きちんと学びたいテストエンジニアのためのTestLink入門

第2回 TestLinkとは何か?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

前回は,TestLink自体の説明に入る前段階として,そもそも「テスト管理」とは何かということについて説明しました。今回からは,いよいよTestLinkの機能に踏み込んでいきます。まず今回は,TestLinkの機能の全体像を見ていきたいと思います。

TestLinkとは?

TestLinkは,Webベースのテスト管理システムです。テスト管理システムという名の通り,前回ご説明した「テスト管理」を補助することを目的としています。Webベースのアプリケーションですので,Webサーバ(Apacheなど)とデータベース(MySQLなど)の環境で動作します。

また,TestLinkはオープンソースで開発/配布されています。オープンソースのライセンスとしてはGNU General Public License(GPL)が採用されており,誰でも自由に使うことができますし,その気になれば各現場に合わせてカスタマイズすることもできます)。

※)
ただし,改造物の配布に関しては制限があります。詳しくはGPLのWebサイトをご参照ください。

TestLinkは,オープンソースソフトウェア配布ポータルサイトの大手であるSouceForge.NETの上位300位にランクインされており,毎日100名のユーザからダウンロードされています。オープンソースのテストツールの専門サイトである OpenSourceTestingの人気調査でも1位に選ばれていますし,TestLinkのユーザフォーラムではMcAfeeYahoo! USAWind RiverSymantec Corp(Pune, India)でも導入実績が報告されているなど,徐々にユーザ層が広がってきているようです。

さらに,国際化,品質向上にも力を入れるようになってきており,日本語化も私たちTestLink日本語化部会が1年ほど前から着手していますし,TestLinkを利用しTestLink自体のテストを管理しようというプロジェクトであるTest Task Force(TTF)の活動も始まっています。

図1 TestLinkのトップ画面

図1 TestLinkのトップ画面

TestLinkの代表的な機能

TestLinkの代表的な機能を「テスト管理」の項目別に整理すると以下のようになります。

構成管理
  • テストケースの管理
  • テストケースのバージョン管理
  • テストケースのインポート/エクスポート
テスト進捗のモニタリングとコントロール
  • テスト実施状況/実行結果の表示
  • テスト計画別のテストケースの選択
  • 要件仕様の登録とテストケースと関連づけ
  • 登録したテストケースのレポート出力
テストの組織
  • テストチーム内の役割設定
  • テストケースごとの担当割り当て
  • テストプロジェクト毎のユーザ管理
インシデント管理
  • バグ管理システムとの連携

それぞれの項目について,もう少し詳しく見ていきましょう。

テストケースの管理

テスト管理システムの主要な機能はテストケース管理です。各テストケースの登録,実行のやり方が標準化されます。

図2 テストケース管理画面

図2 テストケース管理画面

テストケースのバージョン管理

それぞれのテストケースをデータベース管理することにより,テストケース1件ごとにバージョン管理ができます。また,テスト結果に対してどのバージョンのテストケースで試験を行ったかのトレーサビリティを取ることができます。

図3 トレーサビリティ

図3 トレーサビリティ

著者プロフィール

TestLink日本語化部会

ソフトウェアテスト技術者交流会の有志による,テスト管理システムTestLinkを日本語化するプロジェクト。発足以来活発な活動を続けている。

コメント

コメントの記入