機能と技術からわかる!システム基盤の実力

第14回 帳票にまつわる課題を一気に解決「uCosuminexus EUR」で実現する効率的な帳票環境

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

帳票の作成から出力までを効率化

企業は事業活動によって生じたお金の動き,あるいはモノの流れをさまざまな伝票を使って記録し,また取引先への通知などに利用しています。ただ帳票の種類は極めて膨大です。規模が大きくなると,それらをすべて人手で作成するのは現実的ではなくなります。そこで必要となるのが帳票ツールです。

こうした帳票を作成するためのツールとして,日立製作所からリリースされているのが「uCosminexus EUR V8」です(以下,EUR)⁠そこで今回は,日立が無償で定期開催している「オープンミドルウェアセミナー」のEUR講座の受講を通じて,EURの特長を紹介していきます。

帳票ツールに求められる機能は数多くありますが,とりわけ重視されるものとして,帳票を作成する機能の使いやすさと,効率的に帳票を出力できる仕組みが挙げられます。では,これらの要件に対してEURはどういった機能を提供しているのでしょうか。

EURでは,まず帳票の作成に関しては,罫線や各種図形,文字を自由にレイアウトできる帳票定義開発環境が用意されています。開発環境というとプログラムが必要不可欠のように思えますが,ワープロソフトで罫線を引いたり文字を入れたりするのと同様の感覚で帳票を作成することが可能です。

また,従来はデータベースからのデータを取り込んだり,あるいは一定の件数で改ページを行うといった条件に応じた処理を実現するため,帳票の作成にプログラミングの知識は必要不可欠でしたが,EURでは,これらの処理もGUI上でノンプログラミングで定義可能であり,帳票作成の手間を大幅に軽減しています。

もう1つの帳票の効率的な出力を実現しているのが,帳票出力実行環境です。こちらは,データベースや各種ETL(Extract/Transform/Load)ツールと連携してデータを取得,開発環境で作成した帳票定義ファイルにデータをマッピングして出力を行います。

これらの帳票出力実行環境を利用すれば,バッチ的な大量印刷が可能です。PDFやExcelなど多様な形式での出力もサポートしているため,電子帳票や出力した帳票を加工したいといったニーズにも応えられます。

さらにEURが提供している統合印刷実行環境を利用すれば,帳票サーバ上で作成した帳票を各拠点にプッシュ配信し,それぞれの拠点のプリンタを使って出力するといった環境を構築することができます。また,拠点のサーバに帳票を蓄積し,プリンタが空いているときを見計らって出力する,あるいはWebブラウザを使って蓄積されている帳票を閲覧し,必要に応じてプレビューや再印刷を行うといったことも実現可能です。

図1 EURの位置づけ

図1 EURの位置づけ

帳票作成の手間を軽減する数々の機能

1行定義すれば残りを自動で作成できる「繰り返し機能」

このように多機能なEURですが,特に印象的だったのはノンプログラミングで手間をかけずに帳票をデザインするためのさまざまな機能が搭載されている点です。その1つとして挙げられるのが,繰り返し処理の自動化です。

売上伝票など複数の行から構成される帳票を作成する場合,多くの帳票ツールではすべての行を定義しなければなりません。しかしEURには,指定された項目を自動的に繰り返し描画する機能があり,1行を定義するだけであとは自動的に複数行の表を作成することができます。帳票作成の手間を大幅に削減してくれる,極めて有用な機能と言えるでしょう。

図2 繰り返し機能

図2 繰り返し機能

既存のデータを取り込む「Microsoft Word/Excel 文書変換機能」

既存の帳票をベースにして,新たな帳票を作成するための仕組みが用意されている点も見逃せません。具体的には,WordやExcelのデータを取り込める「Microsoft Word/Excel 文書変換機能」が用意されています。もしExcelで帳票を作成していれば,そのデータを取り込むだけで基本的なレイアウトが完了するというわけです。

既存の帳票を再現するのに便利な「下敷き機能」

既存の帳票のレイアウトを再現したいが,印刷した帳票しか残っていないといった場面では,⁠下敷き機能」が役に立ちます。これは画像データとして取り込んだ帳票を,レイアウト画面上に薄く表示するという機能です。画像として表示されている帳票に沿って罫線などをレイアウトしていけば,オリジナルと同様の帳票を作成することができます。

図3 下敷き機能

図3 下敷き機能

コメント

コメントの記入