ソースコード・リテラシーのススメ

第5回 英語に負けるな

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

日中はまだまだ暑いものの,ようやく朝晩は涼しい風が吹くようになりました。多少すごしやすくなったかと思うと,身体が暑さに慣れてしまっているせいでしょうか,さっそく寝冷えをして風邪気味になってしまいました。身体も考え方も,一度身についたものを変えるのは容易ではないようです。

さて,前回まではソフトウェアに付属の文書の種類や役割,インターネット上の情報の探し方といった話題を紹介しました。最近では,これらの情報の多くが日本語でも読めるようにはなっていますが,コンピュータ業界の標準語は英語なので,最新の情報やオリジナルの情報を調べようとする場合は英語のドキュメントを避けて通るわけにはいきません。そこで今回は,英語の技術文書の読み方のコツを考えてみようと思います。

「英語が苦手」という人へ

筆者は専門職大学院でゼミの指導をしたことがありますが,コンピュータ業界を目指そうという学生の中にも英語が苦手な人が多いことは気になりました。彼らの話を聞いてみると「英語の文書は読むのが面倒くさい」「読むのに時間がかかって大変」というような印象を持っている人が多く,「読むのが面倒だから読まない」「めったに読まないから,たまに読もうとするとさらに時間がかかってイヤになる」といった悪循環に陥っているように感じました。

筆者自身も大学院に進むころには英語の壁にぶつかった記憶があります。大学院に進み,研究者としての道を選んでまずしなければならないことは,その分野の基本的な文献を大量に読むことです。それらの文献の多くは英語の論文で,指導教官からは「最低でも1日1本の論文を読むこと」を求められましたし,ゼミの輪読では英文の教科書を毎週のように読み進めていく必要がありました。

そのような大量の英文を,中学や高校で学んだように一文一文をしっかり訳しながら読もうとすると,いくら時間があっても足りません。そのために身につけたのが,質よりも量を求める速読的な読み方です。筆者は,この「質よりも量」に考え方を切り替えることが,英語の技術文書を読む際のコツだろうと考えています。

「30秒,3分,30分」ルール

大学院で教わった論文の読み方に「30秒,3分,30分」というルールがありました。まず最初の30秒でタイトルとアブストラクトに目を通して,おもしろそうな論文かを判断し,次の3分で「結論(conclusion)」と引用文献に目を通して精読すべきかを判断し,きちんと読むべき論文だと思ったら,30分かけて読んでみる,というものです。30分かけて読む場合も,頭から順に読んでいくのではなく,まず「結果と議論(Results and Discussion)」の部分を読んでおいて,著者が最終的に何を言おうとしているのかを把握した上で頭から読むようにすれば,著者の手の内(議論の進め方)が見えて内容もわかりやすくなるというテクニックも教わりました。

この読み方を教わった当時は,ずいぶん乱暴なやり方だと思ったものですが,読まねばならない論文は大量にあるし,たとえ乱読していても,重要な論文は繰り返し網にかかってくるので何度も目に触れ,自然と精読するようになります。そう気づいた時,「質より量」が大事ということを実感しました。

英語技術文書の特徴

私たちが英語や国語の教科書で触れる文章は,高名な小説家やエッセイストが推敲を重ねた名文で,一行一行を味わうように読まされてきたように思います。しかし,実社会で読まなければならない技術文書は,そのような「名文」の類ではないと割り切ることが必要です。

本来,文書というのは他者に何らかの情報(メッセージ)を伝えるために書かれるものであり,中でも技術文書の類は,伝えるべき情報が間違いなく読み手に伝わることが最も重要です。著者もそのためにさまざまな工夫をしているので,一行や二行読み損ねたところで,全体の意味が間違って伝わることはまずありません。その程度に割り切って,質よりも量を重視した読み方をするのが,英語技術文書を読む際のポイントでしょう。

パラグラフ単位の「つまみ読み」

技術文書は芸術作品としての書かれたものではないので,「質」よりも「量」が重要だ,と言いました。そのような「量」を読むためのコツのひとつがパラグラフ単位の「つまみ読み」です。

ある程度まとまった文書の場合,文書全体は複数の「章」から構成されており,各章は内部に複数の「節」を持ち,それぞれの節は「パラグラフ(段落)」というまとまりから構成され,各パラグラフは複数の文から構成される,という構造になっています。このような構造の文書では,文ではなくパラグラフを最小単位と考える方が,全体像を読み取りやすくなります。

たいていの英語技術文書では,それぞれのパラグラフは最初の数行でそのパラグラフで主張したいことを述べ,残りの行はその主張の根拠や補足を述べるようなスタイルになっています。すなわち,パラグラフが多少長くても,そのパラグラフの主張は最初の1,2行にあるので,残りの部分は読み飛しても著者の意図を読み損なうことは少ない,ということです。

もちろん,最初の数行では現状や問題点を論じ,著者が主張したいことはその後から述べる,という表現上の工夫をする例もよく見られます。しかし,そのような部分は前後と話の流れが異なっているので気がつくことが多いですし,別に最初の1,2行しか読んではいけないわけではないので,著者の主張に疑問を感じたら,適宜そのパラグラフを読み進めてみればいいでしょう。

ただし,1つのパラグラフに時間をかけすぎて,全体の思考の流れを損なうことがないように注意しましょう。1つのパラグラフに集中してしまうと,それまでの議論の流れを忘れてしまい,再度頭から読み直すはめに陥りがちです。たいていの文書は「節」の単位で1つの話が終わるので,少々不明瞭なところがあっても「節」の終わりまでは立ち止まらずに読んでしまう方が著者の思考の流れを追いやすく,内容を理解しやすくなるはずです。

著者プロフィール

こじまみつひろ

Plamo Linuxとりまとめ役。もともとは人類学的にハッカー文化を研究しようとしていたのが,いつの間にかミイラ取りがミイラになってOSSを仕事にするようになってしまいました。最近はスペシャリスト養成を目的とした専門職大学院で教壇に立ったりもしています。

URLhttp://www.linet.gr.jp/~kojima/Plamo/index.html

コメント

コメントの記入