Titanium Mobileで作る! iPhone/Androidアプリ

第16回 Titanium Studioの導入

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

Titanium Mobile SDK 1.7.0と統合開発環境Titanium Studioがリリースになったニュースは前回の記事でお伝えできたのですが,同時にTitanium Developer(旧開発環境)の配布が終了した点についてはお伝えすることができませんでした。いままでTitanium Developerを使っていれば自動でダイアログが出ていたSDKのアップデートも,現在のTitanium Developerでは手動でSDKをアップデートする必要があります。これからTitanium Mobileの開発を行う人にとっても,また1.7.0にアップデートしたい人にもTitanium Studioでの開発が必須になりつつあるので,今回はTitanium Studioの導入について解説します。また,1.7.0からAndroidでのデザインの指定が変更になっているのでこちらについても簡単に説明します。

Titanium Studioとは

Titanium Studioは前述の通りTitanium Developerを代替しTitanium Mobileの主な統合開発環境となるもので,Appcelerator社が買収したAptana社のAptana Studioを前身としています。Titanium Developerは配布も終了しており(オープンソースプロダクトなのでgithubから入手することは可能ですこれから開発を始める場合はTitanium Studioを利用する必要があります。

Titanium Studioを入手する

Titanium Studioを入手するにはAppcelerator社に登録する必要があります。以下に手順を記載していきます。

まず,http://www.appcelerator.com/products/download/から登録するコースを選択します。

画像

無料で利用できるのは右はじの⁠Community⁠プランになります。ほかのプランは有料(最初のひと月は無料)ですが,Appcelerator社のサポートが受けられるほか,有料のモジュールが使えるなどさまざまな利点があるようです。http://www.appcelerator.com/products/plans-pricing/からプランごとの差異が確認できます。

選んだプランの下にかいてある⁠Get Started⁠をクリックすると次の画面でレジストレーションをすすめることができます。

画像

すでにTitanium Developerを入手し開発していた方は,以前に登録したメールアドレスとパスワードでログインすることができます。

無事登録がすむと,https://my.appcelerator.com/からTitanium Studioがダウンロードできます。

画像

OSごとにバイナリが用意されているので,自分の環境にあわせて入手してください。以下の説明はOS Xを前提に進めます。

画像

OS Xの場合は,よくあるアプリケーションのインストール方法と同様で左上のTitanium Studioディレクトリを右下のApplicationsディレクトリにドラッグアンドドロップするだけで終了です。

著者プロフィール

倉井龍太郎(くらいりゅうたろう)

株式会社はてな アプリケーションエンジニア。

スマートフォンアプリからSQLチューニングまで幅広く格闘中。好きな言語はRuby。

URLhttp://d.hatena.ne.jp/r_kurain/
Twitter@kurain

コメント

コメントの記入