目指せ100万円!「第1回察知人間コンテスト」優勝への道~ARアプリ開発キット「SATCH SDK」入門~

第2回 シーン別ARアプリ――アイデアの秘孔を突く

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

なぜARはスタンダードにならないのか

前回は,ARの基礎知識についてご紹介しました。現実の映像に仮想的なコンテンツを重ねて表示できるARは,学術的な分野からエンターテインメントまで多様な活用法があります。そして何より,何もない場所にコンテンツが「出現」することには新鮮な驚きがあります。そんな珍しさから,これまでキャンペーンを中心にARが活用されてきました。しかし,それ以上の普及には至っていないことも事実です。ではなぜ普及しないのでしょう。

従来のARの問題点には,①機能性,②開発期間・開発コスト,③オープン性の欠如,④環境の整備などが挙げられます。それぞれ検証していきましょう。

①機能性

従来のARエンジンの多くは,コンテンツを表示するための「マーカー」が必要でした。マーカーとは一般的に,四角い枠の中に文字や図柄が記載されたものです。従来のARエンジンはマーカーを認識して,その場所にコンテンツを表示すると同時にユーザの「視点」を割り出します。

たとえば4辺の枠線の太さがまったく同じで,しかも正四角形に見えていれば,ユーザはマーカーに正対していることになりますし,枠線の太さによって距離も割り出せます。さらに文字や図柄の方向で正面を認識できます。

しかし,逆に言えばARコンテンツを表示するためにはマーカーが必須となり,特定の場所にあらかじめマーカーを設置したり,ユーザに印刷させるといった手間が増えます。開発者にとって,自由なAR空間を作り出すためには,⁠マーカー」だけの表示では限界があったのです。

これまでのARコンテンツでは,対象を認識するためのマーカーが必要だった(提供元:KDDI株式会社)

これまでのARコンテンツでは,対象を認識するためのマーカーが必要だった(提供元:KDDI株式会社)

②開発期間・開発コスト

これまで,ARアプリケーションの開発には膨大な時間がかかっていました。これは,ARエンジンや開発環境が限られており,また専門的な知識が要求される局面もあったためです。また,多くのARエンジンはライセンス料が高価だったため,万人が広く利用できるという状況ではありませんでした。このため,ある程度大きな規模のキャンペーンなどでの活用が中心になったと思われます。

③オープン性の欠如

前項とやや重複しますが,ARエンジンが高価で開発者も少なかったため,ARアプリケーションの開発は「閉じられた世界」になっていました。Webアプリケーションのようにオープンソースのソフトウェアが存在せず,そのため多くの開発者が参加してコミュニティが形成されるということもなかったのです。

④環境の整備

ARに限らず,新しい技術が普及するためには開発者,ユーザともに容易に利用できる環境が必要です。ユーザの立場でいえば,以前のARコンテンツを楽しむためには個別のアプリケーションあるいはWebブラウザのプラグインをダウンロードし,インストールする必要がありました。

また,これらはコンテンツ単位でその都度インストールする必要があったので,ユーザに敬遠されがちという面もありました。さらに,ARコンテンツを楽しむためのマーカーを印刷しなければならないという手間もあったのです。

一方,開発者の立場ではマーカーという制限のほかにも,コンテンツごとに個別のアプリケーションやプラグインを開発する必要があり,効率的とはいえない状況でした。その結果,多くの可能性を秘めたARでも似たようなコンテンツになってしまいがちでした。

さらに「閉じられた世界」だったため,開発で問題が発生してもメーカーの英語ドキュメントといったサポートを頼るしかなく,開発者が参加するコミュニティも形成されなかったので,開発のノウハウやナレッジが蓄積されることもありませんでした。当然ながらARに特化したポータルサイトなども出現せず,ARアプリケーションを開発しても広く紹介できる「場」がなかったのです。

コメント

コメントの記入