Romo×iPhoneで楽しむロボット体験

第1回 Romoがやってきた!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

はじめに

さまざまな技術が発展している昨今ですが,最近ではロボット関連のニュースも増えて来ており,いよいよ私たちが小さいころ夢見たロボットが実現するのも,そう遠くは感じない雰囲気になってきました。

今回ご紹介するエデュケーショナルロボットRomo(ロモ)も,そんな世界に近づくロボットの1つです。

Romoは米国のロモティブ社がKickstarter(クラウドファンディングサービス)で資金調達プロジェクトに成功し,開発したスマートフォンロボットです。iPhone / iPod touch と接続し,iOSアプリで動作します。エデュケーショナルロボットとして,子どもから楽しめるプログラミング学習や,オンラインビデオ通話機能などさまざまなコンテンツも用意されています。

まずはYouTubeに上げられている紹介ムービーを見てみるとわかりやすいと思います。

"ROMO: Your Robot Friend"

そのままでも十分楽しめるRomoなのですが,SDK(開発環境)が公開されており,iOS開発者であれば誰でも自由にRomoのデバイスを使って,オリジナルのロボットをつくることができます。

今までロボットづくりと言うと,デバイスの開発から独自に制御処理のプログラムを書き……と,かなりの労力を必要としたのですが,Romoであればデバイスのことをとくに考えず気軽にiPhoneアプリを開発するのと同じ感覚で制作をすることができます。

なおRomoは,ロボット掃除機ルンバの日本正規総代理店でもあるセールス・オンデマンド株式会社より7月24日に発売されます(現在,Romo公式サイトにて予約受付中)。 もしかしたら,Romo からルンバに次ぐ家電ロボが生まれるかもしれないですね。

本連載では,発売に先駆けて全3回でSDKの紹介と,Romoの可能性について,皆さんにお伝えしようと思います。まず,第1回目は全体の概要についてお知らせいたします。

Romoについて

SDKの解説に進む前にRomoについて,もう少し詳しく説明します。公式サイトでは,次のように紹介されています。

Romo(ロモ)はiPhoneなどで動く「体感型のエデュケーショナルロボット」で,誰でも動かすことが可能です。iPhoneアプリが頭脳の役割になり,様々な感情や動きを表現することができます。楽しみながら子どもの論理的思考や想像力,思考力を育むことができ,遊びや学びの幅がさらにひろがる可能性を秘めています。

画像

iTunes Storeより無料でダウンロードできるRomo公式アプリRomoでは,簡単なUIで動作をプログラムして課題をクリアして行くゲームや,顔の検知,色のついたものの追いかけっこ(たとえば赤いボールを認識させると,赤いボールに向かってRomoを追いかけさせることができます)などのコンテンツを楽しむことができます。

Romoの公式アプリ

Romoの公式アプリ

もう1つのRomo公式アプリRomo Controlでは,Romoと直接接続したiPhoneとは別に,もう1台のiOS端末にインストールすることで,Romoを自由にコントロールしたり,Romoを通じて家族や友達とビデオ通話をすることができます。

Romo ControlでRomoをコントロール

Romo ControlでRomoをコントロール

すでに iTunes Store に日本語対応したアプリが公開されています。本体に接続しなくてもアプリを起動することができます。なんとなく雰囲気などが伝わるかと思います。

本体は,iPhone のコネクタに合わせて,iPod touch(第4世代)/ iPhone 4 / iPhone 4Sに対応しているROMO 3Bと,iPod touch(第5世代)/ iPhone 5 / iPhone 5Sに対応したROMO 3Lの2種類があります。手もとにある余った端末を有効活用すると良さそうです。なお,iPhone4 以前のデバイスでは Romo ビデオ通話を利用できないので注意が必要です。

ROMO 3B

ROMO 3B

ROMO 3L

ROMO 3L

著者プロフィール

瀬尾浩二郎(せおこうじろう)

セオ商事 エンジニア / クリエイティブディレクター

2001年慶應大学環境情報学部卒業。大手SIerを経て,2005 年に面白法人カヤック入社。Webやモバイルアプリの制作を主に,エンジニア,クリエイティブディレクターとして勤務。2014年4月よりセオ商事として独立。

グッドデザイン賞を始め,国内外の広告祭など受賞経験多数。技術書の執筆や,各種媒体への記事の寄稿なども行っています。

サイト:http://theodoor.jp
ブログ:http://theodoor.hateblo.jp/
Twitter ID:theodoorjp

コメント

コメントの記入