Windows Phoneアプリケーション開発入門

第40回 Facebook C# SDKを使ってみよう!(1)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

はじめに

Windows Phoneは,ソーシャルネットワーキングサービス(以後,SNS)方面を強化したOSです。しかし複数のサービスにシンプルに対応するために,各サービス単位でみるとサポートされていない機能が多々あります。

Windows Phone OS 7.1で標準APIとして提供されている機能は,ShareLinkTaskクラスとShareStatusTaskクラスを使ったステータスの共有とウェブサイトへのリンクの共有のみです。

今回はSNSの代表格でもあるFacebookの機能を利用するためのライブラリ「Facebook C# SDK」の導入と認証についてご紹介します。今回はサンプルコードを用意していますので,どうぞご参照ください。

Facebookのアプリケーション登録

FacebookのAPIを使用するには,まずFacebook側でアプリケーションの登録が必要です。

Facebook開発者サイトを開くと,ログインを求められる場合がありますのでログインしてください。既にログインした状態であれば,下図のようなダイアログが表示されます。⁠許可する]をクリックしてください。

画像

右上に表示されている[新しいアプリケーションを作成]をクリックします。

画像

新しいアプリケーションの登録ダイアログが表示されるので,⁠App Display Name」の欄に使用したいアプリケーションの名前を登録してください。利用規約を読んだうえで,⁠I agree to the Facebook Platform Policies」にチェックをつけて[続行]をクリックします。ここでは⁠ch3cooh_test⁠というアプリ名を付けたこととします。

画像

次に基本設定画面が表示されるので,App ID(アプリケーションキー)とApp Secret(シークレットキー)のキーを控えておいてください。FacebookのAPIを使用する際に,このアプリケーションキーとシークレットキーの二つが必要となります。

画像

Windows PhoneアプリケーションとFacebookの連携を行うために,左側に表示されているメニューから詳細設定を選択します。

画像

アプリケーションキーとシークレットキーを使ってユーザー認証を行うと,アクセストークンがサーバーから返されます。このアクセストークンがFacebook APIを使用するのに必要になります。

認証自体はWindows Phoneアプリケーションで行うのですが,サーバーからアプリケーションに対してアクセストークンを返すようにあらかじめ設定しておく必要があります。App Typeの設定を「Navite/Desktop」に変更します。

その他項目に関しても下図を参照して頂いて,必要に応じて変更しておいてください。

画像

以上でFacebookへのアプリケーション登録準備は完了です。

著者プロフィール

和田健司(わだけんじ)

1982年10月12日生まれ。大阪で働くプログラマ。Microsoft MVP for Device Application Development(Jul 2010 - Jun 2011)。Windows Mobileに傾倒し今に至る。Windows Mobile向けのTipsを書いています。iPhoneアプリ開発を始めました。嫌いな食べ物はカレー。

URL: http://ch3cooh.jp/
Blog: http://d.hatena.ne.jp/ch3cooh393/

コメント

コメントの記入