目指せ100万円!「第1回察知人間コンテスト」優勝への道~ARアプリ開発キット「SATCH SDK」入門~

第10回 ついにグランプリ決定!第1回察知人間コンテスト結果発表

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

ARに特化したプラットフォーム「SATCH」の登場によって,誰でも容易にスマートフォン向けARアプリを開発,公開できるようになりました。そしてついに,KDDIと技術評論社による,「SATCH」を使用したARアプリ開発コンテスト「第1回察知人間コンテスト」の決勝戦および表彰式が開催されました。100件の応募から2回の審査を勝ち抜いた4チームが東京・原宿の「KDDIデザイニングスタジオ」に集い,プレゼンを行いました。今回は,その模様をお届けします。

ほのぼの系から学術系まで,最終審査に残った4作品

KDDIと技術評論社の共催による,「SATCH」を使用したARアプリ開発コンテスト「第1回察知人間コンテスト」。ついに5月25日,決勝戦および表彰式が開催されました。当日,会場である東京・原宿の「KDDIデザイニングスタジオ」には,100点の応募の中から2回の審査を勝ち抜いた4チームが集まりました。会場は立ち見が出るほど盛況で,熱い視線が集まる中,決勝戦の火ぶたが切って落とされたのです。また,この様子はUstreamでも生中継されました。

この決勝戦で「ARのちょっと先の未来」を垣間見ることができた

まずは本コンテストの審査委員長,AR三兄弟の長男である川田十夢氏が登壇し「『第1回察知人間コンテスト』の決勝戦となる今日は,とても特別な日です。まだジャンルも確立されていないARですが,最終審査に残った4作品はもちろん,今回いただいた応募作品は非常にバラエティに富んでいて,ARの多彩な可能性を示唆していると思います。この決勝戦で,ARのちょっと先の未来を垣間見ることができるでしょう」と述べました。

審査委員長AR三兄弟川田十夢氏

審査委員長AR三兄弟川田十夢氏

続いて,審査委員の紹介がありました。審査委員は以下の通りです。

  • KDDI モバイルARアーキテクト:小林亜令氏
  • ワンパク 代表取締役 クリエイティブディレクター:阿部淳也氏
  • アドビ システムズ テクニカルエバンジェリスト:太田禎一氏
  • バスキュール号 プロデューサー:西村真里子氏
  • 面白法人カヤック ディレクター:野崎錬太郎氏
  • ミクシィ コアプロダクト開発グループ:鈴木理恵子氏
  • 技術評論社 クロスメディア事業部:馮富久

写真後列左から,小林氏,阿部氏,太田氏,西村氏,野崎氏,鈴木氏,

写真後列左から,小林氏,阿部氏,太田氏,西村氏,野崎氏,鈴木氏,馮

とびでる★ぬりえ

そして,いよいよ最終審査に残った4作品のプレゼンテーションが始まりました。トップバッターは,ICD-クリエイティブチームの「とびでる★ぬりえ」です。このアプリは「塗り絵をARで拡張したもの」といいます。塗り絵には,何色に塗るのかを考える楽しさ,枠の中を綺麗に塗るゲーム性,完成したときの達成感があるといった楽しさがあります。これをARで拡張することで,絵からキャラクターが飛び出したり,キャラクターが反応するなど,さらに楽しいものにできる。それを実現したといいます。

ICD-クリエイティブチーム

ICD-クリエイティブチーム

遊び方はまず,元絵に画材で色を塗ってアプリを実行,カメラの画像に表示される枠に塗り絵を収めます。すると,塗り絵の「象さん」「ぱおーん」と鳴いて飛び出し,別に用意した「りんご」を食べに行きます。色の違う塗り絵も同様に認識できますが,システム的に真っ黒な塗り絵は認識できません。塗り絵をARアプリとして利用することで,情操教育や指の運動,生活習慣の学習といった塗り絵のメリットに加え,ペット感覚やコミュニケーション,鳴き声を聞くといった今までにない知育効果が期待できるとしました。

とびでる★ぬりえ

とびでる★ぬりえ

今後は塗り絵の元絵の数や,アニメーションパターンの数を増やしていき,機能においてもひとつの塗り絵から複数のキャラクターを動かしたり,別々の塗り絵を同時に動かす,塗り絵の色などに応じた個性を表現するといった強化を行っていくといいます。その後,実際に川田十夢氏が色を塗った絵を使ってデモが行われました。象のアニメーションが表示されると,場内から歓声が起きました。

「とびでる★ぬりえ」に対し審査員からは,「夢のある作品。塗り絵という誰でも知っているものを新しい技術で拡張することに未来を感じた(西村氏)」「色を抽出してテクスチャに貼ることで,エンジンが色を認識しないことをうまく活用している(小林氏)」「子供向けという切り口は今までになかったもの。これからが楽しみ(太田氏)」「将来性という点は,二次審査でも話題になった。審査員の脳をつついた,審査員をも拡張した作品(阿部氏)」などの意見が出ました。

コメント

コメントの記入