きちんと学びたいテストエンジニアのためのTestLink入門

第5回 テストプロジェクト開始とテスト計画

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

前回からTestLinkの使用方法に焦点を当て,まずはインストールについてご紹介しました。ここまでできれば一安心ですので,TestLinkをどんどん使っていきましょう。今回以降はTestLink上での操作方法についてご説明していきます。

はじめに

まず,TestLinkを使い始めるにあたって,TestLinkの基本構造と作業例についてまとめておきましょう。

TestLinkのコンポーネント間の関係

TestLinkの中ではソフトウェアテストを管理するために,いくつかのコンポーネントが存在しています。TestLinkは以下の3つの基本コンポーネントから構成されています。

テスト仕様

テスト仕様の下にテストケースを作成します。テスト仕様はテストスイートという単位で階層的に管理することができます。テストスイートの中にテストケースが格納されることになります。

テスト計画

テストの実行に関わる情報はここに格納します。たとえば,テストの実行計画,テストアイテム(テスト対象)の設定,実行結果などはテスト計画の単位で保存されます。

ユーザ

権限の設定やテスト実行の割り当てなどはユーザの単位で行います。

このうち,テスト仕様とテスト計画はテストプロジェクトごとに作成されます。ユーザはテストプロジェクトをまたいで使用することができます。これらのコンポーネントのもとにさまざまな情報が登録されます。

図1 TestLinkの基本構造

図1 TestLinkの基本構造

TestLinkでの作業例

あとはそれぞれのテストプロセスにあわせてTestLinkを使う事になると思います。この連載では,以下の手順でテストが進むとして解説を進めます。

  • 1.テストプロジェクト開始時の設定
  • 2.テスト計画
  • 3.テスト設計・テスト実装
  • 4.テスト実行
  • 5.結果評価

各作業は,それを行うための権限が必要です。権限は役割に応じて各ユーザに割り当てられます。よって,TestLink上でのユーザ作成時に実際の職務に応じて役割を割り当てると良いでしょう(実際のユーザ作成作業については後述します)。

図2 TestLinkでの作業例と役割

図2 TestLinkでの作業例と役割

上記以外の順番でTestLinkを使うこともできます。たとえば,テスト設計・テスト実装を常に行って,テストデータベースのようなものを蓄えておいて,必要となったら,そのテストケースをテスト計画で実行するというような使い方もできます。このように,テスト計画とテスト仕様を分けて管理することができ,さまざまなテストプロセスに柔軟に対応できるというのもTestLinkの特徴です。

著者プロフィール

TestLink日本語化部会

ソフトウェアテスト技術者交流会の有志による,テスト管理システムTestLinkを日本語化するプロジェクト。発足以来活発な活動を続けている。

コメント

  • パスワードの変更ができない

    all in one testlinkの初回ログイン時の操作で、パスワードの変更ができません。パスワードのリセットボタンをクリックすると、SMTP Error: Could not connect to SMTP host.が発生してしまいます。
    対応方法を教えてもらえないでしょうか
    xamppliteでsmtp設定が必要なのでしょうか
    ただ、当方ではnotesメールのためLdap設定となっているようです。

    Commented : #1  kawai (2009/11/06, 16:41)

コメントの記入