短期集中連載 速報!Ubiquityのポテンシャルを探れ

第1回 Ubiquity登場

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

Mozilla LabsからUbiquity登場 - コントロールを取り戻せ

2008年8月26日(米国時間),Mozilla Labsから実験的な取り組みとしてUbiquityが発表されました。

UbiquityはFirefoxエクステンションとして実装された拡張機能で,Firefoxに対して新しいUIや操作方法,拡張性を提供するものです。簡単に言ってしまうと拡張されたFirefoxの操作をプロンプトからコマンドを使って実行できるようにするものです。将来的には音声による操作やより先進的なUIを使った操作を提供する計画とされています。まだ実験的提供ですが,すでに興味深い機能が実装され有益なうえにいじりがいのあるプロダクトに仕上がっています。

図1 Ubiquity - An experiment into connecting the Web with language.

図1 Ubiquity - An experiment into connecting the Web with language.

Ubiquityがどういった操作性を提供するものかは発表とともに公開された動画を見るのが良いでしょう。Infroducing Ubiquityで公開されていますのでチェックしてみてください(閲覧にはFlash 9かまたはそれ以降のバージョンが必要です)。

Ubiquityの説明には言語による操作を提供するとか,新しいUIの取り組みとか,マッシュアップをサイト視点からユーザ視点に変更するといった説明があります。ここでは特にすでに提供されている機能の便利さと,提供されている拡張性の便利さに的を絞ってUbiquityを紹介します。

Ubiquityインストール

UbiquityはInfroducing Ubiquityからインストールできます。Download Ubiquity 0.1を選択してインストールを実行したらFirefoxを再起動してください。再起動すると次の画面が表示されますので,Ubiquityプロンプトを表示するためのショートカットキーを設定します。

(Click here to chnage)と書いてあるフィールドをクリックしてからショートカットキーを押せば登録されます。デフォルトではControl-Space(Windows),Option-Space(Mac OS X),Alt-Space(FreeBSD/Linux)といったようなショートカットキーになっています。

図2 Ubiquityインストール後の再起動時に表示される - ショートカットキーの設定

図2 Ubiquityインストール後の再起動時に表示される - ショートカットキーの設定

Mac OS Xを使っている場合にはさらにGrowl(http://growl.info/)もインストールする必要があります。Ubiquityは通知メッセージをシステムの通知システムを通じて行います。GrowlはMac OS Xでよく使われる通知システムで多くのアプリケーションが対応しています。

Ubiquityを使ってみる - コマンドで快適操作

設定したショートカットキーを押すと図3のようなプロンプトが表示されます。プロンプトの下に表示されているのは入力補完候補です。補完候補は↑↓キーで選択できます。

ブラウザで表示しているテキストを選択した状態でショートカットキーを押すと図4のように選択されたテキストを含めた候補が表示されます。ここではテキストとしてUbiquityが選択されています。

図4の状態で何も入力せずにエンターキーを押すと,UbiquityをキーワードにしてGoogle検索した結果のページが新しく表示されます。基本的に補完候補で選択されているコマンドが実行されます。

図3 Ubiquityプロンプト - プロンプト下には補完候補が表示されている。選択されている候補が実行される仕組み

図3 Ubiquityプロンプト - プロンプト下には補完候補が表示されている。選択されている候補が実行される仕組み

図4 テキスト'Ubiquity'を選択した状態でUbiquityプロンプトを表示した場合

図4 テキスト'Ubiquity'を選択した状態でUbiquityプロンプトを表示した場合

プロンプトを表示させてからgoogle Ubiquityと入力してエンターキーを押しても同じ結果が得られます。エンターキーを押すとプロンプトは自動的に消えます。入力を取りやめる場合はエスケープキーを押すかマウスでプロンプト以外の場所をクリックします。

図5 google Ubiquityと入力してエンターを押すとGoogle検索が実行される

図5 google Ubiquityと入力してエンターを押すとGoogle検索が実行される

weather tokyoと入力すれば東京の天気情報が表示されます。コマンド入力はオンザフライで解析され,図6のようにプロンプトの下の補完候補表示が消え代わりにプレビューが表示されます。ここでさらにエンターキーを押すと図7のように天気情報のサイトが表示されます。

図6 weather tokyoで東京の天気 - エンターキーで対象ページへ

図6 weather tokyoで東京の天気 - エンターキーで対象ページへ

図7 weather tokyoでエンターキーを押して表示されたページ

図7 weather tokyoでエンターキーを押して表示されたページ

これまでに入力したgoogle,weatherがコマンドです。コマンドの内容にしたがって処理内容は異なります。

コメント

コメントの記入