[動画で解説]和田卓人の“テスト駆動開発”講座

第13回 私のTDDへの目覚め

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

ニコニコ動画:http://www.nicovideo.jp/watch/sm2325802

前回までで,講義でお話しようと思っていたトピックは一区切り付きました。

今回からは,今日お集まりいただいてる方と,フリースタイルの質疑応答のような形でこの場で議論していきたいと思っています。

家永さんの発言
TDDを最初は疑いの目で見ていたと思うんですが,和田さんがTDDに目覚めたタイミング,「これは!」「こりゃいいぞ!」と変わったタイミングについて知りたいです。

実際にまず,連載第6回でお見せしたテスト駆動開発入門(Kent Beck 著/テクノロジックアート 訳/長瀬 嘉秀 監訳/ピアソン・エデュケーション 刊)を写経しました。写経した結果,テスト駆動開発がちょっとわかったと思いました。

私自身はもともとテスト駆動開発する前まではあんまりテストを書かないタイプのプログラマだったのですが,if文の条件分岐とか,ループのところの情けないバグが,もともとすごい多かった。それが私自身のやる気とか生産能力を削いでいったところが多かったんです。それらに対する不安みたいなものが,前に進むのを妨げていた点があったんですね。

それに対してテスト駆動開発自体は,実際に自分の苦手なところは厚くテストするし,これからやりたいなと思うところ自体を,テストの形で書いていく。

最初に書きたいものをテストの形で書いてみると,自分のつけるメソッド名が最初に考えた時点ではいかにイケていなかったとか,最初のやつはちょっといびつな設計だったとかっていうのがわかってくるようになります。それが,「テストから得られるフィードバック」です。

テストから得られるフィードバックをもとに,ではこう実装しよう,処理の流れ場こういう流れのほうがいいのではないかなとか,情報の伝え方はこういったものがいいのではないかなという,自分がコードを書くという視点だけではなくて,コードの利用者としての,自分が最初にそのコードを使う人だという視点を持つことができる。

自分が最初のユーザで,自分がそのコードがいいかどうかも判断しつつ,より良く変えていくことができるんだなというのがわかったとき。これTDDってなかなかイケるのではないかなと思ったんですね。

ですので,TDDは,自分のプログラミング能力の底上げになるなと思いました。テストが教えてくれることをもとに,自分がもうちょっとかっこいいプログラムが書けるのではないかなと。しょうもないミスが段々減っていくのではないのかなと,考えたんです。

家永さんの発言
かっこいいっていうのは,APIが,名前がかっこいい,簡潔に表現されるっていう…?

短い名前がいいのかもしれませんし,長い名前がいいのかもしれません。正解はありません。でも,ああ,この名前はもっと意味を表してるな,意味ありげなメソッド名だとか,自己満足な世界ではあるんですけども,だんだん自分で思えるようになるんです。基本的に,不安と自己満足とのサイクルでプログラムは開発されていくと私は考えています。

最初ここはちょっと不安だなと思ったところも,テストを書きながらコードを書くことで「うんうん,なかなかよくできたじゃないか」と。次に,「こうするともっとかっこいのではないか」と,メソッド名をよりわかりやすくリファクタリングする。たとえばそういった流れでよく作業していますね。なんというか,もうちょっとできるプログラマになった感じが得られる。よく言われる「俺ってばスゲー感」というやつでしょうか。

俺ってすごいんじゃないか,なんかすごくなった感じが段々に得られるようになってきたという体験が,テスト駆動開発がなかなか良いものだと思った,私自身の原体験です。なんかすごい恥ずかしいこと喋ってますね(笑)。

著者プロフィール

和田卓人(わだたくと)

タワーズ・クエスト株式会社 プログラマ 兼 取締役社長。
2003年頃XPやテスト駆動開発に目覚める。後年「チームかくたに」のコーチとしてXPやTDDをチームで行った経験をもとに,『WEB+DB PRESS Vol.35』と『WEB+DB PRESS Vol.37』でTDDやリファクタリングについての巻頭特集を執筆。現在はSeasar.orgのコミッタとしての活動もしつつ,社長として会社を回している。

URLhttp://d.hatena.ne.jp/t-wada

コメント

コメントの記入