使ってみよう! Windows Live SDK/API

第25回 Live Search API 2.0 ── JavaScriptからの利用

この記事を読むのに必要な時間:およそ 6 分

Live Search API 2.0

昨年の2008年11月に,Live Search API 2.0 Betaがリリースされました。本連載の第1回目でもLive Search APIを紹介しましたが,そのときは1.1 Betaでした。2.0になり大きくAPIが変更されています。

今回はこの新しいバージョンのLive Search APIについてです。まずは新しい機能を簡単に確認してみましょう。

新しい検索対象

「検索」対象とは言えないかもしれませんが,新しく情報を取得できるリソースとして,これまでのWebページや画像に加えて次のものが加わりました。

  • 関連する検索キーワード
  • クイックアンサー
  • 広告

Live Searchで検索すると表示される「関連する項目の検索」の情報図1や,検索キーワード欄に計算式や「2009年 七夕」,「カロリー ハンバーグ」といった言葉を入力すると表示される情報図2を取得できるようになりました。後者はクイックアンサーと呼ばれるLive Searchの機能です。広告については日本でサービスしておらず,マイクロソフトとの契約が必要であるため,関係のある方は少ないでしょう。

図1 関連する項目

図1 関連する項目

図2 クイックアンサー

図2 クイックアンサー

新しいプロトコル

以前のAPIはXMLをベースとしたSOAPと呼ばれるプロトコルを使用してLive Searchサービスとやり取りをする必要がありました。Version 2.0では新たにプロトコルが増えて次の3種類になっています。

  • JSON
  • XML
  • SOAP

JavaScriptで利用が便利なJSON形式や,多くのWebサービスで利用されているXML形式が増えました。これまで同様SOAP形式もありますが,中のデータ型は変更になっています。

JSON,XML形式ともHTTP GETメソッドによりリクエスト用のURLにアクセスすることでレスポンスを得ます。

このプロトコル追加が一番インパクトのある新機能ではないでしょうか。多くのプログラミング言語からの利用がより簡単になり,JavaScriptを利用するとクライアントPCとLive Searchサービスのサーバーとの通信だけでAPIの利用が可能です。Webアプリケーションサーバーが仲介する必要はありません。本記事ではJavaScriptとJSON形式によるAPI利用を紹介します。

厳密な型

Live Search APIで扱うデータやパラメータは,検索対象によって一様ではありません。これまでのSOAP APIではリクエストとレスポンス用にそれぞれひとつのデータ型しかありませんでした。そのため,レスポンスデータのTitleプロパティに検索語の修正候補が設定されているなど,不都合がおきていました。新しくなったAPIでは検索対象に合わせた個別のデータ型が用意されており,コードを記述する際に間違いの軽減や可読性に役立つものとなっています。

その他の変更点

上記のほかに,この後に登場するLive Search Developer Centerの刷新や,利用規約の改定により無制限にAPI呼び出しが可能になったこと,エラーハンドリングの改善が変更点となっています。

Application IDの取得

Live Search API を利用するにはApplication IDが必要となります。まずはApplication IDを作成しましょう。作成にはWindows Live IDアカウントが必要です。

Live Search Developer Center図3へ移動し,以下の項目について記入します。

項目 説明
Application name アプリケーション名
Description アプリケーションの説明
Company name 会社名
Country/region 国・地域
Email address E-mailアドレス
Website Webサイトのアドレス(オプション)

アプリケーション名にはAPIを利用するアプリケーションの名前を記入します。企業のみの利用に限られていませんので,会社名には個人利用の場合,それとわかる内容を記入しておくとよいでしょう。

図3 Live Search Developer Center

図3 Live Search Developer Center

利用規約を確認後(承諾の場合チェックボックスをチェックします),[Agree]ボタンをクリックするとApplication IDが作成されます。IDは16進数の文字列です。

作成したIDの管理はLive Search Developer CenterのHomeページから行います。最近24時間の各IDによるAPI利用回数も確認することができます。

著者プロフィール

松江祐輔(まつえゆうすけ)

日本システムウエア株式会社 勤務。現在,ハードウェア設計・検証業務を担当。大学生・大学院生時代はベンチャー企業 有限会社ミレニアムシステムズにプログラマーとして従事。趣味はプログラミング。好きな言語はVisual Basic。Microsoft MVP for Windows Live Platform(Jul 2010 - Jun 2011),Windows Live(Jul 2011 - Jun 2013)。

URL:http://katamari.jp

コメント

  • 関連する項目の検索について

    図1の「関連する項目の検索」内容を削除することは出来ますか?出来るならば方法を教えていただけませんか?

    Commented : #1  西野さち (2009/04/04, 00:04)

コメントの記入