VB6開発者向け:C#で始める.NETプログラミング

第2回 VB6で作ったサンプルソフト

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

はじめに

本連載では,実際にVB6で開発したソフトウェアがあると仮定して,そのソフトウェアをC#に置き換えながら基本的な技術を学ぶという趣旨なので,当然サンプルとなるソフトウェアが必要です。

そこで,今回はVB6で開発した電話帳サンプルソフトというものを用意してみました。 また,VB6開発者の皆さんが,普段どのような設計をしているのか,どういう設計がよいのかについても,少しだけ触れさせていただきました。

電話帳サンプルソフトとは?

まずは,以下の画面をご覧ください。

電話帳サンプルソフト

電話帳サンプルソフト

電話番号を管理するためのシンプルなソフトウェアです。

番号を入力した後に[追加]ボタンをクリックすると新しい番号が登録され,[読込み]ボタンをクリックすると対応するデータが画面に表示されます。名前・電話番号の値は,自由に変更することができます。変更後に[更新]ボタンを押すと表示中の値が保存され,[削除]ボタンを押すと表示中の番号のデータが削除されます。そして[閉じる]ボタンで,ソフトウェアは終了します。

データベースはMicrosoft Accessを使用してDAO(Data Access Object)によって操作しています。

各コントロールの名前

電話帳サンプルソフトで使用されているコントロールは次の通りです。

  • ラベル(Label)
  • 番号:(label1)
  • 名前:(label2)
  • 電話番号:(label3)
  • コマンドボタン(CommandButton)
  • 読込み(ReadButton)
  • 追加(AddButton)
  • 更新(UpdateButton)
  • 削除(DeleteButton)
  • 閉じる(CloseButton)
  • テキストボックス(TextBox)
  • 番号(CodeTextBox)
  • 名前(NameTextBox)
  • 電話番号(TelephoneNumberTextBox)

上記の名前をご覧いただけばお分かりかと思いますが VB6 開発ではお馴染みのシステムハンガリアン記法は,サンプルコードでは一切使っておりません。これもオブジェクト指向プログラミングに向けた準備だと思ってください。

詳細は,今後の連載の中で触れていきますので,現時点では,オブジェクト指向プログラミングはハンガリアン記法は向いていないのだとご理解ください。

著者プロフィール

伊藤達也(いとうたつや)

(株)井沢電器設備にて、業務管理システムの開発に従事しています。 この記事の趣旨通り、筆者自身が2005年後半にメインの開発言語をVB6からC#に移行し、2007年には Microsoft MVPアワードをC#で受賞しました。

コメント

コメントの記入