進化を先取る現場から

第4回 日本経済新聞社 鈴木陽介―周囲を巻き込み,内製化を実現

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

先進的な取り組みを続ける現場に訪問し,チームや個人としてどう成長していくべきかを取材するインタビューの第3回です。

今回は,⁠日経電子版」の企画開発をしている日本経済新聞社デジタル編成局の鈴木陽介さんにお話を伺いました。日経電子版の開発チームは,当初は外注が中心だった開発体制の内製化を推し進め,現在はスマートフォンアプリやWebのフロントエンド,APIなどを内製化しています。そうした大きな変化を周りの方々を巻き込みつつ推進する際のポイントなどについて聞きました。

画像

【インタビューされた人】
鈴木陽介(すずきようすけ)
⁠株⁠日本経済新聞社

デジタル編成局の組織体制

─⁠─まず,日経電子版の開発チームの人数や構成を教えてください。

鈴木:はい。電子版の開発はデジタル編成局というグループが中心でやっています。全体としてはざっくり100人ほどの組織ですが,内製化としてサービス開発に取り組んでいるチームはその中の40人くらいですね。手を動かして自分でコードを書くメンバーはそのうちの20人弱くらいです。サービス開発の内容としてはフロントエンド寄りが多く,モバイルのアプリやWebのフロントエンド,検索APIなどの開発をしています。課金や認証といったサービス基盤部分はまた別のグループになっています。

─⁠─20人弱でフロントエンド側も開発されているんですね。ほぼ内製化は完了されているんでしょうか。

鈴木:全部を内製化しているわけではなく,まだ途中ですね。最も内製化の進んでいるモバイルアプリのチームには,現在iOS,Android,モバイルWebアプリの開発のために内製のエンジニアがいて,基本的にはその中で開発を進められる状態になっています。それとは別に,検索エンジンやバックエンドのAPIを作っているチームでも内製化が進んでいますね。また,Webのフロントエンドを作っているチームもあります。そこでは技術的に新しいこともやっていて,Service Workerを使ったプッシュ通知の開発などもしています。

─⁠─技術的に新しいことにも積極的に取り組まれているんですね。逆に内製化されていないのはどういった部分になるんでしょうか。

鈴木:もともとあったデスクトップWeb用のインフラやAPIなどは,主に外から来てもらっているエンジニアの方に開発してもらっています。そこに社員が一部入って一緒に開発したり,社員が「こういう形でやりましょう」と言ったものを実装してもらったりという形で連携しています。

内製化:まず自分が作ってみることからスタート

─⁠─すべて内製化されているわけではなく,領域によってやり方を変えているんですね。内製化される前はどのように開発されていたんでしょうか。

鈴木:請負型の発注をするか,先ほど説明したデスクトップのチームのように社外のエンジニアを社員がマネジメントするかという体制でした。昔の話をすると,インターネット時代の前からコンピュータを使って新聞を作るといったことに業界の中でも早くから取り組んでいて,インターネットサービスが始まってからは,いくつかのシステムを内製化していたことがありました。でもその後,2010年の3月に現在の日経電子版が始まったときには全面的に開発をSIerさんにお願いするという方針だったんですよ。当時は私も基本的にはUIの設計や画面設計といった企画寄りの仕事をしていたんですが,システムの中身の実装はやっておらず全然知りませんでした。そして,そのときにいろいろ企画を出しても実現するのはすごく小さな部分だったり,実行するにはお金がいくらかかりますとか,できるのは半年後ですといった話になってしまって。

─⁠─企画しても進めづらかったんですね。

鈴木:もちろん,時間がかかる理由は開発以外も含めてそれなりにありました。ただ,自分も少しWebアプリを書いたことはあったので,素人的な考えでもう少し早く,手軽にできるだろうとも感じていました。そこで,企画したものを勝手に2人で作り始めました。そうやって作ったスマートフォン向けのモバイルWeb版を2011年に公開したのが直近の内製化のスタートだと思います。その後2013年くらいから本格的にWeb向けのモバイル版のフロントエンドを内製で作っていて,そこから正式に出せるレベルの製品が出てきた,という流れになっています。当時はあまり組織立っていなかったところもあり,もう少しなんとかしたいと思っていたときに,現在㈱一休で執行役員CTOを務めていらっしゃる伊藤直也さんに技術顧問として来てもらうことになって,そこから本格的な内製化が進みはじめました。伊藤直也さんが来られるたびに内製化の進め方も開発手法自体の問題も整理されてきて,たとえばそもそもチーム体制を見直したり,情報共有をうまくやろうということでSlackやQiita:Teamを入れたり,GitHubのPullRequestについて研修してもらったりなどして進めていきました。そして,そうした中で2015年の4月にiPhone向けのモバイルアプリを内部の人メインで開発してリリースしたのが重要なポイントだったかなと。

─⁠─技術顧問として入ってもらったのは大きかったんですね。

鈴木:はい。外部から指導者の方に入ってもらうのは大事ですね。メンターとなってくれる人に入ってもらうことで,自分たちだとどうしても迷ってしまうところをサポートしてもらえます。社内である程度理解が得られればコンサル的に動いてくれる人と契約して来ていただくことは比較的やりやすい環境なので,そういう人たちに指導役としてついてもらって成長していくのが重要だったのかなという気はしますね。内製化といったときに社員による完全内製でなければならないことはなく,一緒の気持ちになって動いてくれるメンバーがいることが重要です。そういう意味でプロセスの改善は伊藤直也さんが手伝ってくれていましたし,現在は元クックパッドの舘野祐一さんが引き継いでくれています。また,UIデザイナーとして活躍されている深津貴之さんにはアプリのUIの改善を一緒にやってもらっています。

著者プロフィール

海野弘成(うみのひろしげ)

京都大学工学部にて情報工学を専攻。在学中にはてなやGoogleにてソフトウェアエンジニアとしてインターン,アルバイトを経験。iOSアプリ開発などを担当する。2011年,友人2人と作ったプログラマーのための技術情報共有サービス『Qiita』を公開。大学卒業後の12年2月,Increments株式会社を設立し,代表取締役に就任。主なサービスに,『Qiita』のほか,チーム内情報共有ツール『Qiita:Team』がある。

Qiita:http://qiita.com/yaotti

コメント

コメントの記入