Ruby on Railsで作られたプロジェクト管理ツールredMineを使ってみよう!

第4回 redMineを使ったプロジェクト管理(その2)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

SVNとの連携

プログラミングを伴う作業の場合,各リポジトリへのコミットメッセージに,ある文言を付け加えることで,自動的に「問題」のステータスを変更することができます。

トップメニューの「管理⁠⁠→⁠設定」で表示される画面の下部にある「参照用キーワード」⁠修正用キーワード」がそれです。

コミットメッセージとの連携設定

コミットメッセージとの連携設定

参照用キーワードは,例えば, refs 5 のようにコミットメッセージを入力することで,redMine のリポジトリブラウザ上で該当するコミットのバージョンから各問題へのリンクが張られます。

これにより,ソースをコミットしたとき,その変更情報がどの問題に紐付いているのかを管理することができます。

サイドメニューの「リポジトリ」からコミット情報を見ると「関連する問題」として表示される

サイドメニューの「リポジトリ」からコミット情報を見ると「関連する問題」として表示される

また,修正用キーワードに指定されているメッセージと問題IDを組み合わせることで,コミットした際に問題を「適用されたステータス」のステータスに変更することができます。

これを「終了」にしておくと,コミットメッセージに fixes 5 と入力してソースをコミットすれば,#5の「問題」のステータスを「終了」にすることができます。

redMineの画面をいちいち開くことなく,⁠問題」のクローズができるので,開発者に取っては嬉しい機能です。

wiki・文書・ニュース

redMine 上にドキュメントを残すには,wiki,文書,ニュースの3通りの方法があります。記法はすべて同じですが,動作が微妙に違います。

wikiは,差分の履歴を残せるのが特徴です。また,編集時にコメントを残すことで,履歴のページを確認したとき,その編集内容が何のために行われたかを管理することができます。

また,作成したページの一覧は,コンテンツエリア右上の「索引」から表示することができます。

wikiの編集画面

wikiの編集画面

wikiの索引画面

wikiの索引画面

履歴画面で差分とコメントを確認

履歴画面で差分とコメントを確認

著者プロフィール

栗栖義臣(くりすよしおみ)

TIS株式会社 主任。鹿児島県出身。大阪大学大学院工学研究科にて原子力工学を専攻。卒業後,TISで主にJavaの開発案件に携わる。 SUN × Recruit主催のmash up award 2ndにて「サグール賞」「きざし賞」「特別賞」を受賞(asso-ball.networdarium.net)。iGoogleガジェットコンテストで「特別賞」を受賞(U.T.)。ブログは「でぃべろっぱーず・さいど」。

URLhttp://dev.chrisryu.com/