ZendFrameworkで作る『イマドキ』のWebアプリケーション

第1回 開発環境の準備(上)

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5.5 分

One-Click Installerでインストールされたフォルダの内容

図32 Linux版のフォルダの内容

図32 Linux版のフォルダの内容

フォルダの構成(Linux)

/opt/PostgreSQL/
/opt/PostgreSQL/8.3
/opt/PostgreSQL/8.3/scripts
/opt/PostgreSQL/8.3/lib
/opt/PostgreSQL/8.3/lib/postgresql
/opt/PostgreSQL/8.3/doc
/opt/PostgreSQL/8.3/doc/postgresql
/opt/PostgreSQL/8.3/doc/pljava
/opt/PostgreSQL/8.3/include
/opt/PostgreSQL/8.3/installer
/opt/PostgreSQL/8.3/stackbuilder
/opt/PostgreSQL/8.3/bin
/opt/PostgreSQL/8.3/data
/opt/PostgreSQL/8.3/share
/opt/PostgreSQL/8.3/share/postgresql
/opt/PostgreSQL/8.3/share/pljava
/opt/PostgreSQL/8.3/pgAdmin3
/opt/PostgreSQL/EnterpriseDB-ApachePhp
/opt/PostgreSQL/EnterpriseDB-ApachePhp/scripts
/opt/PostgreSQL/EnterpriseDB-ApachePhp/installer
/opt/PostgreSQL/EnterpriseDB-ApachePhp/apache
/opt/PostgreSQL/EnterpriseDB-ApachePhp/apache/build
/opt/PostgreSQL/EnterpriseDB-ApachePhp/apache/icons
/opt/PostgreSQL/EnterpriseDB-ApachePhp/apache/lib
/opt/PostgreSQL/EnterpriseDB-ApachePhp/apache/error
/opt/PostgreSQL/EnterpriseDB-ApachePhp/apache/cgi-bin
/opt/PostgreSQL/EnterpriseDB-ApachePhp/apache/include
/opt/PostgreSQL/EnterpriseDB-ApachePhp/apache/logs
/opt/PostgreSQL/EnterpriseDB-ApachePhp/apache/modules
/opt/PostgreSQL/EnterpriseDB-ApachePhp/apache/htdocs
/opt/PostgreSQL/EnterpriseDB-ApachePhp/apache/conf
/opt/PostgreSQL/EnterpriseDB-ApachePhp/apache/bin
/opt/PostgreSQL/EnterpriseDB-ApachePhp/apache/www
/opt/PostgreSQL/EnterpriseDB-ApachePhp/apache/man
/opt/PostgreSQL/EnterpriseDB-ApachePhp/apache/manual
/opt/PostgreSQL/EnterpriseDB-ApachePhp/php
/opt/PostgreSQL/EnterpriseDB-ApachePhp/php/lib
/opt/PostgreSQL/EnterpriseDB-ApachePhp/php/include
/opt/PostgreSQL/EnterpriseDB-ApachePhp/php/bin
/opt/PostgreSQL/EnterpriseDB-ApachePhp/php/etc
/opt/PostgreSQL/EnterpriseDB-ApachePhp/php/man

Windowsの場合は⁠/opt⁠⁠c:\Program Files⁠に,Macの場合は⁠/Library⁠に置き換えてください。

ドキュメントルートは

/opt/PostgreSQL/EnterpriseDB-ApachePhp/apache/htdocs

ではなく

/opt/PostgreSQL/EnterpriseDB-ApachePhp/apache/www

に設定されています。

Linux,Windows,Macすべての,アプリケーションを起動する場所にPostgreSQLの起動・停止スクリプトやpsql(データベースのコマンドラインインターフェース)を起動するスクリプトが登録されます。

Linuxの場合「アプリケーションメニュー」⁠Windowsの場合は「スタートメニュー」⁠Macの場合は「アプリケーションフォルダ」に登録されます。

図33-1 Linuxのアプリケーションメニュー

図33-1 Linuxのアプリケーションメニュー

図33-2 Windowsのスタートメニュー

図33-2 Windowsのスタートメニュー

図33-3 Macのアプリケーションフォルダ

図33-3 Macのアプリケーションフォルダ
インストールされたMediaWikiの画面

図34 初期画面

図34 初期画面

図35 設定画面

図35 設定画面

図36 設定が完了後の画面

図36 設定が完了後の画面

著者プロフィール

大垣靖男(おおがきやすお)

University of Denver卒。同校にてコンピュータサイエンスとビジネスを学ぶ。株式会社シーエーシーを経て,エレクトロニック・サービス・イニシアチブ有限会社を設立。
オープンソース製品は比較的古くから利用し,Linuxは0.9xのころから利用している。オープンソースシステム開発への参加はエレクトロニック・サービス・イニシアチブ設立後から。PHPプロジェクトでは,PostgreSQLモジュールのメンテナンスを担当している。

URLhttp://blog.ohgaki.net/

著書