ZendFrameworkで作る『イマドキ』のWebアプリケーション

第1回 開発環境の準備(上)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5.5 分

Zend Frameworkを利用したWebアプリケーションの構築の前に,開発環境を整えます。今回はZend Frameworkのインストールではなく,Zend Frameworkをインストールするための環境を整えます。

Linux/Windows/Mac OS Xでほぼ同じ環境で動作する構成を紹介します。Linux版(CentOS 5)のVMWareイメージは筆者のサイトで公開しています。これと同じ,環境の構築手順を紹介します。

本連載では基本的にLinux(CentOS 5)での環境を前提にZend FrameworkによるWebアプリ開発を紹介しますが,ここで解説する環境をWindowsやMacに構築すれば同じように開発できます。

Zend Frameworkの利用に必要な環境

Zend FrameworkはPHP5用のフレームワークです。当然,PHP5が必要です。Zend_Controllerを除けば,利用環境にほとんど制約はありません。Zend_ControllerはWebサーバのURL書き換え機能に依存しているため,URL書き換えが行えるWebサーバのみサポートしています。

Webアプリケーションを作る場合には,いわゆるMVCモデルで開発するため,Zend_Controllerが使えないと今時のWebアプリケーションは開発できません。現在(2009/1/5)のところ,Zend_ControllerはApache Web ServerとMicrosoft IISで動作します。つまり,Zend Frameworkを利用したWebアプリケーションはApacheまたはIIS上で動作するアプリケーションとして開発できます。

ZendFramwork開発環境の構築

利用するコンポーネント

PHP:PHP 5.2
フレームワーク:Zend Framework 1.7
Webサーバ:Apache Web Server 2.2
データベース:PostgreSQL 8.3
IDE:Eclipe 3.4 PDT(PHP Development Tool)
バージョン管理:Mercurial 1.1
ブラウザ:Firefox 3.0
OS:Windows XP/Vista,Mac OS X 10.5,Linux(CentOS 5)
※注意:利用するコンポーネントは必要に応じてアップグレードする場合があります

このほかにも必要なコンポーネントがありますが,それら※1は順次紹介することにします。

※1
GnuPG,FireBug,FirePHPなど

文字エンコーディング

記載がない限り,UTF-8文字エンコーディングを利用します。

ディレクトリ構成

/www
Web用のディレクトリ
/www/default
デフォルトのアプリケーションディレクトリ

アプリケーションごとに/www以下にディレクトリを作ることにします。Apache Web Serverを利用するので,仮想ホストも利用可能ですが,説明を簡略化するため/www/default/htdocsをドキュメントルートに設定して,アプリケーションの切り替えはシンボリックリンク(Linux/Mac)かコピー(Windows)で行うことにします。

利用するパッケージの紹介

PostgreSQL 8.3 One-Clickインストーラ

今回はPostgreSQL 8.3のバイナリ配布版である「PostgreSQL 8.3.5 One-Clickインストーラ」を利用して開発環境を構築することにしました。PostgreSQL 8.3のバイナリ配付版は米国のEnterpriseDB社によって開発され,配布されています。EnterpriseDB社はPostgreSQLグローバル開発チームのコアメンバーも所属している会社です。

このバイナリ版にはLinux/Windows/Macで同じルック&フィールでPostgreSQLとPHPを組み込んだApacheをインストールできるインストーラが付属しています。

このインストーラはスタックビルダと呼ばれるパッケージ管理機能もインストールします。PostgreSQLを利用したアプリケーションを簡単にインストールできるようになっています。Apache/PHPはOne-Clickインストーラのスタックビルダでインストールします。

注意

筆者はLinux以外に,複数のMac/Windows環境にもOne-Clickインストーラを利用してインストールしてみました。以前に別の方法でPostgreSQLをインストールしている場合,あらかじめPostgreSQL,Apacheをアンインストールすることをお薦めします。データベースのバックエンドを実行するアカウントであるpostgresも,インストールエラーを防ぐため,あらかじめ削除しておく必要があります。

Windwos/Macでは同じ名前でユーザを再作成しても,同じユーザとして認識されません。UNIX系OSの場合でもユーザID番号が異なると別ユーザになります。すでにPostgreSQLデータベースを利用されている場合,権限の調整などが必要になります。

PgAdmin III

PostgreSQLが初めての方でも,GUIでデータベースの作成からテーブルの作成,図表化されたクエリ実行プランの表示までできるPgAdmin IIIが付属しています。初めての方でも簡単に操作できます。

PgAdmin IIIの見た目や操作感は,Windows/Mac/Linux共通です。異なるプラットフォームでも同じGUIで操作できます。

図1-1 Linux

図1-1 LinuxのPgAdmin III

図1-2 Windows

図1-2 WindowsのPgAdmin III

図1-3 Mac

図1-3 MacのPgAdmin III
ApacheとPHP

ApacheはLinux,Mac,Windowsなど多くのプラットフォームで動作するWebサーバです。現在,インターネット上でもっとも多く利用されているWebサーバがApache Webサーバになります。

Apache Web ServerとPHPはOne-Clickインストーラでインストールします。

著者プロフィール

大垣靖男(おおがきやすお)

University of Denver卒。同校にてコンピュータサイエンスとビジネスを学ぶ。株式会社シーエーシーを経て,エレクトロニック・サービス・イニシアチブ有限会社を設立。
オープンソース製品は比較的古くから利用し,Linuxは0.9xのころから利用している。オープンソースシステム開発への参加はエレクトロニック・サービス・イニシアチブ設立後から。PHPプロジェクトでは,PostgreSQLモジュールのメンテナンスを担当している。

URLhttp://blog.ohgaki.net/

著書

コメント

コメントの記入