Ruby Freaks Lounge

第20回 Mitaka.rbの作り方

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

前回のおさらい

前回はRuby/Railsの地域コミュニティとは何か,日本各地のコミュニティ,⁠Seattle.rb」というロールモデル,様々な開催形態についてご紹介しました。

今回は地域コミュニティMitaka.rbがどのように開催されているか,主催者の立場からご説明します。あくまで一例に過ぎませんが,コミュニティへ参加したり,ご自分でコミュニティを立ち上げる参考になればと思います。

「Mitaka.rb」とは何か

Mitaka.rbは東京都三鷹市周辺で不定期に開催されているRuby/Railsの地域コミュニティです。参加者はRuby/Rails関係者,Webサービス関係者などです。

「たのしいRuby,おいしいMitaka」をコンセプトに三鷹市周辺の飲食店を会場に開催しており,懇親会の後にLT(Lightning Talks)をするのが通例です。参加人数は20~40人で武蔵野エリアを中心に東京全域から参加があります。今年の4月が初回で8月に第四回を迎えたばかりの比較的新しいコミュニティです。

「Mitaka.rb第三回」懇親会

「Mitaka.rb第三回」懇親会

Lightning Talksにおける発表

Lightning Talksにおける発表

Lightning Talksに聞き入る参加者

Lightning Talksに聞き入る参加者

Lightning Talks後の質疑応答

Lightning Talks後の質疑応答

コミュニティ立ち上げの経緯

筆者は2006年から当時恵比寿で開催されていたRails勉強会@東京に参加していました。その後2008年1月のRails勉強会@東京第26回を誘致して、三鷹で開催する機会をいただきました。三鷹開催はこの一回だけでしたが40人近い参加があり,物理的に都心でなくても開催可能という手ごたえを感じました。

「Rails勉強会@東京第26回」開催風景

「Rails勉強会@東京第26回」開催風景

一方で自社や三鷹市の第三セクター(株)まちづくり三鷹がRuby/Rails事業を開始するなど,⁠三鷹がRuby/Railsに力を入れているらしい」という話が認知されつつある中で,現場のエンジニアの交流・発信も必要だという思いもありました。

「Rails勉強会@東京」のように本格開催するのは大変です。まずは単発イベントを行ってどのくらい地域コミュニティのニーズがあるのか聞いてみよう,というのが2009年4月開催のMitaka.rb設立総会※1でした。⁠Mitaka.rb設立総会」というイベント名はジョークであって,実態はただの飲み会でしたが,以降「次はいつやりますか?」と言っていただけたことから「Mitaka.rb」として継続開催されるようになりました。

※1
ちなみに三鷹プログラマーズカフェ「Mitaka.rb設立総会」に参加した「(株)まちづくり三鷹」の方から「これだけ勉強会ニーズがあるなら三鷹産業プラザで場所を提供しましょうか?」と言っていただいた所から始まっています。

次に,具体的な各回の開催準備についてご説明します。

著者プロフィール

榊祐介(さかきゆうすけ)

アプリケーションプラス株式会社所属。「おいしいRuby」がテーマなMitaka.rb主催者。三鷹プログラマーズカフェ運営。10年ほどWEBアプリケーションの開発に携わる。Railsは2006年から使用している。

URLhttp://d.hatena.ne.jp/onering/
Twitter:http://twitter.com/ysakaki

コメント

コメントの記入