Windows Azureモバイルサービスで始めるスマホアプリ開発

第2回 Xamarinを使ってiOS向けアプリを開発(前編)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

前回に引き続き,Xamarinを使用してiOS向けのアプリを開発します。

Xamarinとは

Xamarinとは,iOS,Android,Mac OS,Windowsのマルチプラットフォーム開発環境です。C#と.NET Frameworkを使用してそれぞれのアプリを開発することが可能です。

XamarinにてiOSアプリを作成する

早速XamarinにてiOS向けアプリを作成します。動作環境としてMac OS XとXcodeが必要になります。

Microsoft Azure 管理ポータルにアクセスし,前回作成したサービスを開きます。Xamarinのインストール,TodoItemテーブルを作成,アプリケーションをダウンロードして実行するという3つの手順が必要です。順番に説明します。

Xamarin のインストール

インストールの流れを,画面とともに説明します。

インストール開始

インストール開始

必要事項を記入して「Download Xamarin for OS X」をクリックします

必要事項を記入して「Download Xamarin for OS X」をクリックします

ダウンロードが自動で始まります。ダウンロードが完了しましたらファインダーにてファイルをダブルクリックします

ダウンロードが自動で始まります。ダウンロードが完了しましたらファインダーにてファイルをダブルクリックします

「Install Xamarin.app」をダブルクリックします

「Install Xamarin.app」をダブルクリックします

使用許諾を読み同意しましたら,⁠I agree to license terms」にチェックを入れて「Continue」をクリックします

使用許諾を読み同意しましたら,「I agree to license terms」にチェックを入れて「Continue」をクリックします

「Xamarin.Android」⁠Xamarin.iOS」⁠Mac」のすべてにチェックを入れて「Continue」をクリックします

「Xamarin.Android」「Xamarin.iOS」「Mac」のすべてにチェックを入れて「Continue」をクリックします

これからインストールされる容量とダウンロードする容量を確認し,⁠Continue」をクリックします

これからインストールされる容量とダウンロードする容量を確認し,「Continue」をクリックします

インストールされるコンポーネントが表示されます。⁠Continue」をクリックします

インストールされるコンポーネントが表示されます。「Continue」をクリックします

Android SDKの使用許諾を読み同意しましたら,⁠Accept this license」にチェックを入れて「Continue」をクリックします

Android SDKの使用許諾を読み同意しましたら,「Accept this license」にチェックを入れて「Continue」をクリックします

しばらくするとインストールが完了します。⁠Launch Xamarin Studio」をクリックし起動します

しばらくするとインストールが完了します。「Launch Xamarin Studio」をクリックし起動します

このようにXamarinが起動しましたらインストール成功です。

Xamarinの起動

Xamarinの起動

Xamarinのアクティベーション

Xamarinを初回起動した際,アクティベーションを求められます。その際はTrial版を選択してください。これで30日間の評価が可能となります。アクティベーションをしない場合は,次のエラーが表示されてiOSアプリを起動することができません。

これは未登録の場合,65535バイト以上のアプリを作成できないXamarinの制限事項となっています。今回使用するサンプルアプリはライブラリを含んでおり,制限を超えてしまっているため,アクティベーションが必須です。

エラー表示

エラー表示

TodoItemテーブルの作成

Xamarinのインストールが完了しましたら,Microsoft Azure 管理ポータルに戻り「TodoItemテーブルを作成」をクリックします。

「TodoItemテーブルを作成」をクリックします

「TodoItemテーブルを作成」をクリックします

クリックするとTodoItemテーブルが作成されます。

TodoItemテーブルが作成されます

TodoItemテーブルが作成されます

「TodoItem テーブルが作成されました」と表示されることを確認します。

著者プロフィール

山本誠樹(やまもとまさき)

ブログ:http://nnasaki.hatenablog.com
Twitter:@nnasaki
Facebook:https://www.facebook.com/nnasaki
Github:https://github.com/nnasaki

コメント

コメントの記入