zshで究極のオペレーションを

第2回 zshへの乗り換え時のポイント

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

zshを使い始めるとき,ほとんどの場合は他のシェルからの乗り換えとなるだろう。今回はそうしたケースを想定し,他のシェルからzshに移行する際に遭遇しがちな問題にどう対処するかについて要点を絞って述べたい。

決断

シェルは手に馴染ませてこそ光り輝く道具である。それを変更するのは大きな決断で,ちょっとした不安が伴うものである。典型的と思われる事項についてQ&A形式でまとめてみた。

Q.zshが便利そうなのは分かった。だが,その分zshの使えないところに行ったら困ることになりそう。

A.大丈夫。今のシェルで使いこなしている機能以上に,zshを使えるようになったときには元のシェルに関する知識も増えているはず。zshは,どんな変数展開やヒストリ展開でもTabキーで正確に補完してくれるし,ifwhilefor の複数行に渡る構文をコマンドラインで使っても行エディタでしっかり再編集できるので,意識して使うようにすればどんどん構文知識が蓄積できる。そしてその多くは他のシェルに由来するものなので,元のシェルに戻ったときもこれまでとは一味違う使いこなしができる。

もっとも,あまり知識が増えていなくても,zshの使えないところにログインしてzshのインストールを完了させる程度のコマンドはどんなシェルでも迷わずできるだろう,

Q.シェルの設定ファイルを作るのがたいへん…。

A.こればかりは「1度作れば10年以上使える」と思って頑張るしかない…。

けれども,見本設定ファイルを用意したので取り敢えずはそれを使えばいいし,bashやkshなどsh系からの乗り換えなら文法が同じなのでほとんど苦労しないだろう。csh/tcshからの場合は制御構造が全く変わるので1度は覚えなければならないが,それは本記事の 乗り換えガイドで十分対処できると考える。

tcshでたくさん個人的な補完設定をしている場合たいへんそうだが,zshの補完システムはデフォルトでほとんどのコマンドの補完定義が入っているため,実質的に作り直さなければならない補完設定は数えるほどしかないと想像できる。

もう一つ,tcshでキー割り当ての設定をたっぷり変えている場合だが,実はこれは意外に楽で,bindkey コマンドの文法や割り当てる機能の名前がtcshとzshでかなりの部分同じであるため,大部分はそのままコピーしてしまっても動く。もし,互換性がなくてエラーが起きても,zshは初期化ファイルのエラー箇所を示してくれるため,デバッグもやりやすい。

Q.使った。便利すぎる。rootのシェルで使っても大丈夫かな…?

A.自分で大丈夫と思うなら大丈夫。自信が持てないならもう少しあとで。

もう少し親切に説明すると,たとえばrootでzshを使い始めて少ししたら,/bin/zsh をバシっと消してみる。その対処法がすぐ分かるスキルがあるなら大丈夫。ちなみに筆者はコンソールにアクセスできるマシンはrootのログインシェルも /bin/zsh に,そうでないマシンは以下のように設定し,スーパーユーザになるときに SU で個人のログインシェルを起動するsudo-sようにしている。

alias SU='sudo -H -s'

管理者の仕事には正確にかつ大量にかつ素早く行なわなければならないものがあり,手順を忘れないための機能(コマンドラインスタック)や,ファイルを的確に一発で選べる機能があるzshは不可欠である。もちろん,しつこいようだが,行編集機能のない shcsh でも迷わず操作できるスキルあってこその選択である。

zshの導入と初期設定

zshを使い始めるためには,まずインストールし,次に初期設定する,という手順をとる。zshのインストールは,現在のPC-Unix環境ではシステム標準のパッケージシステムで一発,…なのだが,これが日本語処理OKでコンパイルされたものかどうかはシステムによって様々(たいていNG)である。

まずは,パッケージシステムで「お試し」で入れて日本語処理で不都合を感じたら自力でビルド&インストールすることになる。ビルドの要点を簡潔に記すと以下のようになる。

  1. zshの最新リリース版※1ソースを取得,展開。
  2. ./configure--enable-multibyte を付けて起動。--prefix はお好みで。
  3. make && sudo make install
※1
2009年7月3日時点のリリース版は4.3.6。

zshの起動時に,全くzshの初期化ファイルがない場合は自動的に設定画面に移行するが,面倒なのであらかじめ適当な初期化ファイルを用意しておくほうがよいかもしれない。 『zshの本』の情報を集めたページを用意したので,こだわりがなければそこから zshenvzshrczlogin を取得後,それぞれ先頭にピリオドを付加したファイル名にしてホームディレクトリにコピーしておく。これでzshを起動すれば「そこそこチューンされた」状態で立ち上がる。

設定ファイルの種類

bashユーザは,初期化ファイルが3つ「も」あるのか,と感じるかもしれない(実際にはもっとある)が,それぞれの初期化ファイルは読み込まれるタイミングと働きが決まっていて,適切に使い分けることで無駄な条件分岐が不要になる。3つのファイルの読まれる順番で使い分けのポイントを示す。

  1. .zshenv - 常に有効化したい設定を
    • ユーザのUIDでシェルが起動されるときに必ず読まれる。ただしzshに -f オプションが指定されたときなどを除く(以下同様)。
    • シェル経由で起動したいプロセスすべてで有効になるような設定,たとえば PATHLANG など主要な環境変数定義や,リモートシェルやエディタの子プロセスなど非対話的に起動したときも使いたいエイリアスや関数定義がもしあればそれを記述する。
  2. .zshrc - 対話的シェルでの設定を
    • 対話的処理で起動されたときに読まれる。
    • コマンドライン操作をするときだけ必要となる設定,たとえばヒストリ,エイリアスと関数定義,キー割り当て,補完設定,関数のオートロード,シェルオプション,などを記述する。
  3. .zlogin - ログインシェルでの設定を
    • ログインシェルでのみ読まれる。
    • 対話的処理でのみ必要となる環境変数設定や,ログインしたときに自動的に起動したいコマンドfortune等)の起動を記述する。
    • サンプルには「端末制御などは .zlogin で」と説明があるが,現在では仮想ターミナルでシェルを開くことも多く,その場合 .zlogin は読まれない。stty などによる端末制御は .zshrc に書く方がよい。

コメント

コメントの記入