Windows Phoneアプリケーション開発入門

第11回 Windows Phone 7でHello Worldアプリを作ってみよう!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

はじめに

MIX10ではWindows Phone 7 Seriesとして紹介されていましたが,なんらかの動きがあったのか先日Seriesを除いて「Windows Phone 7」を正式名称とする旨がTwitterにて報告されていました。

名前が変わっても日本市場での発売についてはまだ発表されていません。しかし,一開発者としてアプリケーション開発を行う分には発売の有無は関係ありませんので,じゃんじゃんWindows Phone 7プログラミングを試していきましょう。

今回は最初の一歩ということで,Silverlightによる「Hello World」⁠XNA GameStudio 4.0による「Hello World」を実装したいと思います。

開発環境のインストール

では早速,開発環境をインストールしましょう。

Windows Phone Developer Tools CTP

SilverlightとXNAの開発環境とWindows Phone 7のエミュレータが含まれており,このパッケージをを導入するだけでWindows Phone 7アプリケーションの開発が可能となります。本パッケージ含まれるツールは以下の4つです。

  • Visual Studio 2010 Express for Windows Phone CTP
  • Windows Phone Emulator CTP
  • Silverlight for Windows Phone CTP
  • XNA 4.0 Game Studio CTP

ひょっとするとまだ現役かもしれないWindows XPは,既に2009年4月にメインストリームサポートが終了していますので,Windows Phone 7の開発環境を導入することができません。

この開発環境を導入可能な(サポートされている)OSは,Starer Edition 以外のWindows VistaとWindows 7のみとなります。Windows Vistaは,Service Pack 2以降を導入している必要があるようです。

インストールにあたり,2点気を付けないといけません。

まずは今までに,.NET Framework 4.0 Beta関連のソフトウェアを導入した記憶があれば,それらをアンインストールをしましょう。Beta版の残骸が残っているとインストールを進めることができなくなります。私は,Visual Studio 2010 Beta 2を評価のために導入した関係もあり削除に時間がかかってしまいました。

もう1つは,お使いのPCにDirectX 10に対応したグラフィックカード(with WDDM 1.1 Driver)が搭載されていないと,XNA Game Studioで作成したアプリケーションをエミュレータ上でデバッグすることができません。これはWindows Phone エミュレータがデスクトップGPUを拡張して物理デバイス上で動作させるためです。

以下のページからvm_web.exeをダウンロードします。

ダウンロードが完了したら,セットアップファイルを起動してください。

ライセンスの承諾

ライセンスの承諾

Install Nowボタンを押下します

Install Nowボタンを押下します

必要なファイルをダウンロードしています

必要なファイルをダウンロードしています

全てのインストールの完了後に再起動します

全てのインストールの完了後に再起動します

Run the Product Nowボタンを押下して起動

Run the Product Nowボタンを押下して起動

Visual Studio 2010が起動します

Visual Studio 2010が起動します

以上で,Windows Phone Developer Toolsのインストールは完了です。

著者プロフィール

和田健司(わだけんじ)

1982年10月12日生まれ。大阪で働くプログラマ。Microsoft MVP for Device Application Development(Jul 2010 - Jun 2011)。Windows Mobileに傾倒し今に至る。Windows Mobile向けのTipsを書いています。iPhoneアプリ開発を始めました。嫌いな食べ物はカレー。

URL: http://ch3cooh.jp/
Blog: http://d.hatena.ne.jp/ch3cooh393/

コメント

コメントの記入