Ruby on Railsで作られたプロジェクト管理ツールredMineを使ってみよう!

第3回 redMineを使ったプロジェクト管理(その1)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

ガントチャート

サイドメニューのガントチャートをクリックすると,登録した「問題」がガントチャートになって表示されています。

ガントチャートには,⁠問題」「バージョン」が表示されます。⁠問題」の着手日,⁠バージョン」の日付でソートされ,上から順に日付が若いものから並びます。

縦に伸びている赤い線が「本日」を示す線になります。この線と,「問題」の進捗度を見比べて,全体としての進捗具合を見ることができます。

ガントチャートで進捗具合を把握

ガントチャートで進捗具合を把握

表示されている項目が多くて見にくい場合は,ガントチャート上の「オプション」をクリックして,表示される「問題」の種類を選択しましょう。

ロードマップ

サイドメニューのロードマップをクリックすると,各バージョン毎に紐付けられた「問題」の消化具合が分かります。

ロードマップで進捗具合を把握

ロードマップで進捗具合を把握

デフォルトの設定では,⁠機能」しかバージョンに紐付けられて表示されない設定になっています。これを変更したいときは,トップメニューの「管理」⁠⁠問題トラッキング」⁠⁠トラッカー」を選択します。これにより,トラッカー(⁠問題」の種類)の一覧が表示されます。

トラッカーの一覧画面

トラッカーの一覧画面

一覧から,マイルストン画面に表示したいトラッカーをクリックします。下記のような編集画面が表示されるので,⁠ロードマップに表示されている問題」のチェックボックスをONにしましょう。

トラッカーの名称や「変更記録」⁠ロードマップ」への表示/非表示を編集

トラッカーの名称や「変更記録」「ロードマップ」への表示/非表示を編集

また,このトラッカーの一覧画面から,デフォルトのトラッカーの名称を変更したり,新しいトラッカーを追加したりできるので,使いやすいようにカスタマイズしましょう。

ただし,ここでの設定はredMine全体の設定となるので,複数のプロジェクトを管理している場合は注意が必要です。

カレンダー

サイドバーの「カレンダー」をクリックすると,登録した「問題」の着手予定日と終了予定日をカレンダー上に表示して見ることができます。

ガントチャートと機能が重複している面がありますが,カレンダーによる表示は,ある特定の日に「何が始まって」⁠何が終わるのか」を把握するのに適しています。

カレンダーで作業の開始/終了を把握

カレンダーで作業の開始/終了を把握


今回は,ユーザの登録から,プロジェクトの登録・設定,⁠問題」の登録とスケジュール/進捗を表示する3つのビュー(ガントチャート/ロードマップ/カレンダー)について解説しました。

次回は,登録した「問題」の進捗状況の変更(進捗率の編集/⁠問題」のクローズなど)やマイページ,wikiについて解説します。

著者プロフィール

栗栖義臣(くりすよしおみ)

TIS株式会社 主任。鹿児島県出身。大阪大学大学院工学研究科にて原子力工学を専攻。卒業後,TISで主にJavaの開発案件に携わる。 SUN × Recruit主催のmash up award 2ndにて「サグール賞」「きざし賞」「特別賞」を受賞(asso-ball.networdarium.net)。iGoogleガジェットコンテストで「特別賞」を受賞(U.T.)。ブログは「でぃべろっぱーず・さいど」。

URLhttp://dev.chrisryu.com/