使ってみよう! Windows Live SDK/API

第48回 SkyDrive API 概要(1)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 8.5 分

Live ConnectとSkyDrive

前回から日が開いてしまいましたが,本年も引き続きLive Connectを紹介していきます。よろしくお願いいたします。

Live Connectは,Windows Liveサービスと統合したアプリ開発を可能にするAPIコレクションです。2011年12月にLive ConnectのアップデートのアナウンスがありましたInside Windows Live)⁠これまでのDeveloper Preview版から,若干の修正を加え,正式なバージョンとしてAPIを利用できるようになっています。

アップデートに伴い,開発者向けのサイト,Live Connect Developer Centerも更新され,新しいLive SDKもリリースされています。詳しく知りたい方は,こちらもチェックしてみてください。

さて,今回はSkyDriveです。Live Connectを利用するとSkyDriveにアクセスできます。SkyDriveのAPIを待望していた人も多いのではないでしょうか。Live Connectの前身であるMessenger Connectでも限定的なアクセスはできていましたが,オブジェクトの作成やアップロードなどの操作は,今回のLive Connectからできるようになりました。Live Connectは特定のプラットフォームに限定されたものではありません。iOSやAndroidなどからも使えます。Windows PhoneやWindows 8では,便利に使えるAPIが用意されています。ぜひSkyDriveと連携したアプリ開発にトライしてみてください。

新しいSkyDrive

はじめにSkyDriveのサービス自体について紹介します。SkyDriveは,無償のオンラインストレージサービスです。写真やファイルを保存,そして共有できます。容量は25GBまで利用できます※1)⁠Office文書の作成・表示・共有などOffice Web Appsとシームレスな連携も特徴です。

図1 SkyDrive

図1 SkyDrive

昨年の11月にアップデートがあり,さらにモバイル向けアプリが12月に公開されています。アップデートでは,共有機能の強化や,右クリックによるメニューの表示,ドラッグドロップによるファイルのアップロードなど,使いやすいUIが提供されています。

昨年からSkyDriveはHTML5やCSS3の機能を積極的に利用し,Internet Explorer 10や最新のGoogle Chrome,Firefoxで動作する機能もあります。Windows 8でもクラウドストレージとして重要な役割を担うと予想されます。まだ利用してみたことがない方は,今のうちに使ってみてください。もし改善点などの要望があれば,フィードバックを「ご意見ご感想」から送信するとよいでしょう。

※1

ひとつのファイルは100MBまでのサイズ制限があります。少しややこしいのですが,Live Meshを利用すると5GBのストレージを追加で利用でき,ひとつのファイルサイズの制限もありません。また,Liveグループを利用するとグループ専用の5GBのストレージが利用できます。

SkyDrive APIのできること・できないこと

それでは,APIの内容についてみていきましょう。ちなみにSkyDrive APIという言葉は,正式なドキュメントには出てきていません。SkyDriveへのアクセスは,Live Connectで接続できるリソースのひとつにすぎません。言い換えると,SkyDrive以外のリソースにもこれから紹介する同様の手法でアクセス可能です。

Live Connectを利用すると,WebサービスのSkyDriveと同じものが作れるかというとそうではありません。今のところ,フォルダーやファイルの操作は限定されています。また扱えるファイルの種類も制限されています。

フォルダー・ファイルのアクセス

Live Connectで,フォルダーとファイルについて可能な操作は,次の通りです。

  • フォルダー・ファイル情報の取得
  • フォルダー・ファイル情報の変更
  • フォルダーの作成
  • フォルダー・ファイルの削除
  • ファイルのダウンロード
  • ファイルのアップロード
  • フォルダー・ファイルの共有リンクの作成
  • ファイルの埋め込み用HTMLコードの取得
  • フォルダー・ファイルの移動
  • ファイルのコピー
  • フォルダー・ファイルのコメント取得

SkyDriveでは,アルバムという特別なフォルダーがあります。アルバムは,写真やビデオ,音楽ファイルの保存を目的としたもので,SkyDriveのUIでは「写真」メニューから,まとめて表示できます図2)⁠通常のフォルダーとアルバムの変更は,フォルダーの種類図3から行います※2)⁠

図2 写真フォルダーの表示

図2 写真フォルダーの表示

図3 フォルダーの種類の変更

図3 フォルダーの種類の変更

写真・ビデオ・音楽ファイルは特別なファイルとして扱われ,サムネイルなどファイルより多くの情報を持っています。

アルバムと写真などのファイルについても,フォルダーやファイルと同様の操作ができます。Live Connectでは,通常のフォルダーやファイルと区別して操作でき,アルバム内の写真の一覧の取得といった操作も可能です。また,ユーザーはアプリに対して,アルバム情報のみアクセスを許可するといったこともできます。アルバム関連で可能な操作は次の通りです。

  • アルバム情報の取得
  • アルバム情報の変更
  • アルバムの作成
  • アルバムの削除
  • 写真,ビデオ,音楽情報の取得
  • 写真,ビデオ,音楽情報の変更
  • 写真,ビデオ,音楽のアップロード
  • 写真,ビデオ,音楽の削除
  • タグ情報の取得

以上が,SkyDriveのフォルダーやファイルに対してできる操作です。これ以外の操作,たとえば,共有設定の変更などはできません。

※2

写真しか格納していないフォルダーは変更が反映されないようです。

著者プロフィール

松江祐輔(まつえゆうすけ)

日本システムウエア株式会社 勤務。現在,ハードウェア設計・検証業務を担当。大学生・大学院生時代はベンチャー企業 有限会社ミレニアムシステムズにプログラマーとして従事。趣味はプログラミング。好きな言語はVisual Basic。Microsoft MVP for Windows Live Platform(Jul 2010 - Jun 2011),Windows Live(Jul 2011 - Jun 2013)。

URL:http://katamari.jp

コメント

コメントの記入