テストリーダへの足がかり,最初の一歩

第15回(最終回) プロジェクトのクロージング

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

読者の皆さんこんにちは,今回でこの連載も最終回となりました。

中山君にとって初めてのテストリーダという仕事。同じテストという仕事でも今まで担当していたオペレータと今回初めての経験となるリーダでは求められる作業や観点が全く異なることを嫌というほど体験しました。以前はリーダを「単なる作業振り分け役」としか思っていなかったので常に驚きの連続でした。

読者の中にもそのようなイメージを持っていた方がいるかもしれませんが,リーダは人の上に立つ役割です。人を使うという意味で,行ったり気を配ったりするべきことがたくさんあります。⁠部下がつく」ということを軽く考えてはならないのです。

さて,今回は前回作成したテスト報告書を柏田マネージャに見てもらうところから場面が始まります。長かった仕事もようやく終わりが見えてきました。

【今回の登場人物】

柏田マネージャー:
5年前に新規事業としてソフトウェアの検証事業を自ら企画し,以来ずっとソフトウェアテスト関連事業を統括している。無類の釣り好き。

大塚先輩:
入社10年目。5年前に柏田マネジャーと一緒にソフトウェアテスト事業を立ち上げた。カメラが趣味で,暇さえあれば写真を撮りに出かける。

中山君:
入社5年目。本連載の主人公。入社以来ソフトウェアテスト一筋で経験を積んできた。そろそろ大きい仕事をしたいと考えている。

プロジェクトの振り返り

メンバの力を借りてテスト報告書を完成させた翌日,中山君は安堵の表情で席に座っていました。いよいよ柏田マネージャにテスト報告書を提出する日となりました。

大塚先輩:
じゃぁ,そろそろ行こうか。
中山君:
はい!

緊張してきた中山君を連れて,大塚先輩は会議室に向かいました。会議室に入ると,すでに柏田マネージャは二人を待っていました。

柏田マネージャー:
二人とも来ましたね。早速報告してもらえないか。

中山君は,苦労して書き上げたテスト報告書を緊張で震える手で手渡しました。大塚先輩も少し心配した表情でそれを見ています。柏田マネージャはじっくりと読んでいます。無言の会議室は中山君をさらに緊張させていきます。そして10分程経ちました。

柏田マネージャー:
…うん,多少気になるところもありますが,問題ないでしょう。中山君,初めての経験で大変だったでしょうがお疲れさまでした。
中山君:
はい,ありがとうございます!
柏田マネージャー:
それから大塚君もご苦労だった。君の苦労もあればこそだ。
大塚先輩:
いえいえ。結局実作業は中山君やメンバによるもので,私は少しフォローしただけですから。

ようやく会議室に和やかな雰囲気が漂いました。

はじめてのリーダを振り返って

柏田マネージャー:
さて,このリーダという仕事が終わってみてどういう感想を持っているかな?
中山君:
こんなにもリーダが大変な仕事だとは思いませんでした。人に指示を出すということは難しいですね……。
柏田マネージャー:
立場が変わると大きく仕事が変わります。日ごろそれを意識しておかないと,いざ自分がその立場となった時に対応できません。
中山君:
僕は「オペレータ+仕事振り分け」というイメージでいたのですが,すべてが根本的に違っていたようです。
大塚先輩:
オペレータ,リーダ,マネージャはそれぞれの立場で求められる仕事と責任が異なるんだよ。今回痛感したと思うけど,それぞれの立場での責務と振舞を理解しておくことは非常に大切なことだ。

立場によって責務が異なる

マネージャ,リーダ,オペレータでそれぞれの責務は大きく異なります。⁠リーダ=オペレータ+α」ではなく,⁠マネージャ=リーダ+α」でもありません。それぞれ独立した責務を持っています。さらに組織である以上,企業という組織として誰がどの立場で仕事をしているのか,そしてどういった立場で他の人に接しているのかということを意識しなければなりません。

リーダになることで,オペレータの立場では求められなかった責務が与えれます。リーダというのもひとつの専門職と捕らえることができます。何をすべき立場なのかをしっかりと理解しましょう。

著者プロフィール

鈴木三紀夫(すずき みきお)

1992年,(株)東洋情報システム(現TIS(株))に入社。複数のエンタープライズ系システムの開発に携わり,現在は社内のソフトウェアテストに関するコンサルタントとして活動中。ASTER理事,JaSST実行委員,JSTQB技術委員,SQiPステアリング委員 他。

著書


池田暁(いけだ あきら)

2002年日立通信システム(現日立情報通信エンジニアリング)に入社。設計,ソフトウェア品質保証業務を経て,現在は開発に関する設計/テストツールの導入や,プロセス改善に関する業務に従事。ASTER理事,JaSST実行委員,品質管理学会・ACM正会員。

著書

コメント

コメントの記入