新人注目! テストを極める最初の一歩

第5回 記録や報告書をおろそかにしていませんか?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

前回のながれ

A君はテスト設計の結果からテストケースを作成しましたが,実務では使えないものでした。なぜならば,実務で使うテストケースには書き方があるからです。A君はK先輩の指導の下,もう一度書き直す羽目になってしまいました。

A君はK先輩に教えてもらったテストケースの書き方を参考にしながら,なんとかそれなりのものを作成することができました。これでようやくテストケースを実行できるところまでたどりつきました。A君にはとても長い道のりのように思えましたが,少し感慨深くもありました。

  • A君「よし!頑張ってテストケースを実行するぞ!」

A君が意気込んでいると,おもむろにK先輩が来てこう言いました。

  • K先輩「あ,このPCにテスト環境を作ってあるから使うといいよ」

本来ならば,テスト実行の前には,テスト環境の構築という作業を行う必要があります。テスト環境の構築は,テスト対象となるソフトウェアをインストールするだけではありません。

今から実行するテストケースが,さまざまなテスト観点を効果的に実行できる環境を作り上げる必要があります。本来はテスト環境仕様書などを作成する必要があるのですが,これらについてはこの連載の範囲を超えますので,環境はすでに整っているものとして読み進めてください。

さて,K先輩がテスト環境を作ってくれたPCの前に座ったA君,ついにテストを実施する時がきました。ようやくソフトウェアを操作することができるということで,いやがおうにも気分は高揚します。

  • A君「よし,実行だ!」

(えぇと,テストケースを実行して合格と不合格をつけていけばいいんだな?)

A君は順調にテストケースを消化していきます。途中,テストケースが失敗する,つまりバグをいくつか発見しました。すべてのテストケースを実行したところで,M先輩にテストの終了を報告する前に,たくさんのアドバイスをもらったK先輩にお礼がてら報告することにしました。

  • A君「K先輩,テストが終わりました! バグも見つけられました! これも先輩のおかげです!」

数は少ないとはいえ,バグを見つけられたのでA君は興奮しています。

  • K先輩「お,それは良くやったね!で,そのバグの詳しい記録は取ったかい?」
  • A君「記録???」
  • K先輩「えーと,とりあえず報告書を見せてもらおうか」

A君はバグを検出したテストケースにチェックを入れておいただけで,記録と呼べるようなものは取っていませんでした。ましてや,報告書を書くことは思いもよりませんでした。

  • K先輩「なんだ,これじゃやりっぱなしじゃないか。」

K先輩は軽くガッカリした顔で言いました。

  • K先輩「いいかい? テストケースの実行時には,ちゃんと記録を取る必要がある」
    「また,記録をとったら人に説明できるように報告書としてまとめる必要がある」
    「これはテストだけの話じゃない。すべての仕事において言えることだ。これができないと社会人としてもダメなんだ。」

A君はほめられるとばかり思っていましたから,予想外の展開にしゅんとしてしまいました。K先輩にはもう一度ちゃんと記録をとりながらテストケースを実行することを命じられました。せっかく実行したのに,同じ事をもう一度実行しなければなりません。つまり手戻りが発生してしまいました。

A君はまたまた途方にくれてしまいました。

テスト実行の記録と報告書の作成

ようやくテストを実行できるようになりました。テストを実行したら実行結果が合格か不合格かの記録をしていきますが,この作業はそう単純ではありません。合格か不合格かという直接的な結果だけではなく,それ以外にもさまざまな情報を記録する必要があるのです。また,すべてのテストケースを実行し終えたら,記録した情報を文書としてまとめ,報告を行わなければいけません。報告までちゃんと行って,はじめてテストという仕事が完了するのです。

A君はテストケースの合否だけしか記録していなかったので,K先輩に対して報告をすることができませんでした。今回は先輩だからまだいいものの,これがお客様だった場合どうなるでしょうか。自分が説明できない仕事をしていたとしたら,きっと不信感をもたれてしまうでしょう。

第5回の今回は,おろそかにしがちなテスト実行時の記録とテスト報告について,注意すべき事柄を説明します。

テスト実行を記録する目的

最初に新人の皆さんに考えていただきたいことがあります。

  • なぜ,テスト実行を記録するのか?
  • 報告書はどんな目的で使われるのか?

筆者らの答えは,一番最後に提示します。なぜ記録するのか? 報告書はなぜ書くのか? を頭に置きつつ,ここからの記事を読んでください。

著者プロフィール

鈴木三紀夫(すずき みきお)

1992年,(株)東洋情報システム(現TIS(株))に入社。複数のエンタープライズ系システムの開発に携わり,現在は社内のソフトウェアテストに関するコンサルタントとして活動中。ASTER理事,JaSST実行委員,JSTQB技術委員,SQiPステアリング委員 他。

著書


池田暁(いけだ あきら)

2002年日立通信システム(現日立情報通信エンジニアリング)に入社。設計,ソフトウェア品質保証業務を経て,現在は開発に関する設計/テストツールの導入や,プロセス改善に関する業務に従事。ASTER理事,JaSST実行委員,品質管理学会・ACM正会員。

著書

コメント

コメントの記入