YAPC::Asia Tokyo×gihyo.jp presents―まもなく開催!アジア最大のPerl開発者の祭典,YAPC::Asia Tokyo 2009

第3回 一般トラック

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

第3回目は,応募により選ばれた一般トラックについて紹介します。

一般トラックは応募のあったセッションのほとんどが入っているトラックです。製品の紹介もあれば,エキスパートによりノウハウの伝授,Perl言語の開発に関わっている方によるPerlの未来についての講演もあり,豊富な話題から刺激を得られること請け合いです。全部で35個のセッションがYAPC期間中に発表され,その内容の幅の広さはPerl言語の用途の広さとコミュニティの深さを感じさせてくれるものとなっているのではないでしょうか。

気になるセッションにはぜひチェックを!

なお気になるセッションを見つけた方はYAPC::Asia Tokyo 2009サイトにログインした後に各セッションのページ下部にある「add to personal schedule」の横の星マークをクリックしてそのセッションを見る予定であることを記録してください。講演者のモチベーションもぐっとあがりますのでぜひ登録を!

英語トラックを中心に

英語トラックには気後れをする方も多いかと思いますが,例年YAPCに来ていただく外国のスピーカーの方々はその世界でも一流の人たちであり,なおかつYAPCやその他のカンファレンスなどでも常に発表を行ってきているベテランばかりですので この機会にぜひ彼らのセッションに参加することをお勧めいたします。

(誠に個人的な試みですが,とくに英語のセッションに関しては筆者のできる範囲でYAPCの後で「おさらい会」をしてみることも考えています。希望の方は是非ご連絡を)

Perl6:

つい先日Perl6 の実装であるRakudoが2010年4月をめどに公開されることが発表されましたが,今年のYAPCではまさにその辺りの最新Perl6事情も聞けます。Perl6自体が突然Perl5を駆逐することはないでしょうが,ハッカートラックのTomorrow.pmなどでも取り上げられているようにPerl5でPerl6の良いところどりをしようという試みも続けられる中,技術者としては言語そのものの進化や新しいパラダイムに関しては気を配る必要があるはずです。

今年はPerl6開発に深く関わっているJonathan Worthington氏がSolved in Perl6で Perl6を使うことによって解決できる問題の数々の解説とThe Way To Rakudoでは現在のRakudo実装状態,そしてリリースに向けてのプランなどを語っていただきます。

また,こちらは日本語ですが,ご存じ小飼弾氏がこのようなPerl6に向けての流れが加速しつつあるなかPerl6に向けての準備が必要なのか,否か?など,現状についての説明を「Perl? Which Perl?」でしていただく予定です。Jonathan Worthington氏のお話と合わせて

Moose:

Mooseを使ったオブジェクト定義をより便利・強力にするための拡張モジュールは基本的にCPAN上にMooseX::* 名前空間にアップロードされていますが,日を追うごとにその数が増えており始めたばかりの人は一瞬とまどうかもしれません。MooseX::TourismではFlorian Ragwitz(rafl)氏にMooseX周りの珠玉の拡張モジュール群を紹介をしていただきます。

API DesignではShawn Moore氏がAPI設計,特にプラグイン機構を組み込む際の設計について,Moose, HTTP::Engine, IM::Engine, Dist::Zilla, KiokuDBI, Fey, TAEBなどの開発を通して得た経験を元に語っていただきます。このセッションでは特にプラッガブルなシステムをMooseのRoleを使うことによって開発する方法についても解説します。もっとうまくAPI設計をしたい!という方,大きなフレームワークの開発に関わっている方は必見です。

その他:

最後に筆者も詳細はまだよく理解していないのですが,昨年のYAPCでも作者のJesse Vincent氏が紹介していたProphetを使用したSDという分散バグトラッキングシステムの使い方がP2P Bug tracking with SDで紹介されます。gitのような分散VCSと動作させるように設計されているとの事なので,なかなか気になっています。

その他の英語トラック

Good Evils in Perl(Perlの正と邪)
Perl機能・CPANモジュールの中でのおすすめ・すばらしい物(正)と使うべきではないもの(邪)を紹介します。
Learning from Ruby
PerlのカンファレンスなのにRubyです!このセッションではRubyで使える機能をPerl5でも使ってしまおうとします…!
perl hacks on vim
vimで使えるPerlハックと,Perlで書かれたVimスクリプト管理ツールの紹介。筆者もvim使いです:)
Redefining technological debt
開発作業でどうやっても蓄積されてしまう「技術の負債(仕様と実装の差)」をどのように技術を理解しないマネジメントと共有し,現実的な折り合いをつけていくのか,そしてそのための方式を紹介します。

システム管理・運用

Perlといえばシステム管理・運用のシステムだと実は筆者は認識しています。Perlとの出会いも某米国の会社でシステム管理ツールを書いていたときですし,その後も複数のシステムと絡む際に必要となるモジュール類が探せばほぼすべてCPANにあがっていてどれだけありがたかったかよく覚えています。

Perlでシステム管理をしていて困るのが実はCPANとperl以外のパッケージングシステムとの共存です。さまざまな方法があるのですが,システム管理者としてはLinux系のマシンであればrpmやaptといったシステムを使いたいと思うのが普通です。dann氏の「 CPAN::PackagerによるRPM/Debの自動生成」ではCPANモジュールからそれらのパッケージングシステムに使えるPerlパッケージを作る方法を語っていただきます。

実際に運用されているシステムの話としては伊藤直也氏の「はてなブックマークのシステムについて」と,長野雅広(kazeburo)氏によるmixiの配信の裏側についての「モバイル画像配信とPerl」があります。大規模サイトの運用は誰もが参加できるわけではないので,最前線で運用と戦っている方たちのセッションは非常にためになるはずです。

直接システムと関係あるわけではありませんが,「Asynchronous Database Queries with Perl」も大規模なツール類を開発する際には必ず向き合わなければならない大量のデータベースクエリという重要なトピックに関して聞くことができます。同じ技術を使うかどうかわかりませんが,非同期プログラミングに関してはハッカートラックの項で紹介したAnyEvent, Coroと言った非同期プログラミングフレームワークのセッションと合わせて聞いてみるとよりわかりやすいかもしれません。

またまだ本稿の段階で詳細がわかっていないのですが,[24時間365日] サーバ/インフラを支える技術などでも知られるひろせまさあき氏による「インフラのはなし(仮)」も実は気になっており,筆者が寄ってみたいと考えているセッションの1つです。詳細が入ったら皆さんも是非確認してみてください。

著者プロフィール

牧大輔(まきだいすけ)

Japan Perl Association代表理事,株式会社endeworks代表取締役。ブラジル,アメリカで育ち,Network Appliance Inc.勤務後帰国。ライブドア(株)などを経た後起業。Perl/C/MySQLなどのオープンソース技術を使ったシステム開発をメインに,講師,コンサルティング,執筆活動などを行っている。

著作に『モダンPerl入門』(翔泳社)がある。

コメント

コメントの記入