Tracを使って開発プロジェクトを楽しもう!

第2回 Trac Lightningの紹介

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Trac Lightningは,Windows環境用のTracのオールインワンパッケージです。Tracは,Webサーバやバージョン管理ソフトといった複数のソフトウェアと組み合わせて使う必要があるため,サーバ環境を構築するための敷居が高いといわれていましたが,Trac Lightningを使えば,簡単に動く環境を構築できます。

Trac Lightningに含まれるもの

Trac Lightningには,Tracを使うために必要なソフトウェアが一通り含まれています。Trac Lightningに含まれるソフトウェアには,Tracの日本語版であるTrac-jaをはじめとして,Apache HTTPサーバ,Python,バージョン管理ソフトSubversionといったTracを動かすために必要となるソフトウェアが挙げられます。さらに,Tracを便利に使うための数多くの有用なプラグインも含まれています。それに加えて,インストール時には,プロジェクトデータの雛形として使える TracのサンプルプロジェクトとSubversionのリポジトリが自動作成されます。これにより,Trac LightningをインストールしてすぐにTracを使い始めることができます。

Trac Lightningはバージョンアップに伴い積極的にツールを取り込んでいます。Version1.6以降では,CIのためツールであるHudson や,Mavenのサンプルプロジェクトといった開発プロジェクトを効果的に進めるためのツールも含まれるようになりました。

図1 Trac Ligntingに含まれるもの

図1 Trac Ligntingに含まれるもの

今回はTrac Lightning2.2.3を用いて説明を行います。

Trac Lightningのインストール

Trac Lightningをインストールします。Trac LightningのインストーラはSorceForge.jpからダウンロードできます。TracLihgtning-2.2.3.exeをダウンロードしてください。

今回はWindows XP SP3の環境にインストールします。Hudsonを使用する場合は,Javaの実行環境がインストールされている必要があります。また,Trac Lightningは多くのソフトウェアを含んでいるため,機能の衝突を避けるためにも,できるだけ他のソフトウェアがインストールされていない環境を用意してください。開発環境として使っているようなコンピュータにインストールする場合は,インストール前に以下の点をチェックしておくと良いでしょう。

  • ポート80を使用してWebサーバ(IIS,Apacheなど)が動作しているなら別のポートに変更するかアンインストールする。
  • SubversionやPythonが別にインストールされている場合は,いったんアンインストールする。

Trac Lightningのインストーラを実行すると,インストールウィザードが起動します。

図2 Trac Ligntingのインストールウィザード

図2 Trac Ligntingのインストールウィザード

以下,指示にしたがってインストールを行います。設定すべき項目は以下の通りです。今回はデフォルトの設定値を使用しましょう。

項目名デフォルト設定値
インストール先の指定C:\TracLight
コンポーネントの選択フルインストール
Maven 2.x(チェックする)
Hudson CI Tool(チェックする)
プログラムグループの指定Trac
追加タスクの選択Apacheの設定を上書きする(チェックする)

セットアップ後にはコンピュータの再起動を要求されます。コンピュータの再起動後,スタートメニューから「Trac」「コマンドプロンプトから実行」を選択してください。

図3 コマンドプロンプトから起動

図3 コマンドプロンプトから起動

実行すると,コマンドプロンプトが起動してTracが実行開始されます。Hudsonもインストールした場合は,Trac用とHudson用の合計2つのコマンドプロンプトが表示されます。コマンドプロンプトを閉じると,Tracも終了します。コマンドプロンプトが邪魔な場合は,スタートメニューから「Trac」「サービスのインストール」を選択すると,Windowsのサービスとして起動できるようになります。

図4 サービスのインストール後

図4 サービスのインストール後

ブラウザで,「http://localhost/trac/」を開いてみましょう。プロジェクトの一覧が表示されます。インストール直後は,SampleProjectが存在します。SampleProjectのリンクを開くと,Tracのスタート画面が表示されます。

図5 プロジェクト一覧

図5 プロジェクト一覧

図6  Trac スタート画面

図6  Trac スタート画面

これでTracのインストールが完了しました。なお,SubversionのリポジトリのURLは,「http://localhost/svn /<プロジェクト名>」になります。サンプルプロジェクトの場合は,「http://localhost/svn /SampleProject/」です。

著者プロフィール

広部一弥(ひろべかずや)

名古屋大学大学院 情報科学研究科在学。システムエンジニアとして9年働いた後,大学に戻り現在は博士後期課程の学生。

URLhttp://weekbuild.sakura.ne.jp/trac/

コメント

コメントの記入