.1以降に追加された新機能のサマリを紹介した上で,Redmineのインストール手順と,バージョン0.5.1から最新バージョン(0.6.3)へのアップデート手順をご紹介します。

新たに追加された機能

redMineのバージョン0.5.1までの機能については以前の連載で紹介されているので,それ以降に追加,拡張された代表的な機能についてご紹介します。

バージョン0.5.1で運用されている方で,新しく追加された機能を使用する場合は,バージョンアップされることをお奨めします。

「問題」の登録変更がより簡単に
「問題」を一括編集する機能やコピーする機能が追加され,「問題」の登録・変更がより簡単になりました。また,Redmineは1つのサイトで複数のプロジェクトを管理することが可能ですが,その機能がさらに強化され,他プロジェクトの「問題」と連携させることもできるようになり,親プロジェクトと子プロジェクト間で「問題」の連携も可能となりました。
経過時間の管理
「問題」毎に経過時間を入力しておくことで,バージョンやカテゴリ毎に作業合計時間を把握できるようになったため,個人およびプロジェクトレベルで予実管理ができるようになりました。
ユーザインタフェースがリッチに
問題一覧画面がAjax化されたことにより,「問題」上で右クリックすることで,ステータスや担当者の変更が可能になりました。さらに「問題」の編集時にプレビューを表示できるようになり,使い勝手が向上しています。
「トラッカー」がプロジェクト単位で選択可能に
今までは,全プロジェクトで「トラッカー」項目は共通となっており,プロジェクトの要望を受け付けたRedmine管理者が新規に「トラッカー」を登録すると,全プロジェクトに反映されていましたが,必要な「トラッカー」だけをプロジェクト単位で選択することができるようになりました。
他タスク管理ツールからのデータ移行機能
Redmine以外にもオープンソースソフトウェアでWEBベースのタスク管理ツールはいくつかあります。その中でもPythonで実装されているTracや,PHPで実装されているMantisについては,Redmineへのデータ移行ツールがオプションで提供されています。各タスク管理ツールによって移行可能なデータには限りがありますが,簡単に主要なデータをRedmineに移行することが可能となりました。
モジュールカスタマイズ機能
利用するモジュール(ニュースやwiki,フォーラムなど)をプロジェクト単位で選択可能となりました。
対応バージョン管理ツールの追加
Pythonで実装されているバージョン管理ツールであるBazaarにも対応しました。

Linux上にRedmineを環境構築する

以前の連載では,Windowsマシンでの構築手順が紹介されていましたので,今回はLinux環境での構築手順を解説していきます※2)。

Linuxにも様々なディストリビューションが存在しますが,最近注目度の高いUbuntu Linuxでのインストール方法を紹介します。

※2)
既に運用されている方は,こちらを読み飛ばして,次のページのRedmineのバージョンアップからお読みください。

まずは,オープンソースソフトウェアのRDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)であるMySQLとRubyおよびMySQLと接続するためのライブラリをaptを使ってインストールします※3)。

# apt-get install mysql-server ruby libmysql-ruby
※3
インストール途中にMySQLのrootユーザのパスワードを設定する必要があります。

Rubyのパッケージ管理システムであるrubygemsをインストールします。

# apt-get install rubygems

続いて,rakeをインストールします。RedMineのバージョン0.6.3にはrails 1.2.6が含まれているので,railsのインストールは必須ではありませんが,マイグレートするためにはrakeコマンドが必要なので,こちらはインストールしておきます。

# gem install rake

gemでインストールしたパッケージを確認するためには以下のコマンドを入力します。

# gem list

このままでは,rakeコマンドへのPATHが通っておらず,コマンドを実行する際に絶対パスを毎回指定する必要があります。そのため,ログイン時にロードされる.bashrcを編集します。

# vi ~/.bashrc

以下の内容を最下部に追記します。

PATH="$PATH":/var/lib/gems/1.8/bin

設定を反映させるために,以下のコマンドを入力します。

# source ~/.bashrc

次にRedmineをインストールします。Redmineを初めてインストールされる場合の導入方法については,以前の連載のredMineのインストール・初期設定で解説されている方法と同様なので,解説は割愛させていただきます。

著者プロフィール

安達輝雄(あだちてるお)

TIS株式会社勤務。入社してすぐにRuby on Railsと出会う。現在はJRubyやXenなどOSSを中心に調査・検証をおこなっている。

ブログ:http://d.hatena.ne.jp/interu/


並河祐貴(なみかわゆうき)

TIS株式会社 基盤技術センター所属。オブジェクト指向開発,開発環境・ツール整備に従事した後,近年はRuby on Railsを中心としたオープンソース系ミドルウェアの検証/導入や,Xenなどのサーバ仮想化技術をターゲットに取り組んでいる。

ブログ:http://d.hatena.ne.jp/rx7/

コメント

コメントの記入