ソースコード・リテラシーのススメ

第4回 インターネット上の情報とのつきあい方

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

近畿地方では梅雨も明けて真夏の日射しが降り注いでいます。私が子供だったころは,夏休みにプールで泳いで真っ黒に日焼けすれば冬も風邪を引かない,などと言われていましたが,最近では子供の日焼けも将来のシミやソバカス,皮膚癌の原因になりうるので,外で遊ぶ時は日焼け止めを塗るべきだと言われているとか。こんなところにも情報の賞味期限があるのだなぁ,と考えてしまいました。

さて,前回まではソフトウェアに付属の各種ドキュメントを中心にその役割や読み方を紹介してきましたが,今回は趣向を変えてインターネット上のさまざまな情報の読み方について考えてみたいと思います。

インターネット上の情報の注意点

Googleなどの検索エンジンのおかげで,インターネット上の膨大な情報をきわめて効率よく検索できるようになりました。最近では,何か調べものがある時は,まず検索エンジンに適当なキーワードを入力してみるのが習慣になっている人も多いでしょう。これらの検索エンジンのおかげで,情報のありかを探す苦労はほとんど無くなりましたが,大量の検索結果の中から有意義な情報をどのように抽出するかはユーザに委ねられています。

検索エンジンの側でも,指定したキーワードの位置が一目で分かるように表示を工夫したり,ページランキングなどの技術を使って質の高いページを上位に表示するような支援をしてくれますが,検索エンジンはあくまで検索した結果を表示するだけなので,ありふれたキーワードを指定すれば数万ページがヒットして,あまりの情報の多さに呆然とすることがあります。

膨大な情報の中から自分にとって必要な情報を素早く見つけ出すことは容易ではありません。今回は,そのような際に心がけるべきポイントをいくつか紹介してみます。

情報の賞味期限に注意

LinuxやOSSの場合,変化がかなり急速なので,古いバージョンについて記載された情報はそのままでは適用できないことがよくあります。賞味期限の切れた情報をつかまないためには,その情報が記載された日付や,扱っているソフトウェアのバージョンを確認することが必要です。とくにLinuxの場合,よりよいものにするためには過去との互換性はそれほどこだわらない,という立場を取っているので,ある時点では正しかった情報も,バージョンアップにつれて間違ったものになっているということがよくあります。

たとえば,各種ドライバをカーネルとは独立したオブジェクトファイルとして用意しておき,必要に応じて動作中にそれらを組み込んで新しい機能を利用可能にするモジュール機能の場合,モジュールを操作する際のコマンドは,名称(modprobeやdepmod,lsmod など)こそ変っていないものの,2.4系カーネルではmodutilsパッケージとして提供されていたのに対し,2.6系カーネルではmodule-init-toolsパッケージに変更され,内部的には全面的な書き直しが行われています。そのため,2.4系カーネル用のmodutilsについての解説,とくに設定ファイルである/etc/modules.confについての解説は2.6系カーネル用のmodule-init-toolsでは適用できません(module-init-toolsでは設定ファイルは/etc/modprobe.conf)。

Linuxの場合,かっては安定版カーネル(マイナー番号が偶数のシリーズ)と開発版カーネル(奇数のシリーズ)という区別があって,過去との互換性が無くなるような変更は開発版カーネルのみで行われることになっていましたが,最近のカーネルでは安定版と開発版という区別が廃され,同じ2.6系のカーネルの間でも,リリースごとにかなり大規模な変更が行われていたりするので注意が必要です。

Linuxの場合はやや極端ですが,どのようなソフトウェアでも,バージョンが更新されるごとに何らかの変更が行われているので,インターネット上で見つけた情報がどのバージョンを扱っているのかを確認することは必須です。

詳しく言うと,1つのソフトウェアの中でも変わりやすい部分と変わりにくい部分があり,情報の賞味期限もそれぞれに異なる場合があります。たとえばLinuxの場合,ext2ファイルシステムはカーネル 1.0以前から使われ続けており,ext2の構造や仕組みについての情報は10年前のものでも有効でしょう(現在の主流はext3ファイルシステムですが)。 一方,udevsysfsといった新しい機能は,それらが広く普及するまでの間にしばしば変更や機能拡張が行われ,半年前の解説記事の内容が現状とは食い違っていることなども稀ではありません。

情報の具体的な賞味期限は一概には決められませんが,古いバージョンを扱っている数年以上前の記述は役に立たない可能性が高いでしょう。

著者プロフィール

こじまみつひろ

Plamo Linuxとりまとめ役。もともとは人類学的にハッカー文化を研究しようとしていたのが,いつの間にかミイラ取りがミイラになってOSSを仕事にするようになってしまいました。最近はスペシャリスト養成を目的とした専門職大学院で教壇に立ったりもしています。

URLhttp://www.linet.gr.jp/~kojima/Plamo/index.html

コメント

コメントの記入