Ruby Freaks Lounge

第26回 RMagickを用いた画像処理(1)リサイズ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

rubyで画像処理をする場合には,RMagickが使われます。今回はその中でもウェブアプリケーションを作る上で使用頻度が高いであろう,リサイズのやり方についてご紹介します。

はじめに

本稿で紹介するすべてのサンプルコードは,事前に以下のコードを実行している前提で記述しています。また,破壊メソッドと非破壊メソッドの両方があるメソッドについては,サンプルコードでは特段の理由がない限り破壊メソッドを利用しています。

require 'rubygems'
require 'rmagick'

scale = 0.3
width = 160
height= 160
動作確認環境ruby 1.8.6
ImageMagick 6.5.6-8
rmagick 2.12.0

サンプル画像は以下を用います。

図1 original.png

図1 original.png

※この画像は,フリー素材屋Hoshinoの素材を使用させていただきました。

画像ファイルの読み込み

RMagickで画像ファイルの読み込みを行う場合は,以下のようにreadメソッドを用いて行います。

image = Magick::Image.read('original.png').first

リサイズの種類

最初に,一口にリサイズといってもRMagickには多くのメソッドが用意されています。まずは,基本的なメソッドを4つほど紹介・比較していきます。

resizeメソッド

resizeメソッドは,(元画像によるところはありますが)画質もよいですがファイルサイズは大きくなりがちです。また,リサイズの計算を行うためのフィルタも指定ができ,処理内容を調整することができます。

image = Magick::Image.read('original.png').first
image.resize!(scale)
image.write('resize.png')

scaleメソッド

scaleメソッドは,resizeよりも画質がやや悪くファイルサイズはやや小さくなる傾向があります。

image = Magick::Image.read('original.png').first
image.scale!(scale)
image.write('scale.png')

thumbnailメソッド

thumbnailメソッドは,本来元画像の10%より小さい画像を作るためのメソッドで,ファイルサイズは画像のサイズにしては大きくなる傾向があります。ですが,実行速度は速くできます。

image = Magick::Image.read('original.png').first
image.thumbnail!(scale)
image.write('thumbnail.png')

sampleメソッド

sampleメソッドは,通常リサイズの場合に発生する中間色を一切作らないため,実行速度は速くファイルサイズも小さくできますがこの中で一番画質を犠牲にしています。

なお,すべてのメソッドで scale の代わりに width, height を引数として渡すこことができます。

image = Magick::Image.read('original.png').first
image.sample!(scale)
image.write('sample.png')

図2 resize.png(左上),scale.png(右上),thumbnail.png(左下),sample.png(右下)

図2-1 resize.png 図2-2 scale.png

図2-3 thumbnail.png 図2-4 sample.png

以上,駆け足で紹介しましたが,4つのメソッドのどれが一番優れているというのはないため,状況によって使い分けていく必要があります。ただ最初はresizeを使うようにして,必要に応じて他のメソッドに変えていくのがよいでしょう。

著者プロフィール

二ッ森大介(ふたつもりだいすけ)

株式会社ドリコム所属。業務では主にrubyを用いて開発を行っている。
twitter: http://twitter.com/d2mr

「楽しさ」を作れる人探しています!
ソーシャルゲーム開発者・デザイナー募集中!
<ドリコム採用情報>

コメント

コメントの記入