VPSでRuby開発をしよう

第4回 Railsでの開発は本当に簡単か?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

Ruby連載の第4回目にあたる今回は,Webスケジューラ作成をちょっとお休みして,Ruby on Rails(以下Rails)ではアプリを本当に簡単に作成できるのかを実験してみましょう。

本連載では,@YMCのVPSサービスを用いて説明を進めていきます。利用するVPSサービスにより細かな違いはありますが,大きな流れは同じですから,ご利用の環境に合わせて読み替えてください。

“とりあえず動く”アプリを作ってみる

プロジェクトの作成

いきなりですが,名前と電話番号,メールアドレスからなる人名録を作ってみましょう。以下のコマンドを実行します。

$ rails -d mysql addrbook

引数のうち,「-d mysql」はDBエンジンにMySQLを使用するという指定,「addrbook」は作成するプロジェクトの名前です。どんな名前でも構いませんが,わかりやすくて長すぎない名前がいいでしょう。

プロジェクト名と同じaddrbookというディレクトリができますので,カレントにします。lsコマンドで見てみると,たくさんのサブディレクトリが作成されています図1)。

図1 Railsにより作成されるサブディレクトリなど

$ ls -la
total 68
drwxrwsr-x 13 webmaster webmaster  4096 Jun 12 11:24 .
drwxr-sr-x  6 webmaster webmaster  4096 Jun 12 11:24 ..
drwxrwsr-x  6 webmaster webmaster  4096 Jun 12 11:24 app
drwxrwsr-x  5 webmaster webmaster  4096 Jun 12 11:24 config
drwxrwsr-x  2 webmaster webmaster  4096 Jun 12 11:24 db
drwxrwsr-x  2 webmaster webmaster  4096 Jun 12 11:24 doc
drwxrwsr-x  3 webmaster webmaster  4096 Jun 12 11:24 lib
drwxrwsr-x  2 webmaster webmaster  4096 Jun 12 11:24 log
drwxrwsr-x  5 webmaster webmaster  4096 Jun 12 11:24 public
-rw-rw-r--  1 webmaster webmaster   307 Jun 12 11:24 Rakefile
-rw-rw-r--  1 webmaster webmaster 10011 Jun 12 11:24 README
drwxrwsr-x  3 webmaster webmaster  4096 Jun 12 11:24 script
drwxrwsr-x  7 webmaster webmaster  4096 Jun 12 11:24 test
drwxrwsr-x  6 webmaster webmaster  4096 Jun 12 11:24 tmp
drwxrwsr-x  3 webmaster webmaster  4096 Jun 12 11:24 vendor

続いて,以下のコマンドを実行しましょう。

$ script/generate scaffold item name:string phone:string mail:string

最後の3つの引数は,データ型の定義です。ここでは,名前を格納するname,電話番号を格納するphone,メールアドレスを格納するmailの3つを定義し,いずれも文字列型(string)としました。

scaffoldの扱いが変更に

上記のコマンドをよくご覧いただくと,「scaffold」という語が入っています。これはRailsのscaffold(足場)という仕組みを利用しています。

以前のRailsではコントローラファイル(例: items_controller.rb)「scaffold :item」という行を追加したのですが,現在はgenerateコマンドに扱いが変わりました。以前のRailsを使っていた方が引っ掛かりやすいポイントですので,ご注意ください。

次に,このプロジェクトからMySQLデータベースを利用するための設定ファイルを一部変更します。config/database.ymlファイルのdevelopmentセクションを,viなどのエディタでリスト1のように変更してください。赤文字の部分はMySQLのユーザ名とパスワード,青文字の部分は作成するMySQLのデータベース名です。いずれも次の手順で使用します。

リスト1 config/database.ymlの変更箇所

(略)

development:
  adapter: mysql
  encoding: utf8
  reconnect: false
  database: addrbook_development
  pool: 5
  username: addruser
  password: addruser
  socket: /var/lib/mysql/mysql.sock

(以下略)

MySQLでの準備

ここでいったんRailsから離れて,MySQLで作業します。コマンドラインでの操作方法を紹介しますが,phpMyAdminなどのツールを使ってもかまいません。

まずはMySQLにログインして,このプロジェクト専用のユーザを作成します。

$ mysql -u root -p
(略)
mysql> CREATE USER 'addruser'@'%' IDENTIFIED BY 'addruser';

続いて空のデータベースを作成し,今作成したユーザaddruserに権限を与えて,MySQLからログアウトします。

mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON `addrbook_development` . * TO 'addruser'@'%' WITH GRANT OPTION;
mysql> FLUSH PRIVILEGES;
mysql> exit

これで,MySQLでの準備作業が終わりました。

MySQLテーブルの作成

次は,実際にデータを格納するMySQLテーブルの作成です。といってもMySQLのクエリを実行する必要は無く,シェルで以下のコマンドを実行するだけです。

$ rake db:migrate

これだけでscript/generate scaffold~での指定に基づき,addrbook_developmentデータベースにitemテーブルが作成されます。

著者プロフィール

山本善之介(やまもとぜんのすけ)

フリーランスライター。富山県出身。プログラマから編集プロダクション勤務を経て,現在はIT系を中心に執筆活動中。趣味はPHPやVisual Basic,MySQLなどによるプログラミング,時刻表や地図を読むこと。池波正太郎と山本夏彦,小林よしのりのファン。

コメント

コメントの記入